「覆面調査」でプチ収入 自分の空いた時間を有効活用しよう»マネーの達人

「覆面調査」でプチ収入 自分の空いた時間を有効活用しよう

お客さま目線での感想が求められている「覆面調査」

覆面調査」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

よりよい経営を目指す目的で企業がサービスの実態を調査依頼しているものです。

お客様としてサービスを受けた覆面調査員のレポートが企業にフィードバックされることによって、サービスの質を高めることにつながります。



ネットでモニターを募集するものも多く、調査の対象はさまざま。そこでは専門的な意見ではなく「お客さま目線での感想」が求められています

まさに、主婦が生活のシーンで感じる

「あのお店は品ぞろえがいいから遠くても行きたい」

「スタッフさんが親切だから子連れで行きやすい」

というようなダイレクトな意見が歓迎されるので、ふつうの主婦でも気軽にできるのが魅力です

そしてその調査レポートに対して謝礼がもらえるので、ちょっとした収入に! 謝礼の金額は、調査の内容によって数百円~数千円

調査やレポート作成にはあまり時間はかからないのでけっこうワリがよく、自分の空いた時間にできるのでとってもおすすめです。


覆面調査のおすすめポイント

1. 買物がタダになる


調査案件では、買物をするなどサービスを受けることが必要なのでお金を使うことがあります。

調査謝礼は、かかった実費の一部や全部、またはプラスが出るぐらい

なにも調査を行うために無理に不要な買物をする必要はありません。たくさんの調査案件の中から、いつもの行動パターンでムリなくできるものを選べばよいのです。

そうすると、予定していた買物のついでにレポートを書くだけで、買物が実質タダになったりおこづかいがもらえたりということに!

もちろん、人気の調査案件の抽選に当たるとはかぎらないのでアテにはできませんが、もし当たったらラッキーです


・ ドラッグストアで2000円以上の買物をして謝礼2,000円

・ ガソリンスタンドで10リットル以上の給油をして謝礼2,000円

・ 宅配クリーニングを2000円以上利用して謝礼1,500円


 

2. プチ贅沢や自分へのごほうびがタダでできる


美容院でカラーやトリートメントなどのフルコース、気になっていた洋服やさんでの買物、家族で焼肉レストラン。

そのような、節約中はガマンしたいちょっと贅沢なことも、レポートを書くことで実費がもらえたら罪悪感もありませんよね

さらに、飲食店のモニターでは2人以上で行くものがあるので、「モニターだから大丈夫よ!」なんて、友人へおごってあげることもできます。

喜んでもらえますし、「え? どういうこと?」と聞かれたら紹介してあげるとさらに喜んでもらえるかもしれません。


・ レストランで1,600円以上の飲食をして謝礼2,500円
  
・ 居酒屋で7,000円以上の飲食をして謝礼7,000円
  
・ 美容室で指定のメニューを施術して実費の謝礼(1万円等)

3. 副業にならないので扶養内ギリギリのパート主婦でもできる


調査のなかには、お店などで指定の行動をしてレポートを書くなど、買わずにまるまる謝礼がもらえることも

そうなると、収入とみなされてしまい、扶養内ギリギリで働いている主婦が扶養から外れてしまうのでは? と疑問に思うかもしれません。

ですが、覆面調査は雇用契約されているわけではなくwebアンケートのような短時間のものに対する謝礼なので、副業にはあたらないという見解が一般的

そのため、扶養内に抑えてパートをしているので時間のよゆうがある、という方におすすめです。


・ 金融機関窓口で指定のマネー相談をして謝礼3,000円
  
・ 洋服店で試着や質問をして謝礼2,000円


子どもが小さくてもできます

調査には、買物に子連れOKというものや、在宅でできるネットショッピングの対応の調査など、小さい子どもがいてもできるものもあります。

いつも友人とおしゃべりしたり、SNSやブログで書いたりしているお店の口コミや感想などを、そのお店のサービス向上につながるレポートにするだけでお金がもらえるのです! 自分でもできそうだと思いませんか?

調査は特別なスキルや経験がなくても大丈夫ですが、写真を送らなければいけない案件が多いのでスマホは必要です

また、指定の行動(質問や清掃チェックなど)を忘れたり、調査員だとバレるようなぎこちない動きをしたり、メモを確認したりということがないよう事前の準備は必要です

レポートはわかりやすく・的確にていねいに書く必要がありますが、特別な文章力は求められません。



≪ミステリーショッピングリサーチの振込履歴画面≫


こまめに現金振込してもらえます。興味をもった方は、「覆面調査」、「ミステリーショッパー」、「モニター」などで検索してみてくださいね。(執筆者:野原 あき)

この記事を書いた人

野原 あき 野原 あき»筆者の記事一覧

パート7割、フリーライター3割で働く主婦です。20代のころは旅行と買い物が大好きでした。結婚後、工夫して節約するおもしろさにハマり、お金を貯める楽しさを覚えるとドンドン貯金ができるように。そんな中でもずっと変えないポリシーは、「交際費は惜しまない」こと。ムダを省いてオトクを取り入れることに日々アンテナを張っています。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ