中学生で月に13万円 教育費だけじゃない!子どもにかかるお金»マネーの達人

中学生で月に13万円 教育費だけじゃない!子どもにかかるお金

「教育費」だけじゃなく「生活費」も意外とかかる



子どもの教育費が不安だから2人目、3人目は躊躇してしまう…という子育て世代の方は少なくはないでしょう。

高校まで公立、大学は自宅から私立文系という進学コースで、教育費は約1,000万円といわれていますが、進学コースによって大きく変わることは言うまでもありません。

しかも、子育てにかかるお金は教育費だけではありません。食費や被服費、通信費などいわゆる「生活費」にはどれくらいのお金がかかるのでしょう。

少し古いデータではありますが、教育費以外の子育て費用がわかる内閣府の『インターネットによる子育て費用に関する調査』(平成21年)を見てみましょう。

この調査によると、未就園児の年間子育て費用総額は843,225円で、他の層に比べておむつや育児用品にお金がかかるため生活用品費が多くなっています。

また、出産祝いや初節句などのお祝い行事関連費も多めという特徴があります。保育所・幼稚園児では保育費の費用が多く、年間子育て費用総額も1,216,547円と100万円を超えてきています。

そして、中学生になると学校教育費、学校外教育費とも多くなり、年間子育て費用総額も155万5,567円、つまり月に13万円もかかるという計算になります




「教育費以外」も視野に入れたライフプランを



この調査結果を見ると、小・中学生では、食費が支出の1位を占めていますし、衣服・服飾雑貨費や生活用品費、医療費、子供の携帯電話料金など、いわゆる「生活費」の占める割合が、学校教育費、学校外教育費、学校外活動費を合わせた「教育費」の割合と変わらないことがわかります。

子供が成長するにつれて家計が圧迫されてくるのは「教育費」だけでなく、「生活費」も同様にかかっているからだと言えます。

しかも、「生活費」は子どもの成長に従って少しずつ膨らむため増加に気付きにくく、こんなにお金が残らないのは「教育費」がかかるからだ…と思いこんでしまう方が多く見られます

そのような中で、どの層でも子供の将来の貯蓄や保険に年間16万円~20万円回し、将来の学費負担増に備えていることがうかがえます。

「教育費はすごくかかる」、「大学に行くならウン百万貯めなくては…」というような認識が広がっているのでしょう。とても素晴らしいことです。

一方で、「生活費」のような基本的な支出も子どもの成長とともに増えていくこともしっかりと頭に入れ、「教育費以外」も見込んだライフプランを立てることが、より安定した家計につながります。(執筆者:福島 佳奈美)

この記事を書いた人

福島 佳奈美 福島 佳奈美»筆者の記事一覧 http://kakeifp.com/

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
1968年生まれ。大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。その後、教育費や保険・家計見直しなどのセミナー講師、幅広いテーマでのマネーコラム執筆、個人相談などを中心に、独立系ファイナンシャルプランナーとして活動している。
<保有資格>CFP、消費生活専門相談員、DCアドバイザー

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ