「経済」の記事一覧»マネーの達人

「経済」の記事一覧

「冬ドライブ」に最低限必要なもの5選 低コストでそろえて、常備しておきましょう。

冬ドライブ

冬になると突然の大雪や凍結などに見舞われ、エンジントラブルや立ち往生などで車が動かなくなってしまうこともあります。 災難に見舞われるケースが身近にないと、つい後回しになる冬のドライブの備えですが、命をつなぐためには最低限・・・

【今週の日経平均を考える】持続的な反発は期待できるのか?

先週は、昨年の底入れ反発から大発会での押しの後 反発となり、勢い付くかと思わせるものの、勢い良く反発となり切れず、上げるものの横にスライドするかのような日柄調整的な動きとなる一週間となりました。 先週で、方向感が多少出る・・・

日立が過去最大規模のM&A 7000億円の買収って高いの? 安いの?

日立が過去最大規模のM&A

日立、過去最大のM&Aへ 日立製作所は2018年12月17日、電力関連・重電の世界大手、スイスのABBグループからパワーグリッド事業を約7,000億円で買収するとのリリースを発表しました。 各メディアでは、「日立として過・・・

【USJで採用】AIで決まる価格「ダイナミックプライシング」 価格が流動化する時代を生き抜くために「価値の物差し」を持つ

ダイナミックプライシング(価格変動制) 今年から、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が、「ダイナミックプライシング(価格変動制)」を採用するようです。 ダイナミックプライシングとは、需要と供給の関係で価格を決め、・・・

【原油相場】2019年の見通しは45~65ドル。今年も「トランプ劇場」継続か、今後の発言に注目。

昨年に大幅な下落をみせた原油相場ですが、今年も相場価格の形成において米国、というよりトランプ大統領の存在感が一層強まるものとみられます。 2018年11月21日トランプ大統領は自身のツイッターで 「原油価格の下落は米国と・・・

「アジア最後のフロンティア」ミャンマーの最大都市「ヤンゴン」 最新の経済情勢を調べに、現地へ行ってきました。

2018年の年末、最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーの経済発展を確かめに経済の中心のヤンゴンを訪れました。 長期的に見てミャンマーは新興国投資の対象として注目すべき国の一つです。 本記事では ・ミャンマーの証券取引所・・・

QE(量的緩和)からQT(量的引き締め)へ 世界全体で転換点を迎えて経済はどうなる?

市場関係者の間で挙がっている2019年の合言葉が「QT(Quantitative tightening) = 量的引き締め)」です。 リーマンショック以後の金融市場では「QE(Quantitative easing) =・・・

「エステやネット通販の契約を解除したい…」 クーリング・オフは使える? 制度の注意点、返品手順などについて解説します。

最近は洋服や化粧品、その他さまざまな物が、インターネットの通信販売で手軽に買えるようになりました。 ただ、その場合現物を見ずに買うため、色が思ったのと違っていたり、サイズが合わないなどから、買うのを止めたいと思うことがあ・・・

【正月太りを撃退!】0円でウエストマイナス5cmも夢じゃない 運動を継続するための方法

年末年始、皆さまはいかがお過ごしでしたか。 筆者は典型的な「寝正月」でした。 毎日だらだらと食べて過ごした結果、体重計に表示された数字を見て卒倒しました。 そこで、正月太りを撃退するためのコストについて、今回はぜひ考えて・・・

世界経済に影を落とす「米中貿易摩擦」 これからの株式市場にどんな影響を与えるか

米中貿易摩擦を整理します 昨年は米中貿易摩擦が一気に高まりました。 二つの大国の中で今何が起こっているのか整理してみましょう。 まず7月に米国は中国からの輸入品に対して、知的財産の侵害への制裁措置として追加関税を発動しま・・・

このページの先頭へ