IPOの当選確率は証券会社選びに左右される! メイン口座とサブ口座の使い分けで当選を目指せ»マネーの達人

IPOの当選確率は証券会社選びに左右される! メイン口座とサブ口座の使い分けで当選を目指せ

初心者でも利益を上げやすいIPO。上昇確率が高い人気銘柄は、なかなか当選しにくいことも事実です。

IPOで当選を目指すには戦略が必要です。証券会社によっては、抽選方法も丸きり異なります。証券会社選びを考えることも当選に向けた立派な戦略なのです。

メイン口座とサブ口座の使い分けでIPOの当選目指す。


また、主幹事証券と幹事証券の使い分けも重要です。IPO取り扱い実績が多く、幹事会社に食い込む証券会社をメイン口座に据える必要があります。ここからは、IPO投資で当選確率を上げる為の戦略を考えてみましょう。


最低限押さえておきたい抽選方法の違い


大手証券の大口顧客でもない限り、有望銘柄の当選は難しいと言えるでしょう。ほとんどの投資家はネット申し込みによる抽選に臨むことになります。

よって、証券各社の抽選方法の違いを知ることは非常に重要。

もうすこし踏み込んで見ると、自身の資金力に合わせて証券会社を選ぶことが重要なのです。

IPOには資金力に左右される抽選方法と、資金力に左右されない抽選方法があります。

資金力に左右される証券会社の場合


資金力のある人

上昇の可能性が高い有望銘柄であれば、是が非でも手に入れたい。よって、資金力のある人は最低申込株数の何倍もの株数を申し込む訳です。

仮に、1,000万円口座残高があれば、100株10万円のA社株を10,000株申し込むことができます。そして、この申し込み株数はすべて抽選対象になるのです。

資金力のない人

逆に、口座に10万円しかない人はどうでしょう? 最低申し込み単元である100株しか申し込めない訳です。

前者の100口の申し込みに対して、後者は1口のみの申し込み。後者がこのIPOに当選する確率は前者の100分の1になる訳です。

資金力に左右されない証券会社の場合


一方で、資金力に左右されない証券会社であれば、仮に10,000株申し込んだとしても、抽選時に有効な株数は1口のみ。

つまり、1,000万投資しようが、10万円投資しようが抽選確率は全員平等な訳です。

証券会社選びを間違えてしまうと、IPOの当選確率は激減します。よって、証券会社選びは非常に重要と言えるのです。


IPOの取り扱い件数が少ない証券会社はサブ口座に


IPOの取り扱い実績に関しても、証券会社ごとに差があります。いくら証券口座を開設したとしても、お目当ての銘柄の取り扱いがなければどうしようもありません

IPOの取り扱い実績も証券会社選びに際しては、非常に重要なポイントなのです。

ここで、誤解してほしくないことは、決してIPOの取り扱い件数が少ない証券会社を批判している訳ではないということです。むしろ、口座開設をすべきだと思います。

ただ、間違いなくメイン口座には向かない。当たり前ですが、そもそもの取り扱い件数がなければIPOに参加する機会すら逸してしまうからです。

しかし、デメリットばかりではありません。IPO取り扱いが少ない穴場証券をサブ口座にすることで、IPOの当選確率を向上させることもできます

理由は、競合が少ないからです。

ほとんどの投資家が、名の知れた証券会社から申し込みを入れるのに対し、穴場証券ではそもそもの口座開設件数が少ない。即ち、穴場証券からも申し込みを入れることで、当選確率がグンと高まるのです。

サブ口座としてオススメなのは、例えば岩井コスモ証券です。⇒公式HP

メインはIPO取り扱い実績が豊富な証券会社で選ぶ

IPOの当選を目指すには、メイン口座とサブ口座の使い分けが非常に重要です。

サブ口座は上述したように、そもそもの口座開設数が少ない会社を選ぶことがポイントです。IPOの取り扱い実績はそれなりでも良いでしょう。

しかし、メイン口座はその限りではありません。当たり前ですが、取り扱い実績が豊富な証券会社を選ぶべきです。

また、上述したように自身の資金力によっても口座開設すべき証券会社が変わってきます。また、投資歴によっても選び方が変わってくるでしょう。

IPO当選には戦略的な証券会社選びが必要不可欠です。


主幹事証券、幹事証券どちらから申込をするべきか?

IPO引き受けの仕組みをざっくり確認しておくと、証券会社には主幹事証券と幹事証券が存在します。

主幹事証券とは、顧客への配分株数を最も多く保有している証券会社のことです。それ以外の残りの株数は幹事会社に振り分けられます。

よって、理論上は、主幹事会社から申込を入れた方が当選確率が向上する訳です。

しかし、セオリー通りに行かないのが株の世界です。主幹事証券には、業界大手の三大証券が選ばれることも多く、競合も非常に多く存在します

つまり、引き合いもそれなりにある訳です。

このようなケースでは幹事会社をメインにIPOを申し込む戦略を採用したほうが当選確率は向上するでしょう。

配分株数が多い主幹事会社から申し込むことが、最善策かと言えば、その限りではありません。主幹事会社、幹事会社に配分される株数のバランスは案件ごとに異なります。

それぞれに振り向けられる配分バランスを見て申込先を判断することが重要と言えるのです。


証券口座は何社から申し込んでも無料!複数口座の開設は必須

基本的に、幹事会社は複数存在します。

例えば、大和証券が主幹事証券で、幹事会社にはマネックス証券や、SBI証券が食い込む訳です。

もちろん、ネット証券が主幹事証券になる場合もあります。IPO投資においては、いかに幹事会社から複数申込を入れられるかが当選の鍵を握ります。

個人投資家一人当たりが持つ証券口座数には制限がありません。つまり、1社で申し込もうが5社で申し込もうがペナルティはない訳です

IPOで当選確率を向上させるには、とにかく申込数を増やすことが優先事項です。そのために、証券会社はメイン口座とサブ口座を使い分ける。

IPOだけのために、サブ口座を複数社開設することが戦略的に重要なのです

また、最近では、抽選申込の際に事前入金を必要としない証券会社まで出てきました。投資初心者の方は、このような口座をサブ口座として選ぶのも良いかもしれませんね。


特に投資初心者にはマネックス証券がおすすめ。IPOの取扱件数も抜群


個人的には、投資初心者のメイン口座にはマネックス証券がおすすめです。

私自身も初めて開いた証券口座はマネックス証券でした。ネット証券の先駆けで、いまやネット証券の“老舗”。

常に、最先端のサービスを取り入れ、商品ラインナップも豊富。ネットセミナー等のフォローも手厚いので、証券投資の入口には最適です。

 マネックス証券で口座を開設する⇒公式HPへ

若干話が逸れましたが、IPOの取り扱い実績も申し分なし。とりあえず、口座開設さえしておけば、IPOに参加出来る機会は多数あるでしょう。

2016年の実績を振り返っても、大型案件から、話題の業種まで完全網羅。

つまり、上述した“幹事会社”としてIPOに食い込むことが多い訳です

様々なIPO銘柄の抽選に申込出来ることが、マネックス証券の強みです。よって、個人的にはメイン口座はマネックス証券にすることをおすすめします。

また、IPOにおける抽選方式は資金力に左右されない完全平等抽選を採用。お金持ちを優遇する証券会社とは異なり、投資初心者にも非常にフレンドリーな証券会社と言えるでしょう。

マネックス証券をメイン口座に、穴場証券でも同一銘柄を申し込む。


投資初心者であれば、まとまった資金をつぎ込むことに抵抗がある人も多いでしょう。やはり、完全平等抽選の証券会社でコツコツ申し込みを入れることがIPO当選への近道です。

資金力で勝負出来ない場合には、戦略的な証券会社選びで当選を目指す。そのメイン口座にマネックス証券を据えてみて下さい。

マネックス証券で口座開設する⇒公式HP


(執筆者:徳田 陽太)

この記事を書いた人

徳田 陽太 徳田 陽太»筆者の記事一覧

札幌で働く元証券マンFP(ファイナンシャルプランナー)。立命館大学卒業後、大和証券株式会社に入社。法人・個人営業に従事し、5年間で4度社長賞受賞。退職後、Finanzaを設立し“chatでFP”サービスを展開。チャットやLINE利用による安価な家計相談サービスを実現。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
<保有資格>:証券外務員一種

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ