MENU

あいおいニッセイの自動車保険を選んで良い?特徴やメリット・デメリットを解説!

自動車の運転をする方は「あいおいニッセイの自動車保険はどうだろう」と考えたことがあるのではないでしょうか。さまざまな保険会社が自動車保険を取り扱うため、加入先には悩みがちです。

国内でも大手の損害保険会社の一つである「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」なら、幅広いリスクのカバーが可能です。万が一の事故対応から日常の安全をサポートする補償まで充実しています。

本記事ではあいおいニッセイ同和損保の自動車保険について、特徴やメリット・デメリットを解説します。安心度の高い自動車保険で大切な家族を守りたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

あいおいニッセイ同和損保とは

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、MS&ADホールディングスの一端をなす損害保険会社です。過去には、複数に及ぶ大手保険会社との合併を繰り返すことにより、規模の拡大を成し遂げてきました。

2001年、当時大手保険会社であった大東京火災海上保険と千代田火災海上保険が合併し、母体となるあいおい損害保険が誕生します。さらに2010年には、ニッセイ同和損害保険との合併を経て現在のあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の姿となりました。

現在あいおいニッセイ同和損保では、火災保険や傷害保険などさまざまな保険商品を取り扱っています。とりわけ自動車保険は、あいおいニッセイ同和損保の顔ともいえるほどの強みを持つ保険分野です。前身である千代田火災海上保険がトヨタ自動車と親密な関係にあった所以にあります。

「全力サポート宣言」を企業メッセージとして掲げるあいおいニッセイ同和損保は、保険商品を通じて日々顧客の満足度につながるサービスを展開しています。

あいおいニッセイの自動車保険「タフ・クルマの保険」の補償内容

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」は、どのような補償内容でしょうか。ここでは、主な補償内容や特約について紹介します。

補償内容の一覧

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の補償内容は、大きく6つの項目にわけられます。6つの項目と補償内容については、次の表のとおりです。

相手への賠償(対人)・対人賠償保険・不正アクセス
・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約
・心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
・対人臨時費用特約
・対歩行者等傷害特約
相手への賠償(対物)・対物賠償保険
・不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約
・心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
・対物超過修理費用特約
ケガの補償・人身傷害保険(自動車事故特約セット)
・人身傷害家族臨時交通費用特約
【オプション】
・入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約
・傷害一時金特約
・交通事故特約
・犯罪被害事故特約
車の補償・車両保険(希望により付加可能)
※車両保険を付加した際は
・車両価額協定保険特約
・車両保険無過失事故特約
・全損時諸費用特約が付帯
【オプション】
・新車特約
・車両超過修理費用特約
・地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約
・「ハートフルリサイクル」(リサイクル部品使用特約)
クルマのトラブルサポート・事故または故障
・トラブルのときのサポート
その他の補償・サービス・他車運転特約
【オプション】
・弁護士費用(自動車事故型)特約/弁護士費用(自動車・日常生活事故型)特約
・日常生活賠償特約
・車内外身の回り品特約・ファミリーバイク(人身傷害型)特約/ファミリーバイク(自損・無保険車傷害型)特約

一般的な自動車保険では、それぞれの内容を組み合わせることで補償を拡充させます。一方、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は基本の補償がすでに充実しています。

いつ発生するかわからない事故に備えるためには、補償の充実度が重要です。事故発生から解決に至るまでの補償やサービスが自動付帯となるあいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、万が一の際も安心できる保険といえるでしょう。

特筆すべき補償内容

万が一に備えるためには、特約の付加を検討しましょう。ここでは、特筆すべき補償内容について5つ紹介します。

対歩行者等傷害特約

対歩行者等傷害特約は、自動車の走行中に歩行者や自転車との事故に遭い、相手を死傷させた場合、対人賠償保険でカバーしきれない部分を補償する特約です。

事故により相手を死傷させた場合、自身の過失分については対人賠償保険で補償します。たとえば、自身の過失割合が8割、相手の過失割合が2割であった場合、対人賠償保険で補償されるのは8割です。

しかし、自動車事故の相手が歩行者や自転車であった場合、相手側の被害が大きくなる可能性も高まります。万が一相手に過失があったとしても、責任割合に対する理解が得られないケースも少なくありません。対歩行者等傷害特約では、相手の過失割合分についても補償します。

対歩行者等傷害特約は対人賠償に自動付加となります。自身のみでなく、相手側も納得できるような補償が得られる特約が対歩行者等傷害特約です。

対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約は、自動車同士の事故に遭い、相手自動車の修理費用が時価額を上回った場合、対物賠償保険でカバーしきれない部分を補償する特約です。

事故により相手自動車に損失を与えた場合、自身の過失分については対人賠償保険で補償します。しかし、時価額を上回った修理費用については対物賠償保険での補償ができません。

時価額とは現在の市場での評価額です。経年や使用による消耗分を差し引くことで、現在の評価額を算出します。とくにクラシックカーやプレミアのついた自動車は、時価額は低いものの修理費用がかさむ傾向にあるのです。

対物賠償に自動付加される対物超過修理費用特約を利用すれば、対物賠償保険で補えない範囲の修理費用にもしっかりと備えられます。

入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約(オプション)

入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約は、事故後の生活を支えるための費用を補填する特約です。家事や介護、育児などに従事できない場合に、次の費用を補償します。

費用の種類支払限度額※被保険者1名につき合計200万円が限度
ホームヘルパー雇入費用1日あたり20,000円
介護ヘルパー雇入費用1日あたり20,000円
ベビーシッター雇入費用合計して1日あたり20,000円
保育施設預け入れ費用
ペットシッター雇入費用合計して1日あたり20,000円
ペット専用施設預け入れ費用
差額ベッド費用1日あたり20,000円
転院移送費用転院1回分、かつ100万円

入院により自宅に帰れない場合も、自宅で待つ家族の生活を補償によってサポートしつつ自身の治療に専念できます。

車両保険無過失事故特約(オプション)

車両保険無過失事故特約は、自身に過失のない場合、等級を下げずに車両保険を利用できる特約です。

一般的な車両保険では、自身の過失の有無に関わらず、翌年の等級が下がります。しかし、オプションの車両保険無過失事故特約を付加しておけば、自身に責任のない事故の場合、翌年の等級を下げることなく車両保険を利用できるのです。

泣き寝入りしがちなもらい事故や不正アクセスを受けた自動車での事故でも、納得して補償が受けられます。

ロードサービス費用特約・代車補償拡張特約

ロードサービス費用特約・代車補償拡張特約は、事故や故障で走行不能になった場合に次のサービス費用を補償する特約です。

特約補償内容
ロードサービス費用特約・宿泊費用(臨時宿泊費用保険金)
・帰宅・移動費用(臨時帰宅・移動費用保険金)
・帰宅・移動費用(臨時帰宅・移動費用保険金)
・修理後の引取費用(修理後引取費用保険金)
代車補償拡張特約・レンタカー費用

レッカーけん引・搬送や応急作業などのロードアシスタンスサービスのみではなく、遠方での事故や急なトラブルにも備えられる特約が自動セットになります。

幅広いトラブルサポートに対応できる点が、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の特徴です。

あいおいニッセイの「タフ・クルマの保険」ロードサービス・事故対応

あいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」は、事故の発生から解決まで安心して依頼できる自動車保険です。ここからは、顧客満足度の高いロードサービス・事故対応について紹介します。

豊富なロードサービス

あいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」は、豊富なロードサービスが自動付帯となる自動車保険です。

自動車を運転する際は事故の補償のみではなく、日常生活での車のトラブルにも備えなければなりません。あいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」で自動付帯となるロードサービスの内容は次のとおりです。

レッカー現場急行サポート・現場から修理工場等までのレッカーけん引・搬送・落輪したときの路面への引き戻し作業
クイック修理サービス・バッテリー上がり
・タイヤのパンク・ガス欠
・キーの閉じ込み、盗難または紛失・その他現場で30分以内の応急作業 

自動車の故障やトラブルも、24時間365日体制でサポートが可能です。万が一見知らぬ場所でトラブルにあった際は、携帯電話やスマートフォンのGPS機能を活用し、車の位置情報を送信できます。

事故のみでなく、ロードサービスも迅速な手配が可能なうえ、品質基準をクリアした業者が現場に急行するため安心です。

レッカー牽引の補償距離

現場から修理工場までのレッカー牽引の補償距離は500km相当です。500kmはおよそ東京から京都までの距離に相当します。

自動車保険の加入先を選ぶ際、多くの方は保険料や補償内容、事故対応を基準として考えるでしょう。しかし、ロードサービスの内容は保険会社によって大きく異なるため、自動車保険の加入先を選ぶ際に重視すべきポイントの1つといえます

一般的な保険会社の場合、レッカー牽引の補償距離は50km〜100kmが大半です。万が一補償距離を超えた場合は自己負担になります。

十分な補償距離を確保できる「タフ・クルマの保険」であれば、遠方での事故や故障にも万全に備えられます。

クルマの安心サポート

クルマの安心サポートは、あいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」を契約している方向けのサービスです。日常のドライブをサポートする相談が可能な電話窓口が用意されています。主なサポート内容と対応時間は次のとおりです。

サポート内容対応時間主な相談内容
健康・医療・介護に関する相談24時間365日・健康・医療の相談・病院情報の提供・夜間休日医療機関情報の提供・介護の相談
法律・税務に関する相談平日13:00~17:00※年末年始を除く・日常生活における法律や税務の相談
ベテランドライバーサポート平日10:00~17:00※年末年始を除く・高齢者講習制度や運転免許更新などの各種情報の提供

ドライブの途中で体調不良になってしまった際、相談窓口に電話すれば全国各地の医療機関の情報を得られるほか、自動車を運転するうえでのさまざまなサポートが可能です。

「タフ・クルマの保険」では、自動車保険をより身近に感じられる補償が充実しています。

あいおいニッセイ同和損保の独自サービス

あいおいニッセイ同和損保では、他社の自動車保険にはない独自サービスを展開しています。

ここからは、ぜひ知っておきたい独自サービスの内容について紹介します。

タフ・クルマの保険プラス(ドラレコ型)

「タフ・クルマの保険プラス(ドラレコ型)」は、近年必要性が高まるドライブレコーダーを活かした独自の自動車保険です。

最大の特徴は、事故の衝撃を検知した際、ドライブレコーダーの通信機能を利用して瞬時にコールセンターへ連絡ができる点です。安否確認後、事故の対応アドバイスやレッカー牽引・搬送などの手配までサポートを受けられます。

また、センターラインをはみ出した場合や逆走時の安全運転支援アラートに加え、安全運転を続けると割引も受けられるメリットもあります。

ドライブレコーダーはあいおいニッセイ同和損保から貸し出されるため、あらためて購入する必要はありません。本来の目的である事故や当て逃げの証拠を残すことはもちろん、ドライブレコーダーを最大限に活用できる独自のサービスです。

あいおいニッセイの自動車保険のメリット

ここからは、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険を契約するメリットについて紹介します。加入を検討する際の判断材料として参考にしてください。

補償内容が充実している

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は自動付帯の補償が多く、内容が充実しています。必要な補償は十分備わっているため、あれこれ悩んで補償を組み合わせる必要がありません。

事故の際の補償はもちろん、ドライブ中のサポートやロードサービスなども手厚く、自動車の運転に心の余裕が持てます。大手ならではの信頼感もあり、万が一の際には頼れる存在になることでしょう。

24時間365日の対応

24時間365日のサポート対応で万が一事故に遭った際も安心です。

多くの自動車保険では事故受付時間を24時間と謳っているため、あまり重要視しない方も多いでしょう。しかし、事故が起きた際におこなう病院や救急車の手配、警察への連絡、レッカーの手配などの初動対応は日中のみである保険会社が大半です。

万が一、保険会社の初動が翌日になる場合、当日の事故対応はすべて自身で手配しなくてはなりません。事故直後は気が動転しやすく、冷静な判断や行動が難しくなります。ニッセイ同和損保では、夜間や休日であっても事故専任のスタッフが迅速に対応するため安心です。

いつ発生するかわからない事故に備える保険だからこそ、万が一の際の事故対応について事前にしっかりと把握しておきましょう。

あいおいニッセイの自動車保険のデメリット

あいおいニッセイの自動車保険のデメリットは、他社と比べた際に保険料が高くなりがちな点です。

とりわけインターネットで契約が完結するダイレクト型自動車保険の保険料と比べると高額になる傾向があります。しかし、あいおいニッセイ同和損保と他社の自動車保険を比較した際に大きく異なる点は、安心できる事故対応と充実した補償内容です。

保険料は事故や故障などのトラブルが発生した際の対応に比例するといっても過言ではありません。事故はいつ発生するかわからないからこそ自動車保険での備えが重要です。事故が起きた場合に生じるすべての対応を担当者に任せられる安心感は、保険料に変えられないものでしょう。

また、充実した補償内容についてもあいおいニッセイの自動車保険が選ばれ続ける理由の1つです。自動車保険に不安を抱える方でも、豊富な補償や特約に不足を感じることはないでしょう。

あいおいニッセイの自動車保険は、保険料以上の安心や納得が得られるからこそ多くの方の支持を得ています。万が一に備える保険だからこそ、選ぶ基準について今一度考えてみることをおすすめします。

あいおいニッセイの自動車保険の新規加入手続きの流れ・手順

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、損害保険代理店を介して加入する「代理店型自動車保険」です。インターネットでの見積もりや申し込みは手続きができないため、注意しましょう。

ここからは、あいおいニッセイ同和損保での自動車保険の新規加入手続きの流れ・手順について紹介します。

1:見積もり

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険へ加入する場合、まずは見積もりをとり、自身に合った補償内容を比較します。

見積もりはあいおいニッセイ同和損保の代理店もしくは営業所での依頼が可能です。公式サイトから自身の自宅や職場など生活圏内から近い店舗を見つけられます。

見積もりを依頼する際は、次の書類が必要です。

  • 車検証
  • 免許証
  • 自賠責保険証明書
  • 加入中の自動車保険証券

型式や初度登録年月など保険の見積もりを取る際に欠かせない情報が載っているため、忘れずに持参しましょう。

2:契約

見積もりをとり、自身の納得できる補償プランが完成したら契約にうつります。

契約は見積もりと同様、あいおいニッセイ同和損保の代理店もしくは営業所での手続きが可能です。見積もり書を持参すれば、よりスムーズに契約ができます。

すでに他の自動車保険に加入中の方は、現在の契約が満了する前に余裕をもって契約をおこないましょう

3:契約者専用ページの登録

「ご契約者さま専用ページ」では、契約者向けのWebサービスを利用できるようになります。次のURLから登録可能です。

参考:ご契約者さま専用ページの新規登録

「ご契約者さま専用ページ」へログインすると、Web上での契約内容の確認や事故連絡の手続きができるようになります。契約が完了したら、登録を済ませておきましょう。

あいおいニッセイ同和損保はこんな方にオススメ

あいおいニッセイ同和損保の特徴やメリット・デメリットを踏まえたうえで、おすすめな方を紹介します。ぜひ参考にしてください。

運転スキルに自信がない方

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、運転スキルに自信がない方向けの補償やサービスが充実しています。

ドライブ中にトラブルが発生した場合、自動付帯となる「クルマの安心サポート」を利用した電話での相談が可能です。遠方で具合が悪くなった際も、全国各地の病院の情報を提供しています。

事故や故障以外の困り事でも24時間365日経験豊富な専門スタッフが対応するため、心強い味方となってくれるでしょう。

また、あいおいニッセイ同和損保は、安心なカーライフを送るためのロードアシスタンスサービスが自動付帯になります。普段あまり自動車を運転しない方や運転免許を取得したての方でも、心に余裕を持ってドライブを楽しめるでしょう。

オプションを充実させたい方

あいおいニッセイ同和損保では、自動車事故以外の日常生活に対する補償を充実させるオプションも多数あります。

自転車を運転する方や小さな子どもがいる家庭におすすめの特約が「日常生活賠償特約」です。自転車走行中に他人にけがを負わせてしまったり、ショッピング中に商品を壊してしまったりして賠償責任が発生した際に補償を受けられます

さらに「弁護士費用(自動車・日常生活事故型)特約」を付加すれば、自動車事故のみではなく日常生活の事故でけがを負ったり、物を壊されたりと思わぬ被害にあった場合も安心です。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、事故以外の場面でも生活をサポートする補償が充実しています。

補償内容を決められないのでお任せしたい方

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、自身で補償内容を決められず、プロにお任せしたい方におすすめです。

自身で自動車保険を契約しようとすると、どのような補償内容が最適なのか迷いがちです。保険料を気にするあまり、必要な補償内容を見落として万が一の際に役立たない可能性もあります。

損害保険代理店を介して加入するあいおいニッセイ同和損保は、担当者と対面で補償内容を検討しながら契約できます。プロの視点から見た補償内容に加入すれば、万が一の際も安心です。

他の自動車保険が気になる場合は比較をしてみる

他の自動車保険が気になる場合は、一度比較をしてみることをおすすめします。

継続や更新をする機会が近づくと「保険料や補償内容が自身に見合っているのか」と悩むことも多いでしょう。自動車を所有する限り、自動車保険とは長い付き合いになります。他の自動車保険が気になる方や自身の加入している補償内容に不安がある方は、一度見積もりサービスの利用をおすすめします。

一括見積もりサービスを利用すれば、複数の自動車保険の同時比較が可能です。Webから無料で利用できるため、自動車保険に迷った際はぜひ利用しましょう。

まとめ

いつどのような場面で発生するかわからない自動車事故は、一見自身には無縁のように思えるため、補償がおろそかになることも少なくありません。事故に遭わないことが最善ですが、万が一の事態は決して予期できぬものです。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は、万が一のときのリスクをフルカバーする魅力的な補償内容や特約が充実しているため、安心して遠出や旅行ができます

自動車保険に迷った際は一括見積もりサービスの利用も視野に入れ、お守り代わりとなる補償でしっかりと事前の対策をおこなうようにしましょう。

※本記事の情報は2022年12月時点のものです。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
あいおいニッセイ同和損害保険株株式会社公式HP

目次