無料で住宅ローンを比較・仮審査できるサイトが登場»マネーの達人

無料で住宅ローンを比較・仮審査できるサイトが登場

提携住宅ローンのデメリット


住宅を購入する場合、ほとんどの方が住宅ローンを組むことになるが、不動産会社が提案する「提携住宅ローン」をすすめられるケースが多いだろう。

しかし、ネットで検索すると、不動産会社経由の「提携住宅ローン」の悪評が目立つ。

その理由としては、不動産会社の営業マンが勧める住宅ローンは、審査が通りやすい金利が高い住宅ローンであることが多い

なぜなら、不動産会社の営業マンにとっては、住宅ローンの審査に通らなければ、売上にならないからだ。

よって、提携住宅ローンで勧められる銀行の中に、金利が比較的低いネット銀行の名前はあがってこない


住宅ローンの比較&仮審査サイトの登場

提携ローンのような売り手主導型の住宅ローンに振り回されるのではなく、自分に有利なる住宅ローンを探したいところだ。

そんなニーズに答えるのが、住宅ローンの比較&仮審査サイトである。

以下は、サービス名(運営会社)とその内容。
1. モゲスコア(MFS)
 年齢や年収など10項目入力で借入可能額と適用金利が表示
 https://www.mogescore.jp

2. 一括ローン相談 by SUMO(リクルート住まいカンパニー)
 必要事項に入力すれば、3行程度に仮審査を申し込める
 https://finance.recruit.co.jp/c/info/

3. 住宅本舗(イッカツ)
 住宅ローンの仮審査をネット上で最大6行に同時に申し込める
 http://www.jutapon.com/general/ikkatsu.html
 
1のモゲスコアは、ネット上では具体的な金融機関名は表示されないが、適用金利について不動産会社の提携ローンと比較して、有利のローンの存在を知ることができる。

具体的な相談をしたい場合は、店舗や電話でのコンサルも利用可能だ。

コンサルを受けることによって、提携ローンよりも有利にローンが組めた場合にはコンサルフィー(27万円)を支払うことになる。

2の対象エリアは関東の1都3県に限られているが、10月には関西圏にもサービスを広げる予定。

3は、比較的簡易な住宅ローンの試算を行い、対象となった金融機関の中から最大6行に対して、仮審査を一括で申し込むことができる。   

上記3つのサイトとも無料で利用できる(1はコンサルを申し込むまでは無料)。

ネットで検索すれば、住宅ローン比較サイトは数多くあるが、仮審査まで行うというサービスは今までなかった。
  
住宅購入を検討している場合、これらのサービスを利用するのも一考である。(執筆者:釜口 博)

この記事を書いた人

釜口 博 釜口 博»筆者の記事一覧 http://www.joint-pleasure.co.jp

㈱ジョイント・プレジャー 代表取締役
保険実務に強いファイナンシャルプランナーとして、また自身の営業経験を活かした営業実務研修は、即実行できる内容との評価が高い。
<保有資格>:CFP  1級ファイナンシャルプランナー技能士 二種証券外務員 相続士

【寄稿者にメッセージを送る】

釜口 博の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ