そんなことまでできるの? 損保会社のカーナビアプリ»マネーの達人

そんなことまでできるの? 損保会社のカーナビアプリ

皆さんは車のカーナビ、どうしていますか?

カー用品店でカーナビを購入している人も多いですが、最近では手持ちのスマホやタブレットで使える「カーナビアプリ」を使っている人も少なくありません。

各社から多くのカーナビアプリがリリースされていますが、今回は損保会社が提供しているカーナビアプリを紹介します

損保会社ならではのユニークな機能が満載ですよ!



万が一の時も簡単に連絡できる「安心」




それは、自動車保険なども手掛けている損保ジャパン日本興亜の「ポータブルスマイリングロード」です。

Android、iOSの両方のOSに対応しており、Google Play、App Storeでアプリをダウンロード、インストールができます。

ポータブルスマイリングロードは、緊急時にも慌てずに事故連絡をすることができるアプリです

衝撃をスマホが検知すると、スマホカーナビ画面上に「大きな衝撃を検知しましたが、事故に遭われましたか?」とのメッセージが表示されます。

「はい」を選択すると、緊急連絡先が自動で表示され、ワンプッシュで簡単に連絡をすることが可能です。

緊急連絡先へ連絡する以外にも、

「あとで連絡する」
「保険会社へ連絡する」
「1時間後に保険会社から連絡がほしい」

というボタンが表示され、損保会社から折り返し連絡をもらうこともできます。

事故防止に役立つ「安全」




万が一の時に保険会社との連絡がスムーズに行くのは、もちろんうれしいことですが、利用者としても損保会社としても事故がないのが何よりですよね。

ポータブルスマイリングロードは、損保会社のノウハウを生かした事故防止の運転支援サービスも提供しています。

「運転診断」や「パーソナル運転診断レポート」により、ドライバーの運転特性を評価してくれ、アドバイスをしてくれます。

「パーソナル運転診断レポート」では、

・ アクセル
・ ブレーキ
・ エコ
・ ハンドリング
・ ヒヤリハット

の5項目を評価してくれ、日々の運転向上に役立つこと間違いなしです。

普通のカーナビでは最短ルートを検索してくれますが、ポータブルスマイリングロードはそれだけではなく、安全なルートの案内や事故多発地点のアラート機能まであります。

損保ジャパン日本興亜が保有する膨大な事故データがあるからこそ、可能な機能ですね。

もちろん、運転の「快適」も提供




ポータブルスマイリングロードは、損保会社ならではの「安心」、「安全」な機能はもちろんのこと、一般的なカーナビアプリの「快適さ」も兼ね備えています。

通常のカーナビ機能は、「NAVITIME」でおなじみのナビタイムジャパンによる提供

電車での移動などでの乗り換え案内で使っている人も多い「NAVITIME」は、カーナビアプリとしても優秀です。

高機能なカーナビアプリは、正確に到着予想時刻を表示してくれ、道路地図は常に最新、ドライバーにうれしい渋滞情報も案内してくれます。

基本的には広域な道路地図を表示しますが、交差点付近になると通行区分などを3D画面で表示してくれます

カーナビの案内ルートも、時間優先・料金優先・距離優先・ECO優先・安全優先と、ドライバーの目的に合わせた5つのルート設定が可能です。

その他、ドライバーにうれしい駐車場の満車・空車情報やガソリン価格情報なども、リアルタイムで届けてくれるので、旅先でとっても役に立ちます。

ポータブルスマイリングロードの注意点



ポータブルスマイリングロードは、損保ジャパン日本興亜の契約者でなくても利用可能ですが、一部機能は損保ジャパン日本興亜の自動車保険のノンフリート契約者しか使うことができません

つまり、保険に契約していない人、10台以上車を保有している法人などは一部機能を利用できないのです。

当然ですが、運転中にドライバーが小さいスマホ画面を操作するのは危険ですので、何らかの操作をするときには必ず停車をしてから操作するか、助手席の人に操作をお願いしましょう。

カーナビアプリ自体は無料で利用できますが、通信料は利用者負担となりますので、通信料金は注意しましょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ