「Tポイント」と「Yahoo!ポイント」の統合で何が変わる?»マネーの達人

「Tポイント」と「Yahoo!ポイント」の統合で何が変わる?

  この7月1日、Yahoo!ポイントがTポイントに統合されました。Yahoo!japanのIDとTポイントの会員番号を紐づけると、Yahoo!japanのログイン欄にTポイントの利用可能ポイントが表示されます。

  ネットのYahoo!とリアルのTポイントが手を組んだことで、日本最大のポイントサービスに。この統合で、利用者のポイントの貯め方、使い方にも変化があらわれそうです。

  CCCカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営するTポイントには、TSUTAYAをはじめ、ガスト、ファミリーマート、ENEOS、ドトールなどが参加。街中で青と黄色のTポイントマークがあふれています。複数の会社が参加していることで比較的ポイントが貯めやすく、使いやすいサービスだといえますし、会員向けサイト「T-SITE」では、様々なキャンペーン情報があふれ、オトクにポイントを貯めることができます。

  Yahoo!japanでは、Yahoo!ショッピングをはじめとしたネットサービスでYahoo!ポイントを貯めることができました。ですが、ネットの世界では楽天の存在は大きく、会員数も2倍ほど。たまにYahoo!ショッピングを利用してポイントが貯まっても、いつのまにか失効していたという方も多いでしょう。

  今回の統合で、使いやすいTポイントならYahoo!japanを利用してもいいかなという機運がうまれそうです。また、Tポイントと提携しているANAのマイレージを貯めている方も、ネットショッピングはYahoo!japanに動くかもしれません

  Yahoo!japanとTポイント、どちらか一方しか会員になっていない方は、この統合を機に両方の会員になって効率的にポイントを貯めていくのも良いかもしれませんね。

「Tポイント」と「Yahoo!ポイント」の統合で何が変わる?

この記事を書いた人

福島 佳奈美 福島 佳奈美»筆者の記事一覧 http://kakeifp.com/

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
1968年生まれ。大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。その後、教育費や保険・家計見直しなどのセミナー講師、幅広いテーマでのマネーコラム執筆、個人相談などを中心に、独立系ファイナンシャルプランナーとして活動している。
<保有資格>CFP、消費生活専門相談員、DCアドバイザー

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ