MENU

おすすめの「1日自動車保険」ランキング5選!メリットやデメリット・注意点も徹底解説!

自動車免許を保有している方は、自家用車を持っていないものの遊びに行く際に友人や知人の車を運転したり、帰省した際に家族の車を借りたりする場面も多いでしょう。

人の車を1日だけ運転する場合、保険に入らないという方が多いですが、保険に入らず人の車を運転すると事故やトラブルが起こった際のリスクが高いといえます。

安心・安全に車を運転するためにも、1日自動車保険へ加入がおすすめです。

ここでは、1日だけ他人の車を運転する場合に1日自動車保険に加入するメリットやデメリット、おすすめの1日自動車保険をランキング形式で紹介します。

目次

1日自動車保険とは?

普段はほとんど運転しないため、1日自動車保険への加入を検討していても、加入条件や補償内容が分からず加入をためらう方も多いでしょう。

そこで、1日自動車保険とはどのようなものなのか、加入条件や主な補償内容を紹介します。

1日自動車保険に加入できる条件は?

1日自動車保険は、1日のみ加入する自動車保険を指します。友達や家族の車を借りて出かける場合や、遊びに行った時に運転を変わる可能性がある場合には、1日自動車保険に加入すると安心です。

家族の車を利用することが多い方は、一般的な自動車保険に加入する時に運転する可能性がある家族を「運転者限定」に入れます。

しかし、ほとんど運転しない場合には1日自動車保険を利用する方法が有効だといえるでしょう。

1日自動車保険に加入できるのは、友人や知人、親といった他人の車を運転する方です。加入できる条件は他人の車を運転する方のみであり、自分の車や夫や妻の車、法人契約をしている車は加入できません。

自分の車は1日自動車保険の加入対象外であり、一般的な自動車保険を利用する必要があります。

こんな場合には1日自動車保険に加入できない

1日だけ運転する車としてはレンタカーが挙げられますが、レンタカーは保証制度が設けられており1日自動車保険は加入できません。

さらに、夫や妻が所有者となっている車も、1日自動車保険に加入できないため注意しましょう。

他人名義であれば良いというわけではなく、名義を変えておらず実際には自分が所有している状態でも、1日自動車保険の加入の対象外です。

他人の車を運転していて事故を起こした際に保証を受けられないと、莫大な費用がかかるだけではなく賠償金を全額支払わなければならなりません。

名義は他人になっていても事実上自分が所有しているといえるような車の場合には、一般的な自動車保険に加入しましょう。

1日自動車保険の主な賠償保険の種類とその補償内容

1日自動車保険の賠償保険や補償の種類としては、対人賠償責任保険、対物超過修理費特約などがあります。主な賠償保険の種類や補償内容、その他の特約は以下の通りです。

  • 対人賠償責任保険:車を運転していて他人に怪我をさせた際の補償
  • 対物賠償責任保険:車や他人の物を壊した際の補償
  • 対物超過修理費特約:車をぶつけた際に相手の車の修理費が時価額を超えた際の補償
  • 搭乗者傷害特約:借りた車に乗っている際の怪我や事故の補償
  • 自損事故傷害特約:単独事故で怪我をした際の補償
  • 臨時被保険者特約:借りた車を複数のドライバーが交代で運転する際の補償
  • ロードアシスト:借りた車のトラブルや故障の応急対応補償
  • 事故現場アシスト:「事故が起こってから24時間」など、保険会社ごとに異なるサポート

保険の種類や補償内容は、保険商品ごとに違いがあります。自分が重視したい保険や補償があるかどうかを確認することが大切です。

「1日自動車保険」と「ドライバー保険」の違いとは?

ドライバー保険は、車を運転するものの車を持っていない人が加入する保険です。保証のメインとなる人が、借りている車で事故を起こした場合に保証されます。

また、ドライバー保険は契約期間は基本的に1年間であり、1日自動車保険は1日あたりの契約です。

なお、ドライバー保険は等級や年齢によって保険料が変動することが特徴です。他人名義の車を運転するケースが多い方は、1日保険ではなくドライバーを保険に加入した方が良いでしょう。

1日自動車保険ドライバー保険
補償期間1日単位基本的には1年間
車両補償契約プランに寄っては付帯可能付帯できない
等級制度なしあり

1日自動車保険のメリット

1日だけ車を運転するだけであれば、保険には加入しなくても良いのではと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、安全・安心して車の運転をするためにも、加入しておいたほうが良いといえるでしょう。

そこで、1日自動車保険を利用することにはどのようなメリットがあるのか、主なメリットを6つ紹介します。

安い料金で自動車保険に加入できる

1日自動車保険は、安い料金で加入できることがメリットです。保険料は保険会社ごとに異なりますが、安いものは数百円で加入できます。

1日数百円支払うだけで人の車を安心して運転できることは、非常に大きいメリットだといえるでしょう。ただし、車両保険をつけると1,000円~2,000円ほどの料金になることが一般的です。

加入手続き・申し込みが簡単(インターネット・コンビニ)

1日自動車保険の加入手続きや申込は、インターネットやコンビニで行えるため、指定の店舗や窓口へ足を運ぶ必要はありません。

インターネットとコンビニそれぞれの手続き・申込方法を簡単に見ていきましょう。

インターネットで手続き・申し込みする手順

  1. 1日自動車保険の加入ページにアクセスして申し込みボタンから空メールを送信
  2. メールに記載されているURLをクリック
  3. 氏名、生年月日、運転免許証番号のほか、好きなパスワードを決めて入力
  4. 1日自動車保険の加入ページにアクセスして、免許証番号とパスワードを入力
  5. 運転する車の登録番号もしくは車両番号を入力
  6. 「申し込み確定」ボタンをクリックして決済手続きをする

保険料は、翌月の携帯電話使用料に上乗せ、もしくはクレジットカードで支払います。

スマートフォンのキャリアごとに支払い方法は異なりますが、いずれの場合もインターネットで申し込みをする手順はほとんど同じです。

コンビニで手続き・申し込みする手順

自宅や車を借りる場所の近くにあるコンビニからも、1日自動車保険の申し込みを行えます。

  1. 店頭端末で「各種サービス画面」から「1日自動車保険」を選ぶ
  2. 画面に表示される必要事項を入力したら、申込券を発券する
  3. 申込券が発券したら、30分以内にレジで支払う

発券後、30分以内に決済をしなければならないため注意しましょう。

任意で車両保険がつけられる

1日自動車保険は、車両補償なしと車両補償ありの2つのプランから選べるため、プランによっては車両保険を付けられることが特徴です。

1日自動車保険で車両保証を付けると、車両復旧費用補償特約が付きます。

親や友人、知人が持っている車を借りて運転している際に、ガードレールや電柱に衝突して車が壊れた場合に、復旧費用保険金をもらえるため修理費用を補填できます。そのため、万が一の時の費用負担を軽減できるでしょう。

1日自動車保険では、車両保険料が300万円までが一般的であり、損害額-自己負担額で計算され、支払われます。

自己負担額はプランごとに異なりますが、10万円、15万円などを選ぶケースが多いでしょう。

2回目以降の利用で保険料が割引になることも

保険会社ごとに違いはありますが、保険に加入する回数が多いと割引が適用されることがあります。例えば、1回目の加入は500円で、2回目に加入した場合は20円割引になるといったことがあるのです。

さらに、運転者が数人おり、交代しながら運転する場合でも割引されることがあります。

例えば、1人目が500円、2人目が20円引きになるなどです。たまに他人の車を運転する機会がある方は、毎回同じ保険を利用するとお得でしょう。

ロードサービスも充実

ロードサービスは、事故が起こった場合だけではなく、車そのものにトラブルが起こった場合でも対応してくれることがメリットです。

車に起こるトラブルにはバッテリー上がりやパンク修理など様々のものがあるため、幅広くトラブルをカバーできるものを選びましょう。

等級制度がないため保険料が一律

1日自動車保険は、通常の自動車保険に設けられている等級制度がありません。

運転者が誰であっても保険料は変動しないため、ほとんど車を運転しない方だけではなく、これまで事故を起こしたことがある方でも加入しやすいでしょう。

1日自動車保険の注意点・デメリット

1日自動車保険は、他人名義の車を安全かつ安心して運転するために加入すべき保険です。しかし、1日自動車保険だからこそのデメリットもあります。そこで、主なデメリットを3つ確認しておきましょう。

運転する度に保険加入の手続きが必要

1日自動車保険は運転するときに、都度申し込みをしなければなりません。

申し込み手続きはスマートフォン、パソコン、コンビニから行えるため、ほとんど手間はかかりませんが、運転の頻度が高いと面倒だと感じるケースもあるでしょう。

なお、利用料金はスマートフォンの月額料金に上乗せされる、もしくはクレジットカードで支払うことが一般的です。

人身傷害保険がつけられない

1日自動車保険は、人身傷害保険を付けられないことがデメリットです。人身事故保険は、事故を起こし、自分が死傷した場合に保証されるものです。

また、自分が車の中にいなかったとしても、交通事故で死傷したら保証が適用されます。例えば、横断歩道で車にはねられて死亡した場合に保証を受けられるなどです。

1日自動車保険の場合は人身傷害保険が付けられないため、自分が車を運転しているとき以外で事故にあった場合に、保証が受けられないことがデメリットです。

しかし、自損事故特約や搭乗者損害保険があり、車に乗っている際に事故が起こった場合は保証を受けられます。車に乗っている際にの保証はあるため、大きなデメリットにはならないでしょう。

申し込み・支払い方法のオプションが少ない

1日自動車保険は、支払い方法が限定されていることが特徴です。

基本的にはスマートフォンから利用する保険商品であり、スマートフォンを所有していない方や格安SIMを利用している場合は申し込めないことがあります。

しかし、保険会社によってはスマートフォン以外の方法でも支払いが可能です。

ガラケーや格安SIMを使用している方は、自分に合った申し込みや支払い方法がある保険会社を選べば、デメリットを解消できるでしょう。

停車・駐車中の事故・盗難は補償の対象外

1日自動車保険に車両補償が適用されるのは、他人の車を運転している時の事故のみです。停車中や駐車中に事故を起こしたり、車上荒らしで盗難被害に遭ったりした場合は補償されないため注意しましょう。

【人気】おすすめの1日自動車保険ランキング5選

1日自動車保険を取り扱っている保険会社はいくつかあり、プランも多様なため、どれを利用すれば良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、特に利用者が多く人気がある1日自動車保険を5つ紹介します。プラン名・保険料・補償内容・車両補償の有無をチェックして、自分に合う保険に加入しましょう。

1位:東京海上日動「ちょいのり保険」

ちょいのり保険は、車両補償がないプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランから選択できます。

車両補償を付けたい場合にはスタンダードプラン、プレミアムプランのどちらかを選ぶ必要があるでしょう。なお、プレミアムプランには弁護士費用補償が付いています。

また、対人対物賠償については無制限に設定されており、示談交渉オプションも付いていることが特徴です。

申し込みはスマートフォン、パソコンのほかコンビニでも行えるため、ガラケー、格安SIMの方でも申し込みやすいでしょう。

実際に利用した方からの評価としては、「コールセンターの対応力が高く、トラブルが起こった際にどのような手順で進めれば良いのかを丁寧に説明してもらえる」という高評価を得ています。

初めて1日自動車保険を利用する方や、気軽に申し込みたい方はチェックしたい保険です。

2位:三井住友海上「1DAY保険」

1DAY保険は、エコノミープラン、スタンダードプラン、プレミアムプランから選ぶことが可能であり、プレミアムプランだけ車両保証がついています。

また、対人対物賠償は限度額がなく、宿泊・帰宅費用の補償や値段交渉オプションがついていることが特徴です。

ロードサービスは30万円が限度額ですが、十分だといえるでしょう。ただし、格安SIMやパソコンからは利用できず、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア申し込み・決済のみ対応しています。

3位:損保ジャパン「乗るピタ!」

乗るピタ!は12時間単位で保証期間が選択できるため、1日ではなく数時間だけ乗車するという場合にも最適です。

また、ライトプラン、基本プラン、安心プランの3種類から選択でき、車両保証があるかないかのほか、免責金額を自分で選択できることが特徴です。

対人対物賠償は無制限、臨時被保険者や値段交渉オプションなどの特約も利用できます。

実際に利用した方からは示談交渉サービスが高評価を得ており、トラブルが起こった際にすぐに解決できるかどうかを重視する方に適しているでしょう。

なお、スマートフォン、パソコンから申し込みや支払いができますが、コンビニでは申し込みできないため注意が必要です。

4位:ドコモ「1日自動車保険」

ドコモの1日自動車保険は「ワンタイム保険」とも呼ばれており、ドコモを利用している方限定で加入できます。

1日自動車保険はシンプルプラン、レギュラープラン、プレミアムプランから選択することが可能で、レギュラープラン、プレミアムプランのみ自動車車両保証がついています。

示談交渉オプションや対人対物賠償は無制限で、プレミアムプランは弁護士費用特約も付いていることが魅力です。

また、実際に利用した方からの評価としては、質問にスピーディーに回答してもらえることや、事故対応力が優れていることなどが高評価を得ています。

ドコモを利用している方限定であり、他のキャリアや格安SIMを利用している方は申し込めないことはデメリットだといえるでしょう。

5位:あいおいニッセイ同和「ワンデーサポーター」

ワンデーサポーターは、エコノミープラン、ベーシックプラン、ワイドプランから選ぶことが可能で、ワイドプランのみ車両補償がついています。2回目の加入や、2人目以降は割引が適用されることが魅力です。

対人対物賠償は無制限で、ロードサービス30万円が限度額であり、示談交渉や宿泊、帰宅費用の補償も受けられます。

パソコンやコンビニで申し込めないことはデメリットですが、スマートフォンでは申し込めるため不便だと感じることは少ないでしょう。また、実際に利用した方からは事故対応力が高評価を得ています。

1日自動車保険の選び方

1日自動車保険はいくつかの種類があり、どのポイントを押さえて選べば良いか分からない方も多いでしょう。

そこで、1日自動車保険を選ぶ際にチェックしたい比較ポイントを紹介します。

保険料から選ぶ

1日自動車保険はおよそ400~2,000円ほどと、保険料に幅があります。保険会社ごとに料金には違いがあり、同じ会社でもプランごとに保険料は異なるためです。

例えば、車の修理費用を交渉をしてもらえる車両保険が付いているかどうか、車両保険の限度額、免責額、特約、ロードサービスの充実度のほか、1日自動車保険を何回利用しているのかによって割引金額も異なることから保険料が変動します。

大手保険会社では基本的に3プランから選ぶことが可能であり、数百円で加入することが可能なプランは車両補償がついておらず、1,000円~2,500円ほどのプランでは車両所がついているケースが多いです。

また、何回保険を利用したかによって割引率が異なり、同じ保険会社を何回か利用すると保険料が安くなります。

そのため、保険料を節約したい場合には同じ保険会社で、同じプランを選択するという方法がおすすめです。

補償内容・範囲から選ぶ

1日自動車保険に加入する際には、対人対物賠償が無制限かどうかをチェックしましょう。

対人対物補償は、事故を起こして相手に怪我をしたり物を破損したりした際の損害賠償を補填するものです。賠償金額が数千万円になるケースも珍しくないため、無制限だと安心でしょう。

また、免責金額が決まっていない保険を選ぶことがおすすめです。免責金額は事故が起こった際に自分が負担すべき金額を指します。

例えば、免責金額が15万円だった場合、事故を起こした際の費用が15万円以下だと全額自分で負担する必要があります。

事故やトラブルが起こった際の負担を軽減できるものを選ぶ必要があるため、免責金額が決まっていないかどうかを確認しましょう。

さらに、車両保証がつけられるかどうかも重要です。車両保険は、車が壊れた際の修理費用を保障するものです。他人の車を運転するのであれば、車そのものをも守るための保険に加入しましょう。

車両保証付プランは基本的に即時加入できないため、車を運転する日にちについても確認する必要があります。

なお、車両保険額は300万円を上限にしていることが一般的です。通常の自動車保険は自分で限度額を設定しますが、1日自動車保険は上限が決まっており、限度額を決めるのに悩む必要はありません。

加えて、初動対応時間についても確認しておくことが大切です。初動対応時間は24時間365日になっているかどうかを確認しましょう。

初動対応時間とは、オペレーターが事故の相手と連絡をしたり車を手配したり、修理業者に連絡をしたりするサポートを指します。

事故を報告するだけの「事故受付時間」とは違うので注意しましょう。夜間に事故を起こすこともあるため、時間帯を問わず対応してくれるかどうかが重要です。

他人の車を運転する際には、事故の相手だけではなく車の所有者に対するケアができるかどうか確認しましょう。

自分に合った特約(弁護士費用特約など)があるかどうか

1日自動車保険の特約には様々なものがありますが、どのような特約があるのか、自分に適したものがあるのかを確認しましょう。

例えば、弁護士費用特約が付いていれば、もらい事故が起こった際に弁護士への相談費用を補填できます。もらい事故では保険会社の示談交渉保証サービスが使えません。

そのため、弁護士費用特約がついていると安心でしょう。

弁護士に依頼した場合には数十万円の費用がかかり、相談する回数が多いと数百万円かかることもあるため、自己負担額を可能な限り抑える必要があります。

自動車事故の3分の1はもらい事故といわれており、事故に遭う可能性は高いため、弁護士費用特約が付帯しているかどうかを確認しておくと安心でしょう。

ユーザーの口コミ・評判を参考にする

実際に1日自動車保険を利用した方の、口コミや評判をインターネットで調べてみることも重要です。

ただし、口コミはあくまでも利用者個人の感想であり、嘘を書き込むことも可能なため参考程度にとどめましょう。

ロードサービスの充実具合から選ぶ

故障や事故で車が動かなくなったときに備えて、ロードサービスの限度額を確認しておくことが大切です。ロードサービスの限度額は15万円以上であるかどうかがポイントです。

例えば、車をレッカーした際、15万円の場合はおよそ150km無料で運べるため、修理を行う場所までの移動費用を自分で負担することはほとんどありません。

また、脱輪した際の釣り上げ、鍵の閉じ込めなどの作業費用も補填できるでしょう。

また、スペアタイヤ交換が可能かどうかもチェックします。

スペアタイヤ交換が対象の場合は、応急処置もしてもらえることが多いです。タイヤを積んでいなかったとしてもサポートしてもらえるため、安心でしょう。

加えて、遠出をする場合に宿泊や帰宅費用の保証を受けられるかどうかも確認する必要があります。

宿泊は1万円、帰宅費用は2万円が目安であり、1泊1万円まで保証してもらえるのであれば十分だといえるでしょう。帰宅するために新幹線を利用しても、保障額が2万円であればカバーできます。

メリット・デメリットからみる「1日自動車保険」が向いている人

普段から自分名義の車を運転する場合には、1日自動車保険ではなく通常の自動車保険に加入する必要があります。

また、人身傷害保険が付けられないことや、車に乗っているとき以外のトラブルは補償されないなど、補償範囲が限られることがデメリットです。

しかし、1日自動車保険は加入手続きが簡単であり、スマートフォンやパソコンからも申し込みできるため自宅に居ながら手続きを行えます。

さらに、通常の自動車保険と比較して保険料が安く、気軽に利用できることが特徴です。

利用回数や人数によっては割引が適用されることもあるため、数回利用する可能性がある方や、複数人で運転を変わる場合がいには1日自動車保険を利用した方が良いでしょう。

一般的な自動車保険は1年間契約を継続することになり、1日だけ他人の車を運転するだけでは契約の対象外です。

外出時に運転を変わることがあったり、家族の車を借りたりする場合など、たまに運転するだけという方には1日自動車保険が最適でしょう。

1日自動車保険に関するよくある質問

1日自動車保険を利用するうえで疑問を抱きやすいポイントや、重要な内容を再確認しておきましょう。加入条件や、申し込みの際に必要な書類について紹介します。

名義が自分の車で1日自動車保険に加入できますか?

自分が所有している車は、1日自動車保険が利用できず一般的な自動車保険を利用しなければなりません。

また、配偶者が所有者となっている車は1日自動車保険加入対象外のため注意が必要です。

1日自動車保険に加入する上で必要な書類はありますか?

1日自動車保険に加入する際には、運転免許証番号と運転免許証有効期限の入力が必要なため運転免許証を準備しておく必要があります。

また、自動車の登録番号も控えておきましょう。自動車の登録番号は自分の車であれば覚えていられても、他人の車の番号は覚えていない方も多いです。

スムーズに保険の申し込みをするためにも、必要な書類や情報を準備しておきましょう。

まとめ

1日自動車保険によっては、2回目の利用や2人目以降が割引になるものがあります。

また、1日自動車保険は最大7日分を申し込めることが一般的であり、7日以上利用したい場合には再度申し込みをしなければなりません。再度申し込みする際には2回目の利用となるため、割引きが適用されることもあります。

自動車保険の保険会社によっては、無事故だった場合に一般的な自動車保険加入するときに保険料が安くなるケースも多いです。

1日自動車保険を活用するためには、保険料や特約、割引についてもチェックして、自分の利用方法や重視したいポイントに適したものに申し込みましょう。

<参考>
東京海上日動「ちょいのり保険」
三井住友海上「1DAY保険」
損保ジャパン「乗るピタ!」

目次