葬式の演出「メモリアルムービー」 葬儀会社の言いなりだと大きな金額になってしまうことも»マネーの達人

葬式の演出「メモリアルムービー」 葬儀会社の言いなりだと大きな金額になってしまうことも

葬儀のかたちは、実にさまざまです

その演出方法も多岐にわたっています。そしてそのなかの一つに、「故人を偲ぶためのビデオ上映」というものがあります。

今回はこれについて紹介していきましょう。




故人の思い出を偲ぶビデオ上映、それってどんなもの?

「故人の思い出を偲ぶためのビデオ」は、さまざまな名称で呼ばれています。
「思い出のビデオ」
「メモリアルムービー」
「葬儀用ビデオ」
などの呼び方がとられています。今回は、「メモリアルムービー」という名称で統一してお話しましょう。

この「メモリアルムービー」というのは、故人の思い出や経歴を紹介しつつ、それを葬儀会場で流すというものです。

故人のお写真などを使い、プロがまとめた原稿を、プロによるナレーションとともに紹介するケースが多いと言えるでしょう。

葬儀の最中に流すだけでなく、葬儀が終わった後もみんなで見ることができます。

今まであまり知らなかった故人の若い頃の思い出を知れたり、一緒に過ごした日々が懐かしく思い起こされたりと、故人をしのぶ時間をより深くしてくれます。

流れてくる映像を見ていて、「こういうことがあった、ああいうことがあった」と、みんなで話すことができるでしょう。

葬儀の場において故人の思い出を振り返ることは、一番の供養になるかもしれません。メモリアルムービーはその手助けをしてくれます。

例えば、こんな感じです。



価格差は非常に大きい! 1万円というところから数十万円のところまで

さて、この「メモリアルムービー」ですが、その「平均額」を求めることは非常に難しいと言えます。

なぜなら、このメモリアルムービーは、会社ごとによって価格設定が大きく異なるからです。

たとえば、実際にあった例では、
・ 写真をスライド式で紹介する簡単なもの

・ 文字だけが入るが、経歴もあまり取り上げない

・ ご逝去を悼む、というような文字+スライドショー

・ ナレーションも入るが、このナレーションはムービーのなかには入っておらず、あくまで現場で読み上げるだけである
というスタイルで1万円、としていました。

同じような例で、「本人の履歴がすべて文字で流れる」という形式をとっている場合、3万円を超えるケースもあります。

対して、季節折々の写真を混ぜたり、このために写真を撮影したりするというケースでは、その費用が10万円を超えることもあります。

特に、
生前にメモリアルムービーを撮っておく
という場合は、風景などにこだわり、プロを丸1~2日も拘束する都合上、20万円を超えるケースも珍しくありません

思いがけない出費になってしまうので注意してください




このように、「メモリアルムービー」は、その形態によって値段がまったく異なります。

葬儀会社の言うがまま、唯々諾々と受け入れていると、思いがけない金額になってしまうこともあるので注意しましょう。

ちなみにこの「メモリアルムービー」にどれくらいの価値を置くか、というのは、人それぞれスタンスが異なると思われます。

ただ、遺族だけでしかあまり見ることのない故人の写真を、臨席者の方々に見せられるというのは大きなメリットでしょう。

ちなみに、あくまで体感的なもので、かつ業者ごとに異なりますが、私の感覚としましては、このメモリアルムービーはだいたい5家族に1家族くらいの割合で上映されていたように思えます。(執筆者:鍋谷 萌子)

この記事を書いた人

鍋谷 萌子 鍋谷 萌子»筆者の記事一覧 http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

料理好きなアラサーライターです。「おいしいものをできるだけ安く食べたい」が料理をし始めた発端なので、節約料理が特に得意です。安くて美味しいワインの選び方、費用が不透明になりがちな冠婚葬祭の費用などについても詳しく解説。DIYにまつわる話も、実例を基にお話していきます。
<保有資格>:終活カンセラ―

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ