対象になる方も多い 新しい医療費控除制度「スイッチOTC薬控除制度」とは?»マネーの達人

対象になる方も多い 新しい医療費控除制度「スイッチOTC薬控除制度」とは?

平成28年度税制改正により、「スイッチOTC薬控除制度」が創設されました。

これは、国が医療費を抑制するために、病院の処方箋はなく薬局などで医療薬を直接購入するのを後押しするために創設されました。




制度の概要

一定の取組みを行う人が平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品を購入した場合に購入金額が1万2,000円を超える場合には、その超える部分の金額を所得から控除することができます。

ただし、最高で8万8,000円まで(つまり10万円までの購入)となります。


一定の取組みとは?

(1) 特定健康診査(メタボ健診)
(2) 予防接種
(3) 定期健康診断(事業主健診
(4) 健康診査(人間ドック等)
(5) がん検診
の5つをいいます。

つまり、日頃から健康に気遣っている方が対象となります。


スイッチOTC医薬品とは?

スイッチOTC医薬品とは、医療薬から市販薬(OTC)に転用(スイッチ)された医薬品をいいます。

OTCとは「Over The Counter」の略で、薬局などのカウンター越しに(処方箋なしで)購入できる薬という意味です。

具体的な品目例は下記の通りとなります。

≪クリックで拡大≫


いかがでしょうか? 使用したことのある薬も多いかと思います。

今後は薬局やドラッグストアでも、どれがスイッチOTC医薬品に該当するか、分かりやすく表示することが必要になってくると思います。


現行の医療費控除との関係



現行の医療費控除とは選択適用ですので、どちらか一方しか適用できませんので注意が必要です。

現行の医療費控除でも医薬品は対象ですが、足きりがあるため基本的に購入金額が10万円を超えないと医療費控除を適用することは出来ません(所得が200万円以下の方は「所得×5%」までが足きり金額となります)。

スイッチOTC薬控除制度では下限が1万2,000円ですので、特にスイッチOTC医薬品を年間1万2,000円~10万円まで購入する人には得になりそうな制度です。

月1,000円以上ですので、対象になる方は多いと思いますので積極的に活用しましょう。

また、現行の医療費控除と同様に領収書の添付は基本的に必要ですので、ちゃんと保管するようにしておきましょう。(執筆者:神戸 直紀)

この記事を書いた人

神戸 直紀 神戸 直紀»筆者の記事一覧 http://www.godotax.jp/

神戸直紀税理士事務所 所長
大学卒業後、大手税理士法人にて、相続・事業承継案件等に従事、その後東証一部上場企業にて経理業務に従事した後、平成25年に独立開業。独立後は相続税申告や相続対策業務に注力し、「専門用語を使わずに分かりやすく説明する」ことをモットーに業務を行っている。また、税理士会にて相談業務を定期的に行い、税務署主催のセミナー講師なども務めている。
<保有資格>:税理士、宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、登録政治資金監査人、経営革新等支援機関

【寄稿者にメッセージを送る】

神戸 直紀の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ