【今週の日経平均】週明け、上抜けの雰囲気を出すようなチャート形状»マネーの達人

【今週の日経平均】週明け、上抜けの雰囲気を出すようなチャート形状

週明け、上抜けの雰囲気を出すようなチャート形状

雇用統計は予想を上回る内容で、景気の良さを反映する数字が出たことで利上げ観測はほぼ確定視されたものの、3月利上げに関しては市場も織り込んでおり、週明け、様子を見ながら4月以降の利上げ時期に対する思惑へ意識が移行してくると想定されます。

もし、そのあたりの思惑が不透明となると、週明け、材料出尽くしの押しという事も想定されるので、3月利上げイコール上抜けの保合い離れという単純な展開に進んでくれるかどうかは不透明となりそうな気配です。

今年に入って高値圏での保合いとなり、間もなく3か月‥そろそろ保合い離れを期待したいところですが、どうなるでしょうか?

しかし、保合い離れイコール上放れという決めつけも少々危険ですので、意識を片側に寄せすぎずに見極めていきたいとは思います。

ただ、警戒はするものの、私のシナリオはずっと一貫して「春は高い」と考えてきているので、週明け前半から半ばの上放れを期待しているのも現状です。

この月中から後半に向けて「権利取り」、月末から4月にかけては3月の「本決算」への思惑での上昇を見込んでいますが、実際の値動きは渋いです。

雇用統計は予想を上回る内容


現状分析

5日線


まずは5日線ですが、上下上と右往左往という状況ですので、短期的には膠着していると考えますが、週末の5日線をまたいで窓空け陽線は、トレンドの始まりを期待させます。

25日線


25日線を抵抗線として機能させるような値動きとなっていることから、上昇トレンドに戻れるかなーという期待が膨らむ値動きです。

75日線


変わらず上向きで、上に乖離している状況が継続していますが、日柄調整的な動きもクライマックスに来ていると考えます。となると、ここから上下のどちらかに振れる時期が近いと想定します。

トレンドライン


もともとの切り上がりのサポートラインは、今回の押しでも機能したように見受けられます。そして、基本的には、前回高値や1月5日の高値近辺の横軸が上値抵抗線で三角保合いという認識がメインなのですが、「下降フラッグ」ということも想定しています。

1月27日と3月2日を結んだ切り上がりの上値抵抗線をブレイクできないで下に割り込むと、下降フラッグが現実のものになってきます。

そして、押した時は、木曜から金曜に空けた窓が抵抗帯となり、その下が25日線と元々の切り上がりのラインと考え、下の横軸としては2月7日の安値が価格帯別出来高の厚いところと考えて強い抵抗帯として意識され、割り込んだ時は下離れに対する警戒感が高まる位置と考えます。


テクニカル指標


一目均衡表


基準線と転換線は雲の上を推移し、遅行線も日々線から上に乖離で、強い形を形成しています。遅行線と日々線のミニ天底一致は、週明け火曜に訪れます。

ボリンジャーバンド


5本のラインが横ばい継続でBOX示唆する中、今回の押しはTPラインでとまり、週末+2σ近辺まで反発、週明け、+2σをブレイクしてボリンジャーウオークに入れるか注目ですが、基本がBOX継続中ですので、金曜ないし月曜は、基本売り場というのがセオリーな位置取りと考えます。

スローストキャスト


中盤やや下でゴールデンクロスとなりました。下げ切らないことは良いのですが、、ゴールデンクロスの位置が切り下がったことは、下への警戒感の材料の一つです。

2本のラインが下げ切らず 上げきらずで、非常に方向感ない値動きをしている象徴的な形を形成と考えます。


総合判断

変わらずBOX継続中でトレンドが出来るシグナルが明確には出てないと考えますので、やはりこの状況は、両建てで様子見が妥当と考えます。

週明け、米国の動きでは、小幅反発なので、明確にではないですが、おおむね横ばいでのスタートを想定します

CME・日経先物は、150円ほど下となっていますが、そろそろ権利落ち分を織り込んだのではと考えています。

なかなか方向感は出せず、「そろそろは、まだなり」となっていましたが、今週こそは、「そろそろ…」を実行出来たらと願望を持つ次第です。

今週も、冷静に慎重に対応していきたいと思います。(執筆者:城 晶子)

この記事を書いた人

城 晶子 城 晶子»筆者の記事一覧 http://www.traders-academy.jp

トレーダーズアカデミー インストラクター
お金のプロといわれるファイナンシャルプランナーの資格を活かし、ギャンブルではなく資産運用としての株式投資をしっかりと確立。「上げでも利益を取り、下げても利益を取り、更に株主優待も取る」をモットーに、女性目線でわかりやすく相場の現状と先行きを伝える現役のトレーダー。
<保有資格>:ファイナンシャルプランナー2級 AFP 終活ライフケアプランナー

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ