家族旅行やレジャーの為の「貯金」どうしてる? 旅程表を作って家計にも子どもにも役立つ参考書にする工夫とは»マネーの達人

家族旅行やレジャーの為の「貯金」どうしてる? 旅程表を作って家計にも子どもにも役立つ参考書にする工夫とは

レジャーは、計画を立てるのは楽しいけれど、お出かけに備えた貯金は続きにくい。

後で、「やっぱり使い過ぎたかな」と反省しつつも、全体を把握しづらいのが旅費ですね。

出掛ける前から準備で少しずつ購入した物も多い一方、家計簿は月単位。

クレジットの請求は後から口座引落し。出先ではレシートのない場合も多く、使いみちの記憶も薄れがちです

そこで次のレジャーでは、使いみちを写真でどんどん記録して、今後の貯金に役立ててみませんか

お出かけ前のひと工夫で、子どものおねだりを解決しやすくなったり、次回に向けた楽しい貯金を始められる方法をご紹介します。




お出かけ前のひと工夫~旅程は共有

お子さんも一緒に出掛ける場合、役に立つのが旅程表です。

予定の概要を書いたものをコピーして、旅のしおりのように持たせます

お出かけにはスケジュールや予算があり、時間を守る必要性やお金も使いみちが決まっていることなど、守ってほしいポイントを共有します

先を見通す情報を渡しておくことで、おねだりを断る場合も親の言葉が耳に入りやすくなります。

また、臨時でお出かけ中のおこづかいを渡す場合は、お出かけ中でしか得られない事柄に使う、お土産のみに使うなど、使いみちを約束します。これも旅程表に書いておきましょう。


お出かけ先での使途記録

ざっくりした出費になりがちな旅費の記録には、写真がラクですね。

チケットや価格表、注文した料理のメニュー、自販機・売店など、お金を使うたびに値段が分かるように撮影していきます

旅程表にもメモしていきましょう。


帰宅後の写真整理が貯金につながる



帰ってきたら、写真の整理と一緒に出費を書き出してみます

写真を見ながらの楽しい記録作業です。

順番がバラバラでも大丈夫。旅行前に準備で購入した物も含めて、1枚の紙に書いていきましょう。

合計してみると驚くほどの金額を使っていたりしますが、この驚きを貯金につなげるのです。

お出かけにどのくらい費用がかかり、親がどのような準備をしてくれているのか、お子さんも知ることができます

おねだりして買ってもらった金額も、改めて思い出す機会になります。


次回に向けた準備貯金

全体の金額が分かると、次の計画も立てやすくなります

家族で共有する貯金として、貯金箱を使ったレジャー専用の貯金を始めてみましょう。

一週間の買い物の回数を減らしてみたり、500円玉の貯金や、逆に500円玉以外をすべて貯金箱に入れてしまう方法など、ゲーム感覚でもできる方法で取組んでみましょう。


ファイリングして旅行記に



領収書や入場券、パンフレット、特に写真は厳選してファイリングしてみましょう。

家族の旅行記は、裏事情である旅費も知ることができて、子どもにとって絶好の参考書になります

貯金の見通しを立てやすくなり、節約の時も家族の同意が得やすくなります。厳選した写真は、年賀状にぴったりですね。(執筆者:山口 葵子)

この記事を書いた人

山口 葵子 山口 葵子»筆者の記事一覧

40代前半女性です。金融機関から損害保険会社に転職後、転居のため専業主婦に。現在はライターとして貯蓄・教育に関する記事を執筆しています。趣味は、子どものサッカー応援や、家事の合間の細切れ読書。学習面では、苦手分野のまとめプリントを手作りしています。地図帳、ガイドブックも学習につながるようです。家計管理について、少しでもお役に立つ情報をお伝えできたらと考えています。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ