酉年の2017年こそは「先ドリ貯金」でいつの間にか貯まっている1年に! 32歳女性(会社員)のビフォーアフター事例を紹介»マネーの達人

酉年の2017年こそは「先ドリ貯金」でいつの間にか貯まっている1年に! 32歳女性(会社員)のビフォーアフター事例を紹介

はじめに

早いもので2016年も残りわずか。皆さん師走でお忙しい時期かと思います。

クリスマスや忘年会など楽しいイベントも多いのですがその分、出費も多いはず!

さて、皆さん

今年1年でどのぐらい貯金をしましたか?

意識をして貯金をしている方は「今年は50万円貯金しました!」と答えられますが…

何となく、毎月残った金額を口座に入れている方はいくら貯金したか、よく分からないはず…

来年は酉(トリ)年の2017年! 来年こそ、「先ドリ貯金」を初めてみませんか?



先ドリ貯金とは

先ドリ貯金とは、収入から先に一定額を引き、貯金することを意味しています。一度、手元にお金が入ってしまうと、ついつい使ってしまうもの。

そこで、手元に入る前に貯金口座へお金を移してしまうのです!(天引き貯金、強制貯金とも言います)

先ドリ貯金の方法はいくつかあります



先ドリ貯金ができると

今年、私自身は自動積立定期で毎月1万円、貯蓄型保険(ドル建て)で毎月2万円、計3万円を先ドリ貯金してきました。

1年間で36万円の貯金です。

65歳時には900万円以上が貯金できることになります!

先ドリ貯金のメリット


・ 確実にお金が貯まる

・ 先に貯金をしているので、毎月の支出を気にしないで良い

・ 自動振替でお金が貯金されるので、手間がはぶける


FPとして貯金アドバイスをする際も、この先ドリ貯金をお勧めしております。

事例紹介


女性32歳(会社員)

家計の見直し相談へ来られた32歳会社員の女性は貯金が苦手と仰っていました。

これまでは、毎月の支出を先に行い、月末に残ったお金を貯金口座へ入れていたそうです。

家計の見直しにより、これまで平均1万5,000円は毎月貯金していたことが判明。

通っていないスポーツジム(1万5,000円/月)を解約、週2日はランチを手作りお弁当にすることで1万円を節約し、合計4万円は無理なく貯金できそう!

財形貯蓄と、年金保険を組み合わせて月4万円の先ドリ貯金を行ったところ…

表2


ご本人の感想

最初は毎月4万円も貯金できるか不安でしたが、お給料が入ったと同時に引かれてしまうので、口座に入ったお金で生活をするだけでした。

貯金をしている意識がないまま1年が経過

年末のお給料明細で財形貯蓄が24万円、保険料控除のお知らせで年金保険も24万円が貯まっていて驚きました!



おわりに

今年も多くの方が、先ドリ貯金にチャレンジをし「1年間でこれだけ貯金ができた!」と嬉しいお言葉もたくさん頂きました。

無理なく、楽しく貯金できることが先ドリ貯金の良いところです!

1年のはじまりに「今年こそ!」と1年の抱負を語る方も多いのではないでしょうか。

英会話を習おう!

健康な1年にしよう!

お友達や家族と旅行へ行こう! 

色々な抱負の1つに「先ドリ貯金」を入れてみませんか?

今年こそ、貯金できる人になる!と決めてしまえば、あとは先ドリ貯金の方法を選ぶだけ。

2017年12月、口座に貯まっている貯金を見て「今年1年、こんなに貯金ができた!!」と喜べる1年になれば幸いです。(執筆者:藤井 亜也)

この記事を書いた人

藤井 亜也 藤井 亜也»筆者の記事一覧 http://www.cocoplan.net

株式会社COCO PLAN (ココプラン) 代表取締役社長
1975年生まれ。教育カウンセラー、派遣コーディネーター、秘書等、様々な職種を経験した後、マネーセンスを磨きたいと思い、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。「お金の不安を解決するサポートがしたい」、「夢の実現を応援したい」という想いからCOCO PLANを設立。
<保有資格>:2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ファイナンシャルプランナー(AFP) 、住宅ローンアドバイザー、相続診断士、日本心理学会認定心理士、生理人類学士、秘書技能検定、日商簿記検定、(産業カウンセラー、心理相談員)

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ