※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

税金「年金」

【確定申告】年の途中で転職・退職した際に確定申告手続きをしなければいけないケースとは? 画像
年金

【確定申告】年の途中で転職・退職した際に確定申告手続きをしなければいけないケースとは?

多くの会社員は確定申告が不要ですが、仕事を転職・退職した方については、申告手続きをしなければならない可能性があります。

+4
遺族年金はどのような遺族が受給できるか?遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給要件の違いに注意 画像
年金

遺族年金はどのような遺族が受給できるか?遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給要件の違いに注意

遺族年金には、国民年金の給付である遺族基礎年金と、厚生年金保険の給付である遺族厚生年金があります。

+5
国民年金保険料の支払いが5年延長で約100万の負担に 現状の月額でシミュレーション 画像
年金

国民年金保険料の支払いが5年延長で約100万の負担に 現状の月額でシミュレーション

日本の公的年金出ある国民年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。。

+5
令和6年度の年金受給額満額は、新規裁定者、既裁定者ともに2.7%上昇 改定率の決定方法について解説 画像
年金

令和6年度の年金受給額満額は、新規裁定者、既裁定者ともに2.7%上昇 改定率の決定方法について解説

現状、年金受給額は、物価変動や賃金変動に合わせて毎年改定する仕組みです。

+8
100歳まで生きたら、60歳から繰上げor75歳まで繰下げで、老齢基礎年金の受給額にいくら差がでるか? 画像
年金

100歳まで生きたら、60歳から繰上げor75歳まで繰下げで、老齢基礎年金の受給額にいくら差がでるか?

国民年金の老齢のための給付である老齢基礎年金は、受給資格期間(保険料納付済期間と保険料免除期間などを合わせた期間)が10年以上ある方が原則65歳から受給できます。

+1
毎年1月頃に送られてくる「公的年金等の源泉徴収票」 確定申告の他に役に立つ3つの場面 画像
年金

毎年1月頃に送られてくる「公的年金等の源泉徴収票」 確定申告の他に役に立つ3つの場面

所定の要件を満たすと、公的年金(国民年金、厚生年金保険など)から支給される年金としては、次のような3種類があります。

+20
60歳から老齢基礎年金を繰上げ受給する場合、65歳から受給する場合、75歳から繰下げ受給する場合の生涯年金額について 画像
年金

60歳から老齢基礎年金を繰上げ受給する場合、65歳から受給する場合、75歳から繰下げ受給する場合の生涯年金額について

国民年金は日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければならない公的年金で、原則40年間国民年金保険料を支払わなければなりません。

+4
給与をもらう年金受給者は「3つの目安額」を超えると確定申告が必要になる 画像
年金

給与をもらう年金受給者は「3つの目安額」を超えると確定申告が必要になる

公的年金から支給される年金のうち、障害年金(障害基礎年金、障害厚生年金など)や、遺族年金(遺族基礎年金、寡婦年金、遺族厚生年金など)は非課税になります。

+16
学生の時に国民年金保険料を払っていない場合に、満額の老齢基礎年金を受給する方法 画像
年金

学生の時に国民年金保険料を払っていない場合に、満額の老齢基礎年金を受給する方法

国民年金は日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければならず、原則40年間国民年金保険料を支払わなければなりません。

+10
自営業の方が将来受給できる年金、会社員の方が将来受給できる年金 公的年金の構造を知って将来に備える 画像
年金

自営業の方が将来受給できる年金、会社員の方が将来受給できる年金 公的年金の構造を知って将来に備える

日本の公的年金制度には、国民年金と厚生年金保険があります。

+9
次期の年金改正は「大改悪」なのか 上手く活用すれば改善になる 画像
年金

次期の年金改正は「大改悪」なのか 上手く活用すれば改善になる

厚生労働省は5年に1度のペースで、公的年金の健康診断にあたる財政検証を実施しています。

+7
働くと年金がカットになるのを心配する方が、実施すべき3つのステップ 画像
年金

働くと年金がカットになるのを心配する方が、実施すべき3つのステップ

60歳以降に公的年金制度から支給される年金としては、次のような3つがあります。

+2
年金の支給開始年齢が70歳に引き上げされる前兆になりそうな法改正 画像
年金

年金の支給開始年齢が70歳に引き上げされる前兆になりそうな法改正

現在の日本に存在している公的年金制度と、それぞれの主な加入者は次のようになるのです。

+109
【年金をもらいながらの働き方】どんな場合に年金が一部減額、または全額支給停止されるのか? 画像
株式投資

【年金をもらいながらの働き方】どんな場合に年金が一部減額、または全額支給停止されるのか?

サラリーマンや公務員などの給与所得者が60歳以降も働く場合は、給与と年金額に応じて年金の全部または一部について老齢厚生年金が支給停止されます。

+25
年金請求前には解決しておきたい「宙に浮いた年金記録」とは?対処法をご紹介 画像
年金

年金請求前には解決しておきたい「宙に浮いた年金記録」とは?対処法をご紹介

年金制度においては今後も法改正が予想されていますが、今後も改正されないもしくは改正があったために取り残されているものの一つとして、持ち主不明の年金記録があります。

+12
国民年金の加入期間が5年延長すると、保険料よりも「消費税の負担」が増える その理由を解説 画像
年金

国民年金の加入期間が5年延長すると、保険料よりも「消費税の負担」が増える その理由を解説

現在の日本は国民皆年金をとっているため、20歳から60歳になるまでは誰もが、国民年金に加入する必要があります。

+11
【もらえるならどっち】より嬉しいのは還付金?給付金? 画像
年金

【もらえるならどっち】より嬉しいのは還付金?給付金?

還付金と給付金はお金を受け取れる点では同じですが、受給条件など異なる部分もあります。

+4
国民年金保険料2年前納制度は毎月払うよりもどれくらいお得になる?納付と控除の方法、途中で厚生年金に入った場合は 画像
年金

国民年金保険料2年前納制度は毎月払うよりもどれくらいお得になる?納付と控除の方法、途中で厚生年金に入った場合は

国民年金保険料の2年前納制度は、平成29年から始まった制度で他の前納と比べてかなりお得になっています。また、転職をして厚生年金に加入した場合は還付されます。有利な国民年金保険料の前納制度についてご紹介します。

+5
老齢基礎年金はどのくらい受給できるか?保険料を納付した期間ごとに算出 画像
年金

老齢基礎年金はどのくらい受給できるか?保険料を納付した期間ごとに算出

国民年金は、日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけない公的年金です。

+3
ねんきん定期便の見込み額が空欄となっている「加給年金」「振替加算」などはどんな年金で、どんな場合支給され、いくらもらえるのか? 画像
年金

ねんきん定期便の見込み額が空欄となっている「加給年金」「振替加算」などはどんな年金で、どんな場合支給され、いくらもらえるのか?

「加給年金」や「振替加算」などの年金は余り馴染みがありませんが、もしこれらの支給条件を満たしている場合は、将来受け取れる老齢厚生年金や老齢基礎年金などにプラスして給付されるので、その見込み額は是非知っておきたいところです。

+17
20歳になって国民年金の被保険者になった知らせが届いたけど、学生なので保険料を払わなくてもよい? 画像
年金

20歳になって国民年金の被保険者になった知らせが届いたけど、学生なので保険料を払わなくてもよい?

日本の公的年金である国民年金は、日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけません。

+2
将来の廃止がうわさされる国民年金の「第3号被保険者」とは 画像
年金

将来の廃止がうわさされる国民年金の「第3号被保険者」とは

最近では、「扶養制度」の見直しについてのいろいろな議論が加速しています。 社会保険の加入適用者の拡大により、パートやアルバイトなどの短時間労働者への社会保険への加入対象者も増えていく方向です。 また、「年収106万円の壁

+14
20歳未満や60歳以上の厚生年金加入者は、その期間も老齢基礎年金の年金額に反映されるのか? 画像
年金

20歳未満や60歳以上の厚生年金加入者は、その期間も老齢基礎年金の年金額に反映されるのか?

日本の公的年金である国民年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけません。 国民年金は、被保険者の種類によって第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類に分かれます。 その中

+0
老齢厚生年金保険を受給している夫が亡くなった場合、妻は遺族厚生年金をどのくらい受給できるか? 画像
年金

老齢厚生年金保険を受給している夫が亡くなった場合、妻は遺族厚生年金をどのくらい受給できるか?

老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金(厚生年金保険)は、受給要件を満たした場合に原則65歳から受給できます。 夫の老齢年金を老後の主な収入源として生活している夫婦は、数多くいらっしゃいます。 この老齢基礎年金と老齢厚生

+16
130万円の壁はなくなる?「2年間だけの時限措置」経過後はどうなるのか 社労士が解説 画像
働き方

130万円の壁はなくなる?「2年間だけの時限措置」経過後はどうなるのか 社労士が解説

パートで働く方なら毎年気にしている「130万円の壁」。 この「130万円の壁」を越えないように、年末に仕事を調整している方がいかに多いことでしょうか。 しかし、2023年10月よりこの「130万円の壁」がなくなり、2年間

+24
老齢基礎年金を繰り下げ受給「する人」と「しない人」との年金額の差 画像
年金

老齢基礎年金を繰り下げ受給「する人」と「しない人」との年金額の差

日本の公的年金には国民年金と厚生年金保険があり、その中の老齢のための給付として老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金(厚生年金保険)があります。 老齢基礎年金や老齢厚生年金は、基本的に受給要件を満たした方が65歳から受給

+21
家族が亡くなったとき「年金請求時」に確認する重要項目 画像
年金

家族が亡くなったとき「年金請求時」に確認する重要項目

家族が亡くなった場合、多くの手続きが生じます。 年金分野に限定しても確認すべき論点は複数あります。 どのような可能性があり どのような確認をし どこで手続きをすべきか をおさえておくことがいざその時が訪れても慌てずに済む

+26
年金を「繰り上げ受給」するメリットとデメリット 画像
年金

年金を「繰り上げ受給」するメリットとデメリット

日本の公的年金の中には、国民年金と厚生年金保険があります。 国民年金と厚生年金保険の老齢のための給付として老齢基礎年金と老齢厚生年金があり、それぞれ受給要件を満たせば65歳から受給できます。 しかし、生活費などの問題によ

+9
年金の「繰り上げ制度」において認識しておくべきこと 画像
年金

年金の「繰り上げ制度」において認識しておくべきこと

繰り上げの減額率が旧来の0.5%から0.4%となる(生年月日による区分があり)など制度としても改正が進められている繰り上げです。 他方、繰り上げの決断をすべき前には認識しておくべき部分が多数あり、今回は繰り上げ制度におい

+8
「学生納付特例制度」を利用後、追納した人としてない人との年金額の差 画像
年金

「学生納付特例制度」を利用後、追納した人としてない人との年金額の差

国民年金は、日本に住民票のある20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。 もちろん20歳以上であれば、収入のない学生であっても例外なく国民年金に加入する必要があります。 国民年金に加入している自営業者や

+12
年金は手続きをしないともらえない!老後の安心を得るための基礎知識 収入減でも学生でも使える制度と手軽な申請方法 画像
年金

年金は手続きをしないともらえない!老後の安心を得るための基礎知識 収入減でも学生でも使える制度と手軽な申請方法

年金は老後の暮らしを支える重要な収入源となりますが、自動的に振り込まれることはありません。 保険料の支払いが難しいときにも、負担を減らす制度はありますが、ご自身で手続きを行う必要があります。 面倒でも、自分で行動を起こさ

+12
【あなたはどうする?】年金の「繰り下げ」制度において着目すべき点とは 画像
年金

【あなたはどうする?】年金の「繰り下げ」制度において着目すべき点とは

75歳まで年金を繰り下げることで84%も年金が増える制度に変わっています。 ただし、単に増えることばかりに着目するのは本質的ではなく、もちろんメリットを享受するには一定の制度的な理解が必須です。 今回は繰り下げにおいて抜

+12
健康保険証の廃止後にやるべきことは、年金手帳の廃止後と同じである 画像
年金

健康保険証の廃止後にやるべきことは、年金手帳の廃止後と同じである

2022年4月以降は新規発行されないため、事実上の廃止になった年金手帳。 年金手帳の2つの役割 役割1:基礎年金番号の確認 例えば企業が社会保険の加入要件を満たす従業員を採用した場合、厚生年金保険の加入手続きを行います。

+32
老後の不安と年金受給者の手間は、マイナンバーカードが軽減してくれる 画像
年金

老後の不安と年金受給者の手間は、マイナンバーカードが軽減してくれる

マイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の利用拡大、消費の活性化などを目的にしたマイナポイント事業の第2弾では、申込みによって次のような金額のマイナポイントを受け取れます。 ・ 2023年2月末までに申請してマイナン

+40
老齢基礎年金を満額受給できない場合、年金額を増やす「国民年金の任意加入制度」について 画像
年金

老齢基礎年金を満額受給できない場合、年金額を増やす「国民年金の任意加入制度」について

日本の公的年金の中には、日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての方が加入しなければならない国民年金があります。 国民年金の老齢のための給付に、老齢基礎年金があります。 老齢基礎年金は、保険料納付済期間と保険料免除期

+11
損をしたくない方は知っておきたい、年金と年金生活者支援給付金の違い 画像
年金

損をしたくない方は知っておきたい、年金と年金生活者支援給付金の違い

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は、加入する意思の有無にかかわらず、国民年金に加入しなければなりません。 国民年金の年金としては、一定の障害状態になった時に支給される障害基礎年金、死亡した時に支給される遺族基

+22
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 32