先週の市況をダイジェストで振り返る(2月第2週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(2月第2週)

2017/2/6    月


トランプ政権が金融に関する規制緩和を公表して銀行株を中心に大幅に上昇。SP500とNASDAQは史上最高値を更新。労働統計が公表され、就労者数は順調に増加したが賃金の上昇は予想以下。

サンフランシスコ連銀のウィリアム総裁が、2017年に3度の利上げを行うと発言したが、イールドは反応せずほぼ横ばい。

2017/2/7    火


米国で主要な統計公表がな移民禁止令に注目が集まる。米国債と円は価格上昇。原油価格が下落してエネルギー関連株が軟調。

タイソンフードがカルテルの疑いで調査を受け下落。欧州では、自動車株とイタリアの銀行株が下落。

2017/2/8    水


Fedが3月の利上げを示唆したことから米ドルが上昇。英国のインフレが予想以上であったことをイングランド銀行が公表し英ポンドも上昇。

米国市場では、日中、史上最高値を更新したが、トランプ政権の具体的な財政計画が公表されず、午後には軟化。欧州では株高になったが、右翼政党が大統領選に勝ちそうなフランスでは軟化。

BNPは収益が2倍になったが大きく下落。BPやStatoilなどの原油関連も大幅

2017/2/9    木


米国ではガソリンの供給が低下し原油価格が上昇。債券も上昇しイールドが低下し銀行株が軟化する、一方、高配当株である公益株が上昇。

欧州では政治的な要因から銀行株は値を下げたが、フランスの建築関連Vinciやスペインの建築関連ACSなどが好決算を公表し値上がり、市場全体もプラスになった。

2017/2/10    金


米国ではトランプ政権が、減税プランの詳細を近日中に公表すると公表し銀行株と米ドルが上昇。国債は下落。

欧州ではフランスとイタリアの銀行はリスク低下が追い風となり、フランスのトタルやソシエテ・ジェネラルは決算好調で上昇。ドイツのコメルツバンクは値を下げた。

img4-Feb2017

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ