住宅ローンの注意点

住宅購入を検討中の方、ぜひ気を付けて頂きたいことがあります。
実際に、銀行の窓口でどんなことが起きているか知っていますか?
まさか!?
と思うかもしれませんが実はこれがよくある相談光景です。

☆「収入が減ったので今まで通り返済ができない。住宅ローンを何とかして欲しい。」☆
最近の景気を反映しこうしたご相談が後を絶ちません。
こうした相談に対しては金融円滑化法の下、銀行はリスケジュール(返済スケジュール等の見直し)のご相談を承ることになります。

その方法は、
⇒借入期間を延ばす(毎月の返済額は減るが総支払利息が増え追加の保証料が必要)
⇒返済額を一時的に減らす(一定期間経過後返済額が従前より増える)
上記いずれかとなりますが前者が圧倒的に多いです。