MENU

三井ダイレクト損保の自動車保険の評判は?サービス・補償内容・メリットを紹介

目次

三井ダイレクト損保の自動車保険とは?

ここでは三井ダイレクト損保の自動車保険の事業内容や実績について詳しく説明していきます。

MS&ADグループの通販型専門の損害保険会社

MS&ADの正式名称は、MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社です。

傘下に三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、三井ダイレクト損害保険の3つの損害保険会社を収める保険持株会社です。

三井ダイレクト損保は3大メガ損保のひとつに数えられるMS&ADグループの一員です。利用者から安心・信頼して利用できると評判が高い、通販型専門の損害保険会社です。

通販損保初の五つ星認証を取得

2018年12月、三井ダイレクト損保はHDI-Japan(※)の『五つ星認証プログラム』において、通販型損保業界初となる『問い合わせ窓口』と『Webサポート』の二部門で『五つ星認証』を取得しています。

コンタクトセンターがリーダーシップを発揮し、従業員のパフォーマンスやサービスの改善を推進していることなどが認められたことが快挙の理由といえます。

(※)HDIとは、ITサポートサービスにおける世界最大の国際認定機関です。HDI-Japanは、HDIの日本における団体として位置づけられています。

三井ダイレクト損保の自動車保険のサービス・補償内容

三井ダイレクト自動車保険には利用者にとって便利で嬉しい補償とサービスが充実しています。詳しく説明していきましょう。

三井ダイレクト自動車保険の3つの補償

三井ダイレクト自動車保険には3つの補償を設計できます。

相手への補償「対人賠償保険・対物賠償保険」

相手への補償として、対人賠償保険と対物賠償保険があります。

対人賠償保険は、他人を死傷させたときの賠償保険です。法律で定められた自賠責保険などの強制保険で支払われる金額の超過部分に対して、保険金を支払います。

対物賠償保険は、他人の家屋・自動車、ガードレールといった他人の財物に損害を与えたときのための賠償保険です。

自身への補償「人身傷害保険・搭乗者傷害保険」

自分自身への補償として、人身傷害保険と搭乗者傷害保険があります。

人身傷害保険は、自動車事故によってご自身やご家族が死傷されて、実際に生じた損害を補償します。

搭乗者傷害保険は、契約中の車に搭乗中の方が自動車事故によって、怪我や死亡した場合にあらかじめ定められた金額が補償される定額タイプの保険です。

車両への補償「車両保険」

車両保険とは、契約中の車が事故によって損害を被った時や盗難にあったときに保険金を支払う保険です。三井ダイレクト損保では、契約者の約6割が車両保険をセットで申し込んでいます。

三井ダイレクト自動車保険のサービス内容

三井ダイレクト自動車保険のサービスには次の3つがあります。

レッカーサービス

契約している車が事故もしくは故障で自力走行が不能となったとき、四輪自動車であれば、レッカー車が出動して現場からロードサービスセンターが指定する修理工場まで、距離の制限なくけん引します。

利用者が修理工場等を指定される場合は、実走距離50kmを限度としてけん引します。

車両トラブル緊急対応サービス

契約中の車のキーの閉じ込み、バッテリー上がりなどの偶然によるトラブル・故障が起きたときに、現場で簡易作業を行います。

パンクであれば、スペアタイヤへの交換作業を行います。落輪の引き上げ(2万円まで)や、30分程度の簡易作業などが対象です。

利用者がJAF会員であれば、原則としてJAFへの取次をロードサービスセンターが行います。

もちろん、その後JAF会員サービスを利用できます。30分を超える作業料金・部品代金などは、4,000円を限度として負担してもらえます。

ガス欠補給サービス

ガス欠が起こったときに駆けつけて、ガソリンを補給してくれるサービスです。その際、10リットルのガソリンを届けてくれます。ただし、ガソリン代は利用者の負担となります。

その他の特約

『他車運転特約』は、一時的に借りた車を自身の車とみなす特約です。他者の車を一時的に借りて運転中、事故に遭ったときに補償されます。

他者の車による自動車事故でも、三井ダイレクト損保の自動車保険が補償されるため、安心してください。

一般的な特約として、『弁護士費用補償特約』『搭乗者傷害Wケア特約』『対物超過修理費用補償特約』『車対車免責ゼロ特約』『無保険車傷害特約』などがあります。

ファミリータイプの特約には『ファミリー傷害特約』と『ファミリーバイク特約』があります。万が一に備えて、検討してみてはいかがでしょうか。

三井ダイレクト損保の自動車保険の連絡先一覧

三井ダイレクト損保の自動車保険に関する相談は、次の連絡先を利用してください。

相談内容連絡先
事故にあった場合
事故受付センター 0120-258-312
(24時間365日)
故障等トラブル発生時
ロードサービスセンター 0120-638-312
(24時間365日)
契約の変更・確認
お客さまセンター 0120-312-750
※海外・IP電話から 047-631-2612(有料)
平日9:00~20:00 
土日祝9:00~18:00
保険金請求
安心サポートグループ(医療保険)0120-312-371
平日9:00~17:00 
土日祝休み
継続・中断証明書の手続き
お客さまセンター 0120-312-750
※海外・IP電話から 047-631-2612(有料)
平日9:00~20:00 
土日祝9:00~18:00
相談・苦情
お客さま相談デスク 0120-312-770
平日9:00~17:00
土日祝休み
見積もり・申し込み
新規お見積もり専用ダイヤル 0120-280-921
平日9:00~20:00 
土日祝9:00~18:00

三井ダイレクト損保の自動車保険を契約するメリット

三井ダイレクト損保の自動車保険を契約するメリットは数多くあります。詳細について説明していきます。

ダイレクト型だから保険料が安い

通常の保険の場合、代理店への手数料をはじめとして、さまざまなコストが保険料に上乗せされ高くなっています。三井ダイレクト損保のようなインターネットによる通販型保険ならば、そのような中間コストがないため保険料が安くなります。

契約者にはお得なサービスがある

契約者にはお客さま専用の『Myホームページ』を使用すると、契約内容の照会・変更などの手続きがいつでも簡単に利用できます。

住所や連絡先の変更、車の買い替え、 2台目以降の見積もり、事故経過の確認、契約内容の変更・継続などを行う際にとても便利でしょう。

また、契約者が利用できるサービス『三井ダイレクト損保クラブオフ』を用意されています。

宿泊施設・レジャー施設など、国内外の20万ヶ所以上ある優待対象施設(宿泊施設、レジャー施設、レストラン、クルマサービスなど)を特別割引価格で利用できます。本人だけでなく、家族や友人も特別割引価格で利用できます。

カーライフがもっと楽しくなる情報や節約術といった、今すぐ使える便利な情報が満載のメールマガジンを配信しています。

17か国語の「多言語事故対応サービス」

事故の相手方が外国人の方であっても、17か国語の多言語事故対応サービスでバックアップしてくれます。三者間通話を行って、事故対応をスムーズに進められるため、安心してください。

対応言語は次の17か国語です。

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、マレー語、クメール語、ミャンマー語です。

24時間365日事故対応をしてくれる

事故の受付は24時間365日行っています。事故が万一あったとき、物件事故・人身事故の専任スタッフがあなたの代わりに事故対応をしてくれます。

また、『Myホームページ』の『安心メッセージボード』を利用すれば、事故対応の進捗状況の確認や、専任スタッフへの質問や相談ができます。

ただし、いずれの場合も契約者に賠償責任が発生しない被害事故は除くため注意しましょう。

契約者向けスマホアプリ『三井ダイレクト損保アプリ』からも『安心メッセージボード』を確認できます。担当者からの連絡をプッシュ通知で確認することができます。

お得な割引サービス

契約者に向けた次のようなお得な割引サービスを提供しています。

インターネット契約割引

三井ダイレクト損保のWebサイトで自動車保険をお申し込みいただいた場合には、インターネット契約割引が適用されます。

eサービス割引

eサービス(証券不発行)特約を選択すると、保険証券兼領収証の発行が省略され、保険料が500円割引となります。月払いの場合は、この割引を適用した金額を基準にして月払保険料を計算します。

契約内容等は、契約者専用の『Myホームページ』か『スマホアプリ』で確認できます。

eサービス(証券不発行)特約はインターネットでの申し込みのみ適用対象となります。eサービス(証券不発行)特約をセットされた場合、約款のしおりは送付されません。

普通保険約款・特約についてはWebサイトで確認してください。継続に関する書類などに関しても送付はありません。満期に関するお知らせのハガキのみ送付します。

ASV割引

ASV割引は、契約者の車が所定の条件を満たす場合のみ、適用される割引です。割引率は9%です。ASV割引が適用されると、保険料をより安く抑えられます。

契約者の契約内容によっては、9%より低い割引率になる場合もあります。

価格.com「自動車保険満足度ランキング」で高評価

価格.com自動車保険 満足度ランキング(2022年)

順位総合満足度保険料満足度補償内容満足度顧客対応満足度事故対応満足度
総合満足度保険料満足度補償内容満足度顧客対応満足度事故対応満足度
1位セゾン自動車火災保険セゾン自動車火災保険セゾン自動車火災保険ソニー損害保険ソニー損害保険
2位ソニー損害保険SBI損害保険ソニー損害保険セゾン自動車火災保険AIG損害保険
3位三井ダイレクト損害保険チューリッヒ保険会社イーデザイン損害保険イーデザイン損害保険三井住友海上火災保険
4位イーデザイン損害保険三井ダイレクト損害保険三井ダイレクト損害保険あいおいニッセイ同和損保セゾン自動車火災保険
5位チューリッヒ保険会社楽天損保アクサ損害保険東京海上日動火災保険損害保険ジャパン

総合満足度、保険料満足度、補償内容満足度、顧客対応満足度、事故対応満足度から構成されている、価格.COMが選んだ『自動車保険 満足度ランキング(2022年)』において、三井ダイレクト損害保険は総合満足度で第3位を獲得しました。

保険料満足度と補償内容満足度でも第4位になるなど、高く評価されています。

三井ダイレクト損保アプリが便利

契約者向けスマートフォンアプリ『三井ダイレクト損保アプリ』のサービスを提供しています。

各種契約手続き、事故・故障時の連絡、事故担当者とつながる『安心メッセージボード』、オフラインでも使用できる契約照会、契約者専用優待サービス『クラブオフ』などが利用できます。煩わしい契約更新手続きが簡単にできます。

普段は持ち歩かない保険証券をオフライン時や回線速度が遅い環境でも確認できます。ただし、オフライン時は前回ログインの内容が時点表示されます。

お客さま専用ページ『Myホームページ』のパスワードは、一度ログインすれば2回目以降は生体認証(顔認証・指紋認証)で簡単にログインできます。

事故対応時のコミュニケーションツール『安心メッセージボード』の更新をプッシュ通知で受け取れます。そのまま安心メッセージボードの更新も可能です。

また、ロードサービスを利用する際には、トラブル発生地点の位置情報をロードサービスセンターに通知できます。

車両入替や登録番号変更時には、スマホのカメラで車検証記載のQRコードを読み取ることで、記載内容を瞬時に手続き画面に取り込めます。

現在地周辺で利用可能な契約者専用優待サービス『三井ダイレクト損保クラブオフ』のレストラン・レジャー施設などのクーポンを確認できます。

三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ・評判

三井ダイレクト損保の自動車保険は質の高いサービスの提供や、ブランドメッセンジャーに本田翼さんを起用したテレビCMなどを通じて実績・知名度が上昇しています。

その影響によって、SNS上ではさまざまな意見が飛び交っています。ここではいくつかの意見を紹介していきます。

三井ダイレクト損保の自動車保険に関する良い口コミ

三井ダイレクト損保の自動車保険に関する悪い口コミ

三井ダイレクト自動車保険の新規加入手続きの流れ・手順

三井ダイレクト自動車保険の新規加入手続きはとっても簡単です。インターネットからのお手続きで最大10,500円の割引となります。ただし、この額は『インターネット契約割引』(最大10,000円)と『eサービス(証券不発行)割引』(500円)の両方を適用した最大の割引金額です。

1:見積もりを行う

三井ダイレクト損保を初めて利用する方は、過去1年間の年間走行距離と積算走行距離計(オドメーター)の値と、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)の有無を事前に確認してください。

そして、車検証、主に運転される方の運転免許証、保険証券または現在の契約内容情報がわかるものをお手元に用意しておきましょう。

自動車保険に初めて加入する場合は、保険証券と過去1年間の年間走行距離の値は不要です。

三井ダイレクト損保Webサイトで見積保存をされた方は、保存済のお見積もり内容の確認・修正、お申し込み手続きをクイックナビゲーションから行うようにしてください。お申し込みまでの手続きが可能です。

上記のケースに当てはまらない方も、三井ダイレクト損保のホームページから見積もりができます。

2:申し込み手続き

見積もりの確認・修正、お申し込み手続きはクイックナビゲーションから行ってください。インターネットで見積もりをした場合、見積書や申込書は送られてきません。

必要な方は別途、見積もり結果やお申し込み内容を、ご自身で印刷してください。

3:手続き完了

上記の手続きを行えば完了です。短い時間でスムーズに手続きが行えるため、とても便利です。

三井ダイレクト自動車保険に関するよくある質問

ここでは三井ダイレクト自動車保険に関して数多く寄せられる質問について回答していきます。

自動車保険にロードサービスはついていますか?

自動車保険の契約者を対象に、ロードサービスを提供しています。

このロードサービスは、新規契約者はもちろん、三井ダイレクト損保の自動車保険やバイク保険を契約しているすべての契約者にも適用されます。

三井ダイレクト自動車保険についている、主なロードサービスは次の5つあります。

(1)レッカーサービスの無料けん引の距離を拡大

上限10kmのレッカーサービスの無料けん引距離を、ロードサービスセンター指定の修理工場までは距離制限なしに変更しています。利用者が修理工場を指定する場合の限度は30kmまでとします。

(2)同一箇所のトラブルへの90日制限の対象範囲を縮小

90日制限の適用を、車両トラブル緊急対応サービスにおけるバッテリー上がりの際のエンジン再起動、ガソリン10リットルサービスのみです。その他のサービスに関しては、90日制限の適用を廃止します。

(3)車両トラブル緊急対応サービスの充実

パンク(スペア交換)、落輪引き上げ、キー閉じ込み、バッテリー上がり、ガス欠などに関しては30分の時間制限を撤廃しています。その他の作業は、30分程度の制限時間を設けて簡易作業を行います。

(4)車両搬送サービスと帰宅費用サービスを拡大

車両搬送サービスは10万円、帰宅費用サービスは2万円に拡大します。

(5)携帯電話GPS機能による位置確認サービスの提供

位置確認サービスの提供によって、ロードサービスを利用する際、見知らぬ場所からでも事故・故障現場を正確に特定できます。

屋内の衛星が測位されていない場所から利用する場合、最寄りの基地局情報となることもあります。

サービスの詳しい内容や利用方法については、ホームページから確認できます。

保険料はどのような支払い方法がありますか?

三井ダイレクト自動車保険には、さまざまな支払い方法があります。保険料を一括して支払う『年払い』と、毎月支払う『月払い』の2種類から選べます。

『年払い』は一度に大きな金額を支払う必要があるため、負担が大きくなるケースも。そんなときには『月払い』を利用すれば、負担が軽くなります。

また、クレジットカード払い、銀行振込(PayPay銀行)、コンビニエンスストア・オンライン方式払(セブンイレブン)、コンビニエンスストア・郵送方式払いから支払う方法を選べます。

月払で保険料を支払う場合は、クレジットカード払いのみになるため注意してください。

引っ越しの場合住所の変更はどこに連絡したらよいですか?

引っ越しによる住所変更、電話番号の変更などがあるときには、契約内容の変更が必要となります。三井ダイレクト損保のホームページから『Myホームページログイン』に入り、変更手続きを行うようにしてください。

変更手続きを行わないで事故にあった場合、保険金が支払われないケースもありますので、くれぐれも注意ください。

まとめ

三井ダイレクト損保の自動車保険に関するサービス・補償内容・メリットなどを詳しく紹介してきました。三井ダイレクト損保の自動車保険が、契約者にとって便利で有益な自動車保険であることが理解いただけたでしょうか。

三井ダイレクト損保の自動車保険に加入するメリットは本当にさまざまあります。ダイレクト型を導入しているため、他者が販売している自動車保険と比較して保険料が安いという大きな魅力があります。

そのうえ、契約者にはお得なサービスがいろいろと提供されています。

『17か国語の多言語事故対応サービス』や『24時間365日事故対応』、『インターネット契約割引』『eサービス割引』『ASV割引』といったお得な割引サービスが充実しています。

このような企業努力が実を結んで、価格.COMが選んだ『自動車保険 満足度ランキング(2022年)』において、三井ダイレクト損害保険は総合満足度で第3位を獲得しました。

保険料満足度と補償内容満足度でも第4位です。契約している利用者から高い評価を得ていることの何よりの証明ではないでしょうか。

三井ダイレクト損保の自動車保険は契約する価値のある自動車保険といえます。本記事をご覧いただき少しでも関心を持っていただいた方は、まずは三井ダイレクト損保のホームページにアクセスしてください。

この機会を逃さずに、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。

※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

三井ダイレクト自動車保

目次