【堀聖人投資サロン】 新規公開株(IPO)と未公開株って何が違うのですか?»マネーの達人

【堀聖人投資サロン】 新規公開株(IPO)と未公開株って何が違うのですか?

株式投資の手法はいくつもありますが、その中に新規公開株を買う投資法と未公開株を買う手法があります。

「新規公開株」と「未公開株」…。何か似ているようで違う気もしますね。

ゲスト様から同様の質問をいただきましたので、今回の堀聖人投資サロンでは、「新規公開株」と「未公開株」の違いを話し合ってみたいと思います。



新規公開株と未公開株って何が違うのですか?

投資サロン主催者:堀聖人(以下、堀)
ゲスト:GUEST様(以下、G様)

サロン参加者:Gさん。Gさんは株投資経験半年のママさん投資家です。コツコツと株投資手法を学んでいて、投資信託や外貨投資にも興味があるとか。

Gさん:よく「IPO株を買って儲けた」っていう話を聞くんですけど、IPO株って新規公開株のことですよね。その他に未公開株という種類の株を買うこともできると聞きました。

新規公開株(IPO株)と未公開株って何が違うのですか? 聞いた感じ同じもののように聞こえるんですけど。

:良い質問ですね。結論から言うと、IPO株と未公開株は全く別物ですので注意してください

IPO投資ではそれなりに収益を上げている投資家が多いですし、投資初心者でも比較的簡単に利益を上げられると思います。しかし、未公開株の扱いは非常に難しく、未公開株関連の詐欺事件が頻繁に起こっています。株投資初心者には決しておすすめできません。

Gさん:詐欺ですか…?

:はい。まずは、IPO株と未公開株の違いを頭に入れておくと良いと思います。分かりやすくお伝えしますので、まずは基本を知っておいてください。

IPO株と未公開株の違い


:新規公開株(IPO)とは、新規で上場する株式のことです。

いまだ記憶に新しいですが、2015年に新規上場となった日本郵政3銘柄は大型IPO案件でした。はてな(3930)も大人気で公募価格の4倍近い初値(公募価格800円、初値3,025円)となりましたね。

人気のあったIPO株を例に挙げてみましたが、要は日本の取引所に新たに上場する株式をIPO株と言います。

証券口座を開設した個人投資家は、IPO株の購入申請を行ない抽選で当選すると買える。つまり、文字通り “公開” された株式なわけです。

Gさん:はい、それは分かります。実は私もIPO株、買いたいと思っているんですよ。それでIPOをググっていたら、「未公開株」というキーワードに出くわしまして。

:未公開株とは、公開されていない株のことで、証券取引所には上場されていない一般の会社の株になります。ですから、一般の個人投資家がネット証券口座で買い付けるのと同じように買うことができないのが未公開株です。

Gさん:そうなんですか。 未公開株は買えないんですね?

:絶対に買えないというわけではありません。日本取引所グループのHPにしっかり記載されていますが、未公開株を販売できるのは

・当該未公開株の発行会社
・第一種金融商品取引業者の登録を受けている金融商品取引業者

となっています。上記条件に当てはまる会社からは未公開株を買うことができますので、絶対に買えないというわけではないんです

Gさん:未公開株を買うメリットってあるのでしょうか? もしかして、意外に儲けられる株?

:メリットを上げるなら、もし将来上場するようなことがあれば、未公開時に買付けたときよりも株価が高くなることがある、という点でしょうか

詐欺にもご注意


もちろん、上場すれば株価が高くなるとは断定できませんし、そもそも将来上場するかどうかは誰にも分かりませんから。推測の域は出ないと思います。それよりも未公開株関連の詐欺には気をつけなければなりません

Gさん:さっきちょっと話していましたね。詳しく教えてください。

:はい。ここ数年、「未公開株を買わないか?」といった勧誘事件が頻繁に起こっていて、引っかかってしまった人もいるんです。未公開株勧誘事件の共通点は、

・勧誘者が無登録の金融取引業者
・「近く上場予定だ」とウソをつく
・簡単に儲かると暗示する

こんな事件が多発しているんです。さっきもふれましたけど、未公開株を販売できるのは当該未公開株の発行会社か登録済みの金融商品取引業者のみ

しかし、登録済み証券会社の名を騙って勧誘を行なう事件もあったとのことですから、甘い話は疑ってかかりましょう。よく考えれば簡単に儲かる話がどこにでも転がっているわけがないですからね。

Gさん:なんか腹立ちますね! もし本当に勧誘を受けたらどうすれば良いのでしょうか? 警察に通報ですか?

:警察でも良いですし、その他関係機関への連絡もできます。関連サイトはこちらです。

警察総合相談電話番号記載サイト
日本証券業協会
全国の消費生活センター



フェアな株式市場を形成するために貢献しましょう。周りの人が被害に遭うのを見聞きしたくないですものね。

Gさん:被害者って本当にいるんですか? 全然聞いたことありませんけど。

:いますよ。去年(2015年)のニュースですけど、ある芸能人の方は未公開株購入が主な原因で離婚になっちゃったらしいですから。

Gさん:えぇぇ!

:去年のデイリーニュースにも掲載されていましたが、ココリコの遠藤氏は未公開株に手を出し大損したとか。何でも元奥様(千秋)には「やめときや、絶対やめときや」って反対されたのにこっそり買って、騙されて、「鉄筋の2世帯住宅が買えるくらい」の金額を失ったらしいです。

Gさん:うちの旦那、大丈夫かしら!? 帰ってきたら聞いてみます。

:そ、そうですか、Gさんのご主人さんは大丈夫だと思いますけど^^; ま、少なくともそういう実話があるわけですから、未公開株には十分注意したいですね。

Gさん:ほんとですね。えっと、新規上場する株がIPO株で、上場予定がないのが未公開株。IPO株は証券口座から申込み抽選に当選したら買えるけど、未公開株は普通の方法では買えず詐欺まがいの勧誘もある。これが2つの違いでしょうか。

:Gさん、素晴らしい、完ぺきです。今後、IPO投資は積極的に狙って良いと思いますが、未公開株に関しては、そういう株もあるんだなぁ、といった程度に記憶しておけばOKです。

Gさん:はい、今日はどうもありがとうございました。(執筆者:堀 聖人)

この記事を書いた人

堀 聖人 堀 聖人»筆者の記事一覧 http://money-worker.com/money-worker/

「お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう」ことをライフテーマとするアラフォー。銀行にお金を預けるだけでは時間とお金を活かしきれていないと悟り、お金がお金を生む仕組みを独学で学ぶ。投資歴は株式投資8年、FX3年。開設済み証券口座は5口座、FX口座は10口座以上。株式投資、FX投資、クレジットカードをメインに鋭い視点からなるコラム執筆中。日経ヴェリタスなどでもコメント。
<保有資格>:第二種証券外務員資格
<メディア掲載>:日経ヴェリタス 2015年11月15日号、 株完全ガイド(晋遊舎)

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ