アフィリエイトの確定申告 ポイントは収入金額の計算»マネーの達人

アフィリエイトの確定申告 ポイントは収入金額の計算

確定申告はアフィリエイト収入があるサラリーマンも例外ではありません。納税は国民の義務です。

反対に無申告の場合は税務署にバレるのは時間の問題でしょう。

アフィリエイト収入は口座へ振り込まれ、通帳に記帳されるので、必ず履歴に残るからです。

そこで、アフィリエイトに興味があるサラリーマンに確定申告のポイントを紹介します




確定申告の基本

確定申告をするのは、会社からの給料とアフィリエイト収入です。

給料 … 給与所得
アフィリエイト収入 … 事業所得又は雑所得

実際に確定申告をするとき、給与所得は会社からもらった源泉徴収票の内容を転記するだけです。

アフィリエイト収入は事業所得又は雑所得でも所得金額を計算するのに変わりありません。

所得金額=収入金額-必要経費


今回はアフィリエイトの収入金額について解説します。必要経費の詳細はこちらをご覧ください。


そもそもアフィリエイトとは?

アフィリエイトは広告主がASP(楽天、アマゾンなど)に自社製品の宣伝文をアフィリエイターに依頼します。

自分のブログなどで宣伝した商品の販売数に応じて入金される仕組みです

具体的にはお金の動きは

広告主 → ASP → アフィリエイター

に入金されます。


「収入金額=入金」ではない

サラリーマンの感覚だと、入金があって儲けを実感すると思います。

しかし、確定申告で収入金額に計上するタイミングは違いますそのタイミングは入金される権利が発生した時点です


入金される権利とは?

アフィリエイト収入に当てはめる前に基本的な考え方を押さえておきましょう。大きくは物販とサービス業に枝分かれします

物販


納品日が原則となります。

スーパーがレジを通過した時点で収入金額に計上するのは代金を受け取ったからではありません。商品をお客さまに「渡した=納品」したからです

サービス業


サービスが完了した日です。

デザイン業ならイラストを発注業者に納品した時点です。そこでサービスが完了するのが一般的だからです。


アフィリエイト収入の場合は?

アフィリエイトはサービス業です。

といっても、宣伝文を納品してサービスが完了しても入金される・されないは確定していません。

承認を得て代金を受け取る権利が発生します。つまり、納品先から承認を得た時点で収入金額に計上することになります。




アフィリエイト収入の確定金額が入金されるまでに至らない場合は?

アフィリエイト収入は一定額以上でないと契約上、入金は次月以降に繰り越されます。

最低でも千円以上は必要ですその一定額に満たない場合は入金される権利がないために、確定した金額を収入金額に計上しなくても大丈夫です


まとめ

アフィリエイト収入の収入金額の計上する方法は他の業種とちょっと違います。

一定額に満たないと入金が次月以降に繰り越されるからです。

よって、アフィリエイトを行うにしても、物販とサービス業の収入金額を計上する考え方をキチンと押さえておきましょう。(執筆者:阿部 正仁)

この記事を書いた人

阿部 正仁 阿部 正仁»筆者の記事一覧 http://ameblo.jp/h-money

会計事務所で約10年間の勤務により調査能力を身に付けた結果、企業分析の能力では高い定評を得、法人から直接調査を依頼される実績も持つ。単に税金のハウツーだけにとどまらず、教科書に書かれない制度の考え方を誰にでも分かりやすく伝えることを身上とする。コーチングスキルを活かした取材力で、HP・メディアでは語られない発言を引き出すのが得意。
<実績>おもにマネーの達人、経営ハッカー、会計事務所様のブログ、税理士向けのサービス会社の記事、美しい文章の作り方講座の記事などを現在執筆中

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ