365日いつでも1泊5,000円の保養所や、区や市の運営する格安宿泊施設。»マネーの達人

365日いつでも1泊5,000円の保養所や、区や市の運営する格安宿泊施設。

そろそろ夏休みの旅行計画を立てましょう



まだ春が始まって夏休みの計画は早いと思ってはいませんか。

いえいえ、そんなことはありません。早めに予約をするのは節約を意識している人にとっては当たり前のことなんです。

飛行機のチケット・ツアー・レンタカーなどには早割がついています。早い段階で予約をしておくと、通常料金よりも安くなる早割は使わないともったいないです。

夏休みシーズンは旅費がびっくりするほど値上がりをします。通常の倍の値段になるのも当たり前になってきました。

ですから、夏休みシーズンに旅行はせず、時期をずらして休みを取る人も多くなっています。


夏休みに安い料金の旅行は不可能?

しかし、せっかくの夏休みには旅行に行きたいですよね。当然安い料金で行きたいです。

そんな中、特に値上がりもせず格安料金で宿に泊まることができるところがあるんですよ。それは、
区や市が運営する宿泊施設
です。

会社によっては保養所があって、安く泊まれる宿泊施設があるかもしれません。その場合は、会社で働いている人限定になりますよね。それと同じような仕組みになります。


住んでいれば利用資格のある区や市の運営する宿泊施設

区や市の宿泊施設は、そこに住んでいれば泊まることができます。場所によってはその区や市で働いていれば泊まることもできる場合があります。


≪画像元:戸田市保養所 自由の湯(東伊豆)


申し込みはお早めに!!


地区によっても多少違いますが、2か月前から予約が開始します。料金は通常よりも格安なので当然人気があり、抽選で落とされる可能性もあります

予約が開始した時に申し込んでおかないと、特に夏休みの時期はなかなか抽選が通るのは難しいです。格安で旅行ができる区や市の宿を予約するためには、早めの計画が必要になります。

いつもとは違う宿泊施設


早速自分の住んでいる所の宿泊施設を調べてもらいたいのですが、行ったことがないような場所だったり絶対に今までに泊まったことのない宿になると思います。

宿泊場所ありきの旅の計画も、いつもと違って新鮮で楽しくなるはずです。

家族旅行になると、ついつい楽をして行ったことのあるところにまた行きがちです。お店や道などを把握していると安心することができますが、たまには違う場所に行ってみてはいかがででしょうか。

新しい発見をすることができますし、新しいいろいろな出会いもあるでしょう。


節約しても楽しい旅行

宿泊代が今までの旅行に比べると格段に安くなるので、現地で少し奮発して美味しい物を食べたり面白そうなテーマパークに行ってみたりと他にお金を使うことができますよ。

すごく綺麗な宿とは言えないかもしれませんが、遊びメインの旅であれば特に気になるほどでもない宿ばかりです。

格安の旅にしようとした場合に選びがちなビジネスホテルも安く泊まることができますが、なんだか味気ないですし旅行気分が半減してしまいます

また、格安旅のメインともいえるゲストハウスも家族連れで泊まるのは難しいですね。

旅行気分も味わえて夕食朝食をつけることができるところの多いのも魅力です。区や市の宿泊施設を泊まる資格を持っているのですから、是非一度は利用するべきでしょう。


会社に所属してなくても利用できる保養所

先ほどにも保養所の話を少ししましたが、実は誰でも利用できる保養所があるんです。その名も四季倶楽部です。

そこは全国に24箇所に宿があって、その中の宿は365日いつでも1人1泊5,000円で泊まることができます。安すぎると思いませんか。夏休みでもお正月でも料金は変わらないのです。

保養所というだけあって過剰なサービスはありませんが、とても綺麗で寛げる宿です。

食事もつけることができて、どこでも夕食2,500円、朝食500円で申し込むことができます。2食つけても宿代を入れても8,000円です。


≪画像元:四季倶楽部HP


お安いけど素敵な宿です


どこも素敵な宿で、温泉や大きいお風呂が用意されていたりするので、とても5,000円で泊まれるとは思えないようなところばかりです。

ここでも早めの予約でお得に夏の旅行をすることが可能になりますが、検索してみるともうすでに夏休み時期は満室になっているので、ここは冬休みを狙うのがいいでしょう。

少しでも安く、良い思い出を作りたい人は是非利用してみて下さい。リピーターになること間違いなしです。


≪画像元:四季倶楽部 ホテル箱根アルパインハウス



素敵な旅行にするために「車」か「電車」かはゆっくり決めよう

旅行の時に迷うのが、車で行くか電車で行くかではないでしょうか。

思い出に残る旅行にするために、しっかり考えて選ぶようにしてくださいね。

電車


事故などがない限り時間通りに行くことができる電車は、スケジュール通りに旅が進みやすくなります。

運転をする必要がないので運転手となる人が帰りの車の体力を残しておく必要はなく、お酒も飲むことができます。

現地で移動も少なく1泊で荷物もそこまで多くない場合は、夏休みは電車がお勧めかもしれません。

駅弁を買ったり、電車からの景色を楽しんだりと旅行気分をここでも味わうことができるからです。


車で行ける距離の場所であれば、現地での移動も楽です。荷物の持ち運びをすることもない車は非常に便利です。

しかし、夏休みシーズンなどの高速道路では渋滞を覚悟しなくてはなりません。予定をたてても、うまく進まない可能性があります。

金額で決める




・ 往復の電車料金

・ 現地のタクシーやバス料金も含めた金額

・ 高速代

・ ガソリン代

・ レンタルの場合はレンタカー代を含めた金額

以上を比べてみてください。行く人数によっても差が生まれるでしょう。そこでお得な方を選ぶのもいいですね。(執筆者:小祝 可奈子)

この記事を書いた人

小祝 可奈子 小祝 可奈子»筆者の記事一覧

OLから転職して美容師へ。その後ヘアメイクアップアーティストとしてテレビやブライダルを中心に活動。結婚して2児の母になり、WEBライティング技能検定の資格を取りライターへ。子育てと両立して隙間時間にライティング。やりたいことは何でも挑戦!毎日ハッピーに過ごせるように全力投球。子供が生まれてからは、節約を心がけるように。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ