先週の市況をダイジェストで振り返る(12月第2週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(12月第2週)

2016/12/5    月


米国市場では11月の失業率は低下したが就労人口は思ったほど増加せず、国債が上昇しドルは下落。株式はおおむね横ばい。ブレント原油の価格が下落。

EU圏では、PMI指数が堅調であったが株式市場は下落。

2016/12/6    火


イタリアの首相が辞任し、イタリアの銀行株が大きく下落したが、通貨ユーロは国民投票が終了して上昇。イタリアの国債のデフォルト確率は上昇。

米国ではISMサービス指数が1年来の高値となりダウは市場最高値を更新。

2016/12/7    水


WTIはOPECの減産合意後初めて下落したが、米国株式市場はベライゾンやAT&T、金融株が堅調で上昇。ドルは史上最高値を更新。

欧州市場ではECBが次回会合で債券購入を拡大すると見られており、イタリアの銀行株が大きく回復し市場は上昇。

2016/12/8    木


ECBの債券購入拡大を前提に債券市場は下げ止まり。そのため、配当利回り期待の公益株やREITが上昇。SP500とダウは史上最高値を更新。

トランプ氏が高い薬価に批判的なコメントをしたためにバイオ関連が下落。欧州ではイタリア政府が150億ユーロの借り入れに動くという報道があり、イタリアの銀行は大きくリバウンド。

2016/12/9    金


ECBが予想外に債券購入規模を縮小(現在800億ユーロ⇒来年4月から600億ユーロ)することを踏まえて、米国の債券市場は値上がり。欧州の債券は値下がり。

SP500とダウは、金融株とエネルギー株にけん引され史上最高値を続伸。欧州ではUniCreditがポーランドの資産を売却して値上がりしたほか、サンタンデール、ソシエテ ジェネラルなども3%以上値上がり。

img11-Dec2016 img10-Dec2016
(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ