年金の受給資格期間が10年に短縮»マネーの達人

年金の受給資格期間が10年に短縮

老齢年金の受給資格期間が今年の8月から今までの25年から10年に短縮されます。関連する厳選記事をチェックしておきましょう。

年金の受給資格期間が10年に短縮


新たに64万人が年金の受給資格を得る「10年年金」スタート! その他、「平成29年8月」から変わること

【年金支払期間】10年かと思っていたら、25年だったケースがあります。「もらえればいい…」ではなくしっかりと確認を。

「10年に満たないから年金もらえない…」 でも、あきらめないで!「合算対象期間」を賢く使って年金をもらう方法を解説します

年金の受給資格期間 消費税増税を待たず、2017年度から25年から10年に短縮へ

年金の受給資格期間が10年に短縮されて「得する人」と「損する人」

平成29年8月から変わる社会保障制度に気をつけよう 医療・介護・年金の3大分野とも変わるものがあります。

「10年で年金がもらえる」を徹底解説。「私は10年も払ってない…」と勝手にあきらめると損をします。

【受給資格短縮 10年年金】「そんなこと言っても貰えない」と諦める前に該当してるか見てみよう。

FP事務所「ハム勝王子」 FP2級と3級の社員の力を試す所長。「年金支給10年に短縮」について説明してみなっ!

























この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ