MENU

18歳の自動車保険の相場は高い?保険料を安くする方法も紹介!

18歳で運転免許を取得し、自動車保険への加入を検討している方は多いでしょう。

結論からお伝えすると、保険料は他の年齢層より高いです。

本記事では、18歳の自動車保険の相場と共に、保険料を安く抑える6つの方法を紹介します。最後までお読みいただければ、保険料の負担を軽減できるようになるでしょう。

たまにしか運転しないという方におすすめの自動車保険も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

18歳の自動車保険の相場は年間約20万円〜40万円

18歳の自動車保険料は年間約20万円〜40万円が相場で、他の年齢層よりも高いです。

補償内容や車種によっても保険料に違いが生じてくるため、あくまで参考程度に押さえていただく必要がありますが、実際に高額な保険料の支払いを負担に感じている方も多いのではないでしょうか。

他の年齢層と補償内容が同じでも、18歳の自動車保険料が高額になる理由は次項から詳しく解説します。

18歳の自動車保険が高くなる理由

18歳の自動車保険料が高いのは、次の3つが主な理由です。

  • 事故リスクが高い年齢層のため
  • 新規加入時は自動車保険の等級が低いため
  • 適用できる割引が少ないため

それぞれの項目ごとに、自動車保険が高額になる理由を紐解いていきましょう。

年齢が若く事故リスクが高いとみなされる

18歳の方は自動車免許を取得したばかりで、他の年齢層と比較すれば運転経験が少ないです。

内閣府が公開している年齢別の事故発生件数(平成30年度)を見てみると、30歳〜39歳が2.9件なのに対し、16歳~19歳は11.4件と3倍以上の開きがあります。

このような実情に基づき、年齢層が若いほど事故リスクが高いとみなされ、自動車保険料があらかじめ高く設定されているのです。

新規加入で等級が低い

基本的に、自動車保険には1等級から20等級までのランク制度が設けられています。新規加入する方は原則6等級のスタートとなるため、他の年齢層よりも保険料が割高になってしまうのです。

等級は無事故歴に応じて変動する仕組みで、数字が多くなるほど割引率が増え、保険料が安くなります。

高齢者も事故リスクは高いですが、18歳の方よりも自動車保険料を安く抑えやすいのは、等級の違いが主な理由と言えるでしょう。

使える割引が少ない

自動車保険料の割引の1つに年齢条件があります。

年齢条件は21歳以上から適用できる割引制度で、運転できる年齢層を限定することで保険料を安く抑えられるのが特徴です。

必然的に18歳の方は「全年齢」を選択するしかなく、年齢条件による割引制度が利用できません。

このように、お得な割引制度の利用対象から外れていることも、18歳の自動車保険料が高くなる理由です。

18歳の自動車保険を安くする方法

年間約20万円〜40万円の自動車保険料が発生するともなれば、負担は相当なものになるでしょう。

しかし、18歳の自動車保険を安く抑える方法がいくつか存在するのも事実です。

それぞれの内容をチェックして、少しでも負担を少なくしていきましょう。

家族の保険に子供を入れる

最初に紹介するのが、親名義の自動車保険に加入する方法です。この方法のメリットは、セカンドカー割引を利用できるところにあります。

セカンドカー割引は、7等級から自動車保険をスタートするもので、通常よりも保険料を安く抑えられる割引制度です。早速、セカンドカー割引の主な適用条件を見ていきましょう。

  • 1台目が保険開始のタイミングで11等級以上あること
  • 2台目の所有者が1台目の記名被保険者か、その配偶者の同居親族
  • 2台目が新規契約車両であること

等級は無事故で契約満期を迎えるごとに上がるため、1等級上げるには最低でも1年間必要です。

両親と同居しているなど、セカンドカー割引を適用できる環境にある方は、お得に自動車保険の加入を進めてみましょう。

家族の等級を引き継ぐ

自動車保険の等級は、同居家族への引き継ぎが可能です。

前述したとおり、無事故のベテランドライバーほど等級が高くなります。詳細条件により割引額は異なりますが、最高位の20等級にもなれば、6割ほど安い保険料に抑えられるケースが少なくありません。

親から等級を引き継いだ際、親の保険料自体は割高になりますが、家族全体の保険料を鑑みると安く節約できる可能性が高いです。

特に18歳の自動車保険料は高額になってしまうため、できるだけ安く抑えたい場合は等級の引き継ぎができないかを同居親族へ相談してみましょう。

契約の補償内容を見直す

保険料を安くするには、必要な補償内容を見直すことも大切です。

例えば、車両保険ひとつとっても補償内容には違いがあります。自転車や電柱との接触事故を補償に含むものから、火災や盗難などの一部補償に限定したものなど、そのタイプは様々です。

補償内容が充実するほど保険料は高くなるため、自身にとって本当に必要なものか見極めたうえで契約を進めることが、自動車保険料節約のポイントと言えるでしょう。

運転者の範囲を限定するなど条件を変えてみる

自身の他に車を運転する方がいなければ、「本人限定特約」にして自動車保険を契約するのもおすすめです。

運転手を限定しない場合と比較して、約8%ほどの保険料節約効果が見込めます。ただし、限定した運転手以外が起こした事故には、自動車保険が適用できなくなるので注意してください。

限定範囲は「家族」や「本人・配偶者」など複数あるため、状況に応じて必要な特約を選択しましょう。

ダイレクト型を選ぶ

自動車保険は主に「ダイレクト型」と「代理店型」の2種類に分かれています。

「ダイレクト型」はインターネットや電話で加入申し込みができるため、代理店の手数料を抑えた安い保険料で契約を進められるのがメリットです。加えて、複数社からの見積もりも簡単に徴収できるため、より安い自動車保険を見つけやすくなります。

「代理店型」には担当者と相談しながら補償内容を決められるメリットがあるものの、保険料に代理店の手数料が反映されることから割高になる可能性が高いでしょう。

保険料を安くしたい18歳の方は、「ダイレクト型」を選んで複数の見積もりから、お得な保険会社と契約を進めていくのがポイントです。

保険料の安くなる車種を選ぶ

これから自動車を購入する場合は、保険料の安い車種を選ぶのも1つの手段です。

多くの保険会社は、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)の搭載車種に割引を適用しています。割引率は概ね9%ほどで、型式が発売されてから3年以内であることが基本条件です。

また、軽自動車は普通自動車より保険料を安く抑えられる傾向にあります。燃料費や税金など各種維持費の節約も見込めるため、車種を選ぶ際の参考にしてください。

おすすめの自動車保険会社3選

自動車保険を安く抑える方法をチェックしたところで、おすすめの保険会社について見ていきましょう。

ここでは、割引制度や補償内容が充実しているおすすめの3社を厳選しました。

どこの保険会社にすべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

三井ダイレクト損保

公式サイトhttps://www.mitsui-direct.co.jp/
契約型ダイレクト型
ロードサービス拠点約4,300か所
示談交渉サービスの有無
現場駆けつけサービスの有無
事故受付対応時間24時間365日

三井ダイレクト損保の特徴は、ダイレクト型による中間コストを省いた保険料に加え、充実した各種割引を適用できることです。

WEBサイトから自動車保険を申し込むことで最大1万円、継続契約の回数ごとに割引率が上がる割引などもあります。初年度はもちろんのこと、翌年以降にかけても安い保険料で契約を進めたい方におすすめの自動車保険です。

事故対応に関する評判も良好で、94.8%が満足と評価しています。「丁寧かつ的確なアドバイスをもらえた」「初めての事故だったけど安心して任せられた」などの口コミが寄せられており、高い信頼を集めていることもポイントと言えるでしょう。

SBI損保

公式サイトhttps://www.mitsui-direct.co.jp/
契約型ダイレクト型
ロードサービス拠点約10,300箇所
示談交渉サービスの有無
現場駆けつけサービスの有無
事故受付対応時間24時間365日

SBI損保はオリコン顧客満足度調査(2022年)にて、自動車保険料部門第1位に輝いた実績を持っています。

98.6%の顧客が保険料に納得と回答し、他社から乗り換えた際の節約効果は平均22,950円と高額。また、インターネット割引と証券不発行割引を合算すれば、保険料が14,500円安くできます。

ロードサービスがすべての契約に無料付帯しているため、事故で走行不能に陥った際も安心です。さらに、3年以上の継続契約と一定条件を満たすことで、紛失時の合鍵作成やペット宿泊費サービスといった、業界最高水準のロードサービスにアップグレードできます。

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

公式サイトhttps://www.mitsui-direct.co.jp/
契約型ダイレクト型
ロードサービス拠点約13,000箇所
示談交渉サービスの有無
現場駆けつけサービスの有無
事故受付対応時間24時間365日

おとなの自動車保険の特徴は、親の保険料を基本に18歳の方を補償範囲へ追加できることです。

自動車保険に対象者を追加した場合、事故率の高い方に合わせた保険料として割高になるのが一般的ですが、おとなの自動車保険なら上がり幅を抑えた契約が可能になります。

また、1歳刻みの料金体型を採用しており、事故率の低い40代〜50代が割安なことから、家族全体としても保険料の節約効果が見込めるでしょう。

走行距離も保険料に反映されるため、過去1年間で10,000km以下の方は、よりお得になります。「職場が近く、自動車をほとんど利用しない」「車を運転するのは休日だけ」といった両親とお住まいの方は、加入について相談してみるのがおすすめです。

たまにしか運転しないなら1日自動車保険もおすすめ

18歳で普段運転する機会が少ない方は、1日自動車保険に加入するのがおすすめです。

ここでは3つの要点に絞り、1日自動車保険の特徴を紹介していきます。

必要な時に1日単位で契約できるからお得

1日自動車保険は、必要なときに1日単位で加入できる保険です。

保険会社ごとに補償内容やプランは異なるものの、1日あたり800円程度でお得に加入できる魅力があります。

等級引き継ぎや補償内容見直しなどの方法を紹介してきましたが、たまに1日〜2日運転するだけという方は、1日自動車保険を利用した方が保険料を安くできる可能性が高いです。

Webやコンビニから加入できる

1日自動車保険には、加入手続きを簡単にできるメリットがあります。

基本的にWEB申し込みを受け付けているため、スマートフォンさえあれば、いつでも手続きが進められます。保険会社が指定するコンビニなら買い物ついでの加入もできて便利です。

急に友人の車を運転することになっても当日から契約できるので、1日自動車保険を上手く活用しながら、お得なカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

車両保険など各種オプションもつける事ができる

1日自動車保険には、事故で車両が破損した際の補償も付加できます。

これは借用車両の復旧費用に充てられるもので、1回の事故における限度額は300万円程度。免責金額として10万円程度の自己負担が伴いますが、友人から借りた車を安心して運転するには、ぜひとも加味しておきたい補償内容と言えます。

車両補償をつけるには、登録から8日ほどの期間を要する場合が多いため、運転スケジュールが決まった際は早めに加入手続きを進めるのがポイントです。

おすすめの1日自動車保険3選

1日自動車保険の特徴がわかったところで、どこの保険会社を利用すべきか迷っている方は多いでしょう。

ここでは、手軽に加入できて補償内容が充実している3社を厳選しましたので、是非参考にしてください。

ちょいのり保険(東京海上日動火災保険)

公式サイトhttps://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/
示談交渉サービスの有無
ロードサービスの有無
車両補償
料金(1日あたり)シンプルプラン:800円
レギュラープラン:1800円
プレミアムプラン:2600円
支払い方法・クレジットカード
・携帯料金と合算(ドコモ、au、ソフトバンク)

ちょいのり保険は、スマートフォンから10分ほどで気軽に申し込める1日自動車保険です。

ニーズに合わせて補償内容を選べる3プランが用意されており、1回の申し込みで最長7日間加入できます。プレミアムプランには弁護士費用特約がついているため、示談交渉も安心して任せられるでしょう。

利用日数に基づき、東京海上日動の自動車保険を最大20%割引できる制度もあるので、将来的に車を購入予定の方にもおすすめです。

乗るピタ!(損保ジャパン)

公式サイトhttps://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/
示談交渉サービスの有無
ロードサービスの有無
車両補償
料金(1日あたり)ライトプラン:1,000円
基本プラン:2,700円
安心プラン:3,500円
支払い方法・クレジットカード
・PayPay

乗るピタ!は、12時間単位で申し込み可能な1日自動車保険です。

いずれのプランも対人・対物無制限で、借用車両が走行不能になった際の応急処置費用15万円までを補償する特約がついています。加えて、安心プランはレンタカー費用も補償する充実ぶり。

臨時被保険者の特約も選択できるため、複数人での長距離ドライブにも最適です。

1DAY保険(三井住友海上火災保険)

公式サイトhttps://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/
示談交渉サービスの有無
ロードサービスの有無
車両補償
料金(1日あたり)エコノミープラン:800円〜
スタンダードプラン:1,000円〜
プレミアムプラン:2,500円〜
支払い方法・携帯料金と合算(ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile、UQmobile)
・コンビニ支払い(セブンイレブン)

1DAY保険の特徴は、契約回数に応じて無事故割引を受けられることです。2回目の利用から割引が適用でき、20回以上の契約で最大2万円程度お得になります。

スマートフォン、あるいはセブンイレブンのマルチコピー機から申し込み可能で、3大キャリアを始めとした各種格安SIMによる支払いにも対応。

ロードサービスには、ガス欠に伴うガソリン補給や、宿泊を要する場合の補償が付帯していることも嬉しいポイントです。

安い自動車保険を探すなら一括見積もりがおすすめ

18歳以下の方は保険料が高額になるため、複数社の見積もりを比較するか否かで、保険料に大きな違いが生じてくるでしょう。

ダイレクト型の自動車保険なら見積もりを簡単に徴収できるものの、 比較対象が多くなれば自ずと時間や労力が必要になってきます。

そこでおすすめなのが、一括見積もりサービスを利用することです。必要な補償内容を設定するだけで、安く契約できる自動車保険を複数社から効率的に見つけられます。

なるべく手間をかけず安い自動車保険を契約したい方は、ぜひとも一括見積もりサービスを利用してみましょう。

まとめ

18歳の方が自動車保険を安くする方法について、紹介してきました。

本記事のポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 家族名義の保険加入、等級引き継ぎで自動車保険へお得に加入できる
  • 補償内容の見直しや割引対象の車種を選ぶと保険料を安く抑えられる
  • ダイレクト型は中間コストがないため保険料が安い
  • 運転機会が少ない方は1日自動車保険がおすすめ

18歳の方は事故リスクが高く、低い等級で自動車保険がスタートすることから、保険料が高くなってしまいます。

本記事で紹介した方法を活用しながら自動車保険を安く抑えつつ、安心できる補償内容で契約を進めていきましょう。

※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>

目次