「株で勝つ人」、「株で負ける人」 15年以上の投資経験から導き出した5つの違い»マネーの達人

「株で勝つ人」、「株で負ける人」 15年以上の投資経験から導き出した5つの違い

株式投資は運やスピードよりも「努力」、「経験」、「考え方」を重視したほうが運用成績は良くなります

これは私が15年以上株式投資に関わったことや、多くの読者様の相談を受けながら結論づけたものです。

その中で気づいた投資で「勝つ人」、「負ける人」の5つの違いをお伝えいたします。




1. 株で勝つ人は情報を絞り、負ける人は情報に流される

株式情報は無限にありますが、それを鵜呑みに投資していると勝率は上がりませんし、何より自分自身が成長しません。

情報の中から
・ 有益な情報なのか絞り込む

・ 正しい情報かを判断

・ その情報により、どれだけ収益のインパクトが大きくなるのか
など、情報を精査したり、深く追求することで他の投資家より抜き出た存在になれます。


2. 株で勝つ人は先人の経験に学び、負ける人は直観に頼る

投資で負けるとお金が減りますし、自己流ではいつまで経っても同じ投資法から脱却できません

株の負け組から勝ち組へ変われる最短ルートは、株で成功した人の投資法を学ぶことです。

書籍は千数百円で学べますし、図書館であれば無料で借りることもできます。

最近では書籍や雑誌も月額数百円で読み放題のサービスもあるため(dマガジンや楽天マガジン、アマゾンなど)、どんどん活用していきましょう。




3. 株で勝つ人は地道な努力をしており、負ける人は一発逆転

株で大きな利益を出した人は、運や偶然の要素が強かっただけだと感じませんか?

大きな利益は注目されますが、その利益を掴むためにしてきた地道な努力を見落としてはいけません

デイトレーダーはほとんどが専業ですし、私も会社四季報や決算短信などの資料を常に見続けて、有望株を発掘してきました。

株で勝つ人は、誰もができることを誰にもできないくらいやり続けているのです。


4. 株で勝つ人はガンコ者、負ける人は運用方針がすぐに変わる

運用方針がコロコロ変わってしまうと、株価が上昇している時と下落している時で運用方針がすぐに変わってしまいます

下落時に損失を取り返そうと高リスクに投資した場合、最悪の結果にある場合もあるから、要注意です。

株を購入する前に運法方針をきっちり立てて、なるべく変更しないほうが、コロコロ変える人よりも良い結果になるはずです。




5. 株で勝つ人はチャンスに飛び込み、負ける人は傍観する

チャンスは上昇局面だけではなく、下落時や急落時も発生します

下落が続いたら投資は儲からないと決めつけて傍観したり見送りせず、割安になった株式や急反発しそうな株を探してみてください

株式市場に上場されている株式は約3,600社もあります。すべてがダメというわけではありませんので、チャンスを見つけるように動いていきましょう。

以上、5つの違いを書いてみました。(執筆者:坂本 彰)

この記事を書いた人

坂本 彰 坂本 彰»筆者の記事一覧 http://saig.livedoor.biz/

株式会社リーブル 代表取締役
サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つためのルールを学ぶ。11万円の資金から始めた株式投資は2015年に資産5000万円、利益3000万円に。現在、自分自身の経験、成功法則を基に独自の銘柄選定ノウハウを有料会員様に向けて提供。投資助言・代理業取得済。1976年生まれ。趣味はジョギング、バイオリン、旅行、読書。メディア掲載歴 BIGTOMORROW、週刊現代、マネーポスト、週刊SPAなど。

【寄稿者にメッセージを送る】

坂本 彰の著書

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ