29年間、株で損をしたことがないマダムの話~心地良い金バナ(13)~»マネーの達人

29年間、株で損をしたことがないマダムの話~心地良い金バナ(13)~

不動産事業で成功し、若手音楽家を支援するマダム


≪池田栄子さん≫


不動産事業で成功した池田栄子さんは、ビルやマンションを複数所有している。一方で、50年余りピアノ教室を主宰し、門下生を多数輩出。「ピアノを教えることは、私の天職」と言う。長女はフランスで活躍する著名なピアニスト、池田珠代・ジグマノフスキーさん。

不動産事業とピアノの先生、その両輪の接点は、コンサートサロンの運営だ。近年は、不動産事業の収益で若手音楽家支援を行うなど、マダム栄子としての活動に力を注いでいる。

お金は、本来、私達を愉しく、豊かな気分にさせてくれるエネルギー。

あなたが「お金の心地いい側面」を感じた時の話を聞かせて下さい!


マダムの「株こと始め」

お金の話は、たくさんあるのよ(笑)。どのお話が良いかしら? たとえばNTTの公募株を買って、その収益でウィーンフィルのニューイヤーコンサートに家族5人で行った話はいかが?


≪ウィーン楽友協会 Musikverein≫


―是非、そのお話をお願いします!

私が株式投資を始めたのは、NTTが公募株を募集した時(1987年)です。当時、慶応の海外留学生を受け入れるホストファミリーをしていて、オランダ人の留学生に
「お母さん、NTT株って、チューリップ・バブルみたいなものだから、買っておいたら?」
と言われてね。「買ってみようかな?」と、何気なく思ったの。そのオランダ人留学生は、今、一橋大学の教授。彼、経済のセンスや嗅覚が、もともと鋭いんだと思うわ。


わらしべ長者の絵本を孫に読ませる

公募株は抽選だったから、(ピアノ教室の)スタッフの名義をかき集めて応募しました。当選するかはわからなかったけれど、名義をお借りする時点で、全員に3万円をお渡しして。これが、勝利の女神が微笑んだ理由だと思っています

―「当選したら御礼に3万円」ではなく、「名義を拝借する時点で3万円」なんですね

そうです。 結局、その時は4口買えて、1口120万円の利益が出た時点で売却したので、総額で約500万円の利益となりました。つまり、ひとりに3万円お配りしたことが、500万円の利益に繋がった訳です。

―まるで、「わらしべ長者」みたいですね。

本当にそうよ(笑)。私、わらしべ長者のお話が大好きなの。今でも、わらしべ長者の絵本を自宅に置いて、孫たちに読み聞かせています。
「お金は、微笑みの女神が連れて来てくれるものなの」
ってね。


マイルールは、「1割~1割5分上がったら売る」

―栄子さんは、お金をどんなものだと捉えているんですか?

微笑みの女神。運? 

―コツコツと額に汗して、積み上げるものではなくて?

もちろん、そういう気持ちもあります。だって元手がなければ、株は買えなかったでしょう? でもね、やっぱり、何ていうのかしら? 嗅覚? 私、株で損をしたことがないの。

―株で損をしたことがない!? バブルの時は、大半の人が損をしたと思っていました

私は値段が下がる前に全部売りました。最初から、そのつもりだったの。NTT株も「100万円の儲けが出た時点で売ろう」と、買う前から決めていました。

今でも、そう。株屋さんに
「1割~1割5分上がったら売って」
とお伝えしています。だから、損切ったことはないの。要するに、運が良かったのよ(笑)


マイルールに達しない時は「長期保有」

―運がいいだけで、29年も勝ち続けられるものですか? 何か秘訣はあるんですか?

欲をかかない。パートに出て、1万円得るのって大変でしょ? 株で1万円儲けたら御の字。欲をかかなきゃいいのよ。「もう少し上がるかな? もう少し上がるかな?」っていう、それがダメなのよ。

―でも、反対に、「買ってから下がる」ものはなかったんですか?

なんとかインデックスっていうのが、下がったわね。

―正式名称、ご存じないんですね?

そうよ、覚える気もないわ(笑)。その、なんとかインデックスは、ずーっと下がっていて。 私のマイルールである「1割~1割5分上がったら売る」に、長い間、到達しませんでした。

でも、ある時、銀行から「1割上がりました」と連絡があって売却したので、損はしていません。その時に
「池田さん以外の人は、大半が損切って売りました。ここまで長く持っていた人は珍しい」
と言われました。


NTT株で儲けたお金でウィーンの学友協会のニューイヤーコンサートに

―NTT株で儲けた500万円はどうしたんですか?

家族5人でウィーンの学友協会のニューイヤーコンサートに行きました。ちょうど長女が毎日コンクールのピアノ部門で入賞して、お祝いとしてね。もともと、NTT株を買った目的が「ニューイヤーコンサートに行くこと」だったから。

その時は、長女と次女、娘二人には振袖を着せて、私は訪問着。主人と長男はタキシードを着ました。そのタキシード、主人が勤務していたテレビ局の衣装部屋から借りてきたのよ。テレビ局の衣裳部屋には、タキシードがたくさんあるの(笑)。

―そこ、借りちゃうんですか? 普通、「500万円儲かったから、買おう」と思うのでは?

買いません(断言)。たった1回しか着ないのに、もったいないじゃない。

―そのギャップは、何なんでしょうね?

無駄なことはしないだけ。結局、後からタキシードは買いましたけどね。

―学友協会のニューイヤーコンサートは、いかがでしたか?

人類最高の場所。学友協会のニューイヤーコンサートは、音楽をやる人間にとって人類最高の場所だと思うわ。楽器の音も、リズム感も、何もかもが日本とは全然違う。

私以上に、長女が「良かった、良かった!」と、ものすごく感激して。日本の音大に合格していたのに、それを蹴って、パリの国立音大に留学しました。

こうして振り返ってみると、NTT株を買ったことが、我が家にとって大きな分岐点ね。NTT株を買わなければ、ニューイヤーコンサートには行かなかった。ニューイヤーコンサートに行かなければ、娘は国内の音大に進学していたと思います。



今、長女はフランスでプロのピアニストとして演奏活動をしつつ、音大の教授をしています。娘婿はフランス人の演奏家で、やはり音大教授。孫は、青い目の男の子だもの(笑)。

こうして取材して頂くと、何だかルンルンな感じの人生に見えるものね。私自身は、私の人生のことを「ドブ掃除人生」と呼んでいるの。ずっと、人の後始末や尻拭いばかり。苦労したことも本当に沢山あることを、ちょっとだけ最後にお伝えしたくなりました(笑)。(執筆者:楢戸 ひかる)

この記事を書いた人

楢戸 ひかる 楢戸 ひかる»筆者の記事一覧 http://hikaru-narato.com/

マネーワークショップ主宰
家計簿以前の「家計運営の基礎知識」のワークショップを開催しています。
詳しくは、上記アドレスのHP「ワークショップ」を見て下さい。
<保有資格>:FP技能士2級

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ