目的や機能で使い分けよう おすすめのスマホ家計簿アプリ»マネーの達人

目的や機能で使い分けよう おすすめのスマホ家計簿アプリ

 年末に向け、書店に家計簿が並ぶ季節になりました。最近はスマートフォン向けの家計簿アプリを利用している人も多いようですね。でも、「たくさんあるアプリの中からどれを選んだ方がいいのかわからない!」と、まだ試していない方も多いのでは?

 いつも持ち歩いているスマホを家計管理に使うと家計簿のつけ忘れを防げますし、空き時間に中身をチェックして家計のスリム化に成功しやすいともいえます。家計簿アプリにもシンプルなものから多機能なものまで様々ありますので自分に合ったものを選ぶのが長続きのコツです。

楽しくラクに家計簿をつけるなら


 楽しくラクに家計簿をつけるなら、スマホならではのカメラ機能を利用して「レシートを撮る」タイプのアプリがオススメです。中でも、主婦におすすめなのが「レシーピ!」。レシートを読み取ると、購入した材料でできるレシピを提案してくれます。予想外のレシピが出てきたりして、レパートリーも増えそうです。

 クレジットカードや銀行口座の情報も利用できる「しっかりモード」も設定できますので本格的にマネー管理することも可能です。

 他に、レシート読み取りタイプのアプリとしては、「ココマネ」や「家計簿 Zaim」も人気です。銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどの情報を入力するとオンラインで残高を参照してくれて、このアプリで家計全体を把握することができます。Web版もリリースされていますので、入力はスマホ、内容確認や細かい分析は画面の大きいPCで、といった使い分けができ便利です。


本格派はこれをチェック


 また、本格的に家計や資産を管理できるアプリとしては、「マネーツリー」や「マネーフォワード(iphoneのみ)」があります。最近は現金だけでなく、銀行口座、クレジットカード、電子マネーと管理しなければならないものがたくさんあります。

 オンライン明細の登録をしている方は多いでしょうが、それでも各サイトにログインして残高を確認しなければいけません。このような家計管理アプリで一度に参照できると時間短縮にもなりますし、総合的に家計を管理把握できるメリットがあります。

 但し、初めて家計簿をつけるような方には少しハードルが高いかもしれません。また、IDやパスワードの管理も厳重にする必要があります。


簡単なのが一番という方には


 「難しいのは無理、簡単に使えるのが一番!」という方にはシンプルな「2秒家計簿おカネレコ」がおススメです。使い方はとてもシンプルで費目を選んで金額を入力するだけ。「いつの間にか手元の現金がなくなっている!」という方も、お金を使ったらすぐに入力することで使途不明金をなくすことができます。

 このようなシンプルなアプリは家計全体を把握するのではなく、手元の現金のみの管理に利用するとか、クレジットカードの利用額が月にいくらになるのかを把握するためにといったシンプルな使い方が向いています。

 家計簿アプリは使いこなすまでに少し時間がかかるかもしれませんが、アプリによっては一度入力した項目は自動で食費や日用品といった費目に振り分けてくれたり、自動でグラフ集計してくれたりする機能があり、慣れれば家計管理を簡単にできるようになります。ほとんどが無料ですのでいろいろなものを試し、自分に合ったアプリを選びましょう。(執筆者:福島 佳奈美)


【外部参照】
レシーピ!
ココマネ
家計簿 Zaim
マネーツリー
マネーフォワード
2秒家計簿おカネレコ

この記事を書いた人

福島 佳奈美 福島 佳奈美»筆者の記事一覧 http://kakeifp.com/

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
1968年生まれ。大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。その後、教育費や保険・家計見直しなどのセミナー講師、幅広いテーマでのマネーコラム執筆、個人相談などを中心に、独立系ファイナンシャルプランナーとして活動している。
<保有資格>CFP、消費生活専門相談員、DCアドバイザー

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ