先週の市況をダイジェストで振り返る(4月第2週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(4月第2週)

先週の情報はこちら

2017/4/10    月


米国の労働統計はここ1年で最も悪く、米国がシニアにミサイルを撃ち込んだこともあり市場はわずかに軟化。

ただし、VIX指数は低いまま。Fed高官がバランスシートの縮小に言及しイールド上昇。

欧州では米国のミサイル攻撃に反応しエネルギー関連や金関連が上昇。

2017/4/11    火


米国ではシリアと北朝鮮の緊張から原油価格が5日連続上昇。米国市場ではエネルギー価格は上昇したが金融株が下落して市場は横ばい。

国債は値を上げ、VIX指数も上昇。4人の候補者による混戦模様となっているフランス大統領選によりフランスのイールドが上昇。

2017/4/12    水


シニア問題と米国が中国抜きで北朝鮮問題に乗り出すリスクから、金、円そして国債といった安全資産が値上がり。

欧州では高級品ブランドが値上がりしたが、テクノロジー・金融関連が軟化して市場は横ばい。

2017/4/13    木


トランプ大統領がインタビューで米ドルが強すぎると発言し米ドルは軟化。

同時に中国が為替操作国ではない、Fedの低金利政策を支持するとも発言しイールド低下。

欧州ではケミカルチャイナとの合併でシンジェンタが大きく値を上げ、緊張緩和の中防衛関連銘柄も上昇。

2017/4/14    金


米国債、原油、米ドルは底堅く、金は値上がり。米国はアフガニスタンのイスラミックステートにも爆撃。

米国では、失業保険新規申請者数が下落し消費者信頼感が上昇したものの株式は軟化。

PPIの上昇が大きくFedの金融引き締めに追い風。欧州市場は銀行関連が軟化して下落。

img6_Apr2017
以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ