何かと話題の「お布施費用」、その相場と変化する払い方»マネーの達人

何かと話題の「お布施費用」、その相場と変化する払い方

葬儀のときに話題になるものの一つとして、「お布施」があります。これは実はかなり大きいものです。

今回は、このお布施の費用の相場と賢い払い方について見ていきましょう。




葬儀代金のうちの1割近くを占める「寺院費用」

お布施というのは、実は決して少なくはありません。

もちろん状況によって異なりますが、葬儀費用全体の1割程度(20万円~30万円ほど) がこれにあてられる、と考えるべきでしょう

お布施の相場は、多くの仏教の場合、「法名のランク付け」が関わってきます。

この言い方を嫌う人もいますが、しかしこれが現在の現状です。(もちろん、生前から非常に徳が高く、仏教に寄与していた人は除きます)

一般的な「信士・信女」の場合は20万円 ~50万円程度ですが、「院居士・院大姉」 などの高ランクになると100万円を超えることすらあります。

メジャーな宗派ではないところは高くなる傾向に


また、これもあまり明らかにはされていませんが、「その地域でメジャーな宗派ではないところ」に頼んだ場合は、1件あたりのお布施の金額は高くなる傾向にあります

日本全国で見た場合、「浄土宗・浄土真宗」がもっとも多いのですが、岡山県などの場合は天台宗・真言宗がもっとも多い割合となっています。

お布施は寺院を支えるものともなっていますから、岡山県における浄土宗・浄土真宗のように「その地域においてマイナーな宗派」に弔いを頼んだ場合、1件あたりの金額が高くなるのは自明のことだと言えるでしょう


変わるお布施の払い方

現在では、「お布施の相場」はインターネットでも調べられるようになっていますし、葬儀会社に訪ねても教えてくれます。(さすがに宗教家自身に聞くのは控えるべきですが)

そのため、「お気持ちだけで結構です、と言われても、いくら出せばいいのかわからない」と悩むこともなくなりました。

また、一つ考慮に入れてほしいのが、「定額制のお布施」です。これは賛否両論あるものの、かなり便利で明朗なサービスだと言えます

「一律3万5,000円」と いう数字をとっているところが多く、高すぎるお布施に悩む人にもよいでしょう。なにより、非常に明朗です。




最後に

もちろん、菩提寺に連絡をしないでこの方法をとってもいいのか、などの問題はありますが、現在はお寺と檀家の関係も薄くなっていっています。

家によっては、「そもそも菩提寺がどこだったか…」というところもあるでしょう。

そのような人たちにとって、「定額制のお布施」は、一つの賢い選択肢となりうるのではないでしょうか。(執筆者:鍋谷 萌子)

この記事を書いた人

鍋谷 萌子 鍋谷 萌子»筆者の記事一覧 http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

料理好きなアラサーライターです。「おいしいものをできるだけ安く食べたい」が料理をし始めた発端なので、節約料理が特に得意です。安くて美味しいワインの選び方、費用が不透明になりがちな冠婚葬祭の費用などについても詳しく解説。DIYにまつわる話も、実例を基にお話していきます。
<保有資格>:終活カンセラ―

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ