先週の市況をダイジェストで振り返る(8月第1週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(8月第1週)

2017/7/31 月

米国では第2四半期のGDPが個人消費と設備投資にけん引されて2.6%の上昇となったが、アマゾン、スターバックスなどの大手銘柄の大幅な下落でSP500は値を下げる。

ダウは史上最高値を更新。欧州ではテクノロジー株が値下がりしたほか、英国やドイツの輸出関連企業がユーロ高の影響を受けて値下がり。


2017/8/1 火

中国の6月の工業指数が堅調で、WTIは50ドルを超え銅も2年来の高値を付け、鉄鉱石も上昇と資源価格が軒並み上昇する中、米国市場では株式、債券ともに下落。

欧州市場では米国の食品医薬品局がタバコのニコチンを抑えることをメーカーに要求したばこ関連株が大幅に下落。


2017/8/2 水

米国では、7月の自動車販売が6%程度下落し、ISM指数は予想を下回る結果になったが、ダウが史上最高値を更新。国債もドルも値上がり。

欧州では、ロールスロイスが予想上回る決算となり11.6%値を上げたほか、Intertek Group,Direct Line,DSMなど個別企業の決算が好影響し市場は上昇。


2017/8/3 木

米国ではほとんどの株式が軟化したがアップルが大きく上昇しそのおかげでダウは史上最高値を更新。ユーロは依然としてドルに対して強い。

欧州市場ではテクノロジー株がアップルにけん引されて上昇したが、資源関連株が軟化し、ソシエテ・ジェネラル、コメルツバンクが芳しくない決算を公表し銀行株も下落。市場全体も値を下げた。


2017/8/4 金

米国では、特別検察官がロシア疑惑で大量の人を審査リストに載せていると報じられ、株式市場に負の影響を及ぼしたがダウはわずかに上昇し史上最高値を更新。

明日の労働統計の公表を前に米ドルは対円で軟化。欧州ではエネルギー株が値を下げたが個別企業の決算が好調で市場全体は上昇。

ただし、ドイツはシーメンスの決算が芳しくなく取り残される



この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ