先週の市況をダイジェストで振り返る(7月第2週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(7月第2週)

2017/7/10 月

米国では、就労人口が予想以上に上昇したが、賃金は下落した。そのため、米ドルは横ばい。

ただし、イールドは上昇し、テクノロジー関連株は上昇。株式はリバウンド。原油価格は45ドルを割る水準に低下。

欧州では株式は持ち直したものの下落。米国での生産が上昇した原油価格の下落がTotalやRDSの株価を下げた。

一方、E.ON、RWEなどの公益株はブローカー評価が上がり上昇。

2017/7/11 火

米国株式は薄商いとなったが、テクノロジー株がリバウンドして市場をけん引して上昇。

リビアやナイジェリアで生産上限が議論されている原油価格も上昇。米ドルも上昇した。

欧州市場では、金融株と資源株がけん引する形で市場が上昇。

英の建築サービスのCarillionは利益に懸念が持たれており、CEOも辞任し、配当が中止され、ヘッジファンドに空売りされ大きく値を下げることになった

2017/7/12 水

米国ではトランプ大統領の選挙におけるロシアの関与問題が市場にマイナスに影響したがテクノロージー株を中心に値上がり。NASDAQは上昇。SP500は幾分下げる。

欧州では、自動車、資源関連株が堅調であったが、消費、不動産関連が値を下げ市場全体でも値を下げる。

ペンギンランダムハウスの株式を売却したピアソンは5%をこえる下げとなった。

2017/7/13 木

米国ではイエレン議長が議会の証言で金利引き締めに急がないことを表明し米国市場では株高、債券高。

ダウは史上最高値を更新。テクノロジー株と不動産株が市場をけん引。米ドルは下落。

カナダは金利引き上げによりカナダドルが上昇し、ブラジルは前大統領がマネーロンダリングでの有罪が確定しレアルが上昇。

欧州でもイエレン議長のコメントを好感し、エネルギー・資源関連を中心に値上がり。バーバリー、LVHMなどの高級品も強い

2017/7/14 金

米国市場では金曜日にJPモルガン、シティなどの大手銀行の決算を控え金融株がけん引して市場は上昇。

ダウは史上最高値を更新し、SP500は史上最高値付近まで上昇したが、小型株はついて行けずRussell2000は横ばい。

欧州では、昨日のイエレン議長の証言の影響が残り金利感応株である不動産株が堅調なほか、Casino,Tullow Oilなどの個別銘柄が上昇して市場は上昇。




以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ