共働き家庭でもできる「放りっぱなし」資産運用の結果報告(4)半年の運用成績»マネーの達人

共働き家庭でもできる「放りっぱなし」資産運用の結果報告(4)半年の運用成績

「放りっぱなし」資産運用のロボアドバイザー投資



6月にも報告した「放りっぱなし」資産運用の経過です。

30代で共働き、子供が3人いる我が家。

資産運用をはじめたいけど、検討する時間がない!という日々から、「放りっぱなし」にできる資産運用先を見つけて投資するようになりました。

今すぐ結果が出るものではなく、もちろん資産が減ってしまうリスクはありますが、やはりお金というのは貯めこむだけではなく、「使ってなんぼ」だなと最近よく思います。

使い方の一つとしての資産運用、ご参考になれば嬉しいです。

まずはロボアドバイザー投資のウェルスナビです。



≪画像元:ウェルスナビ


運用成績ですが、3か前は5,909円の利益でした。

8月現在、8,732円の利益です。利率でいうと2.49%です

銀行預金とは比較にならないほどよい利率ですね。今のところは順調に運用されているようです。

ウェルスナビでの投資状況の詳細はこちらです。



≪画像元:ウェルスナビ


目標資産運用期間は2037年。額は678万円です。

初期投資額が30万円、毎月1万円ずつを積み立てているので、実質投資額は30万 + 12万 × 20年 = 270万円

ほんとうに2倍以上になるのでしょうか? 信じられない気持ちもありますが、20年後が楽しみです。

WealthNaviの詳細&申し込みについては以下公式HPを御覧下さい。



クラウドバンクで不労所得を受けとっています!

現在、2つのファンドを購入して運用しています。

クラウドバンクのバイオマス発電ファンド太陽光発電ファンドです。共に20万円ずつ投資しました。

投資収益に年間レポートです。



≪画像元:クラウドバンク




8月の分配金が2,037円で源泉徴収税を引いた後の収益(税引後)が1,623円になっています。

5月から受けとっている分配金の収益(税引後)は合計3,908円です。

一部の資金が償還されていて、今現在運用されている額が37万5,547円。

もしこの金額を銀行の定期預金で1年間預けていたとしたら、金利が高いと言われている静岡銀行で0.250%なので938円ほどになります。

年間で換算すると銀行預金の10倍ほどの利益になりそうです。

クラウドバンクは1ファンドあたりの運用期間が短く、1年以内に資金を回収できるのも気に入っています。

どちらのファンドも償還予定日が2018年1月11日です。もう1つくらいファンドを購入したいと思っています。冬のボーナスが楽しみです!



≪画像元:クラウドバンク




個人的には定年退職になる60歳のときに、月15万円ほど不労所得があればいいなと思っています。

投資なので失敗することもあると思いますが、今から少しずつ投資にお金をまわす練習をして、老後の不安に備えたいです。


教育費はどうやって貯めてるの?



ロボアドバイザー投資やクラウドバンクなど、ハイリスクハイリターンな商品を購入していますが、教育費は会社の財形貯蓄で貯めています

子供が進学するタイミングは年齢からほぼ決まっているので、確実に準備するためです

子供が3人いますので、1人あたり400万円を長男が高校に進学するまでに貯める予定です。合計で1,200万円ですが、ここには子ども手当てで受け取っている金額も含めています。

計算したところ、今の基準額だと3人分の子ども手当ての合計額が336万円でした。(計算してみると、なかなかの額ですね!)

その差額の864万円を、夫婦の財形貯蓄で貯めています

財形貯蓄は税制上のメリットはあれど、金利は高くないのであまりお得感はありませんが、なんといっても給与天引き・ボーナス天引きなので、確実に貯まります。

また、簡単に引き出すことができないので教育資金を貯めるには向いていると思います

それぞれの商品の特徴を活かして、目的に応じた貯め方をするようにしています。

これらの投資以外に、仮想通貨にも興味を持っています。

仮想通貨はまだ投資というより投機というレベルかもしれませんが、実際に購入して勉強してみる予定ですので、購入したらまたご報告したいと思います。(執筆者:村居 裕子)

この記事を書いた人

村居 裕子 村居 裕子»筆者の記事一覧

3人の子供を持つ主婦兼ライター。大学卒業後。新入社員当時から財形貯蓄をしたりと、貯金が好きな性格。貯金にこだわるあまり、気持ちよくお金を使えないというジレンマに気付き、しっかり貯金をしつつ、楽しくやりたいことはする!という生活をめざしている。子供を持つ主婦目線で、少し工夫で簡単に節約できるコツを書いていきます。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ