※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

税金「相続・贈与」

相続財産は分け方で納税額が変わる、相続税対策の注意点について解説  画像
相続・贈与

相続財産は分け方で納税額が変わる、相続税対策の注意点について解説 

相続税・贈与税関係で 2024年1月から変更があります。相続税の生前贈与(生前加算年数が3年以内から7年以内に延長)や相続時精算課税制度の改正です。相続税対策を考える時の注意点について解説します。 

+7
3月15日までにやらないと大変なことに!住宅取得等資金贈与の「落とし穴」について 画像
相続・贈与

3月15日までにやらないと大変なことに!住宅取得等資金贈与の「落とし穴」について

会計事務所では、「恐怖の3月15日」と呼ばれています。

+1
愛するペットに財産を遺す方法 自分の死後、悲しい目に遭わせないためにする3つのこと。 画像
相続・贈与

愛するペットに財産を遺す方法 自分の死後、悲しい目に遭わせないためにする3つのこと。

ペットは法律上は「モノ」という扱い

+7
生前贈与はやるべき?事前に知っておきたい5つのポイント 画像
相続・贈与

生前贈与はやるべき?事前に知っておきたい5つのポイント

節税などを理由に、生前贈与をするか迷っている方もいるかもしれませんが、何となく贈与するのは少々もったいないです。

+18
【600万円控除】相続税対策として養子縁組をするメリットと注意点 画像
相続・贈与

【600万円控除】相続税対策として養子縁組をするメリットと注意点

相続税の計算をする場合、最初に「相続財産の合計額が基礎控除額を超えるか」判断することになります。 基礎控除額は相続人の数によって変化し、養子も相続人に含まれることから、養子縁組をすることで相続税を節税する方法も存在します

+2
【リアル相続】相続の実務経験者は見た 誰が葬儀代金を負担するとお得か 画像
相続・贈与

【リアル相続】相続の実務経験者は見た 誰が葬儀代金を負担するとお得か

筆者は、かつて会計事務所に勤務して数多くの相続申税告のお手伝いをしてきました。 おかげで、リアル相続がどんなものか知ることができました。 親が亡くなられた場合、子が成人していれば、一般に長男が喪主を務められます。 喪主が

+8
孫への贈与は、遺産に加算されず直前の相続対策として有効か? 画像
相続・贈与

孫への贈与は、遺産に加算されず直前の相続対策として有効か?

今年中(令和5年12月31日)に贈与をし、3年超生きれば、相続税の節税ができます。 もっとも、贈与先が相続人でない孫への贈与であれば、贈与後3年以内の相続が発生しても、相続税法上、3年以内の持ち戻しはありません。 私事で

+7
【超円安】この時期は「外貨建て保険」を検討する余地は本当にないのか 画像
相続・贈与

【超円安】この時期は「外貨建て保険」を検討する余地は本当にないのか

「外貨建て保険はやってはいけない」などの記事が散見されるようになってきました。 今回は一時払ドル建終身保険を念頭に、本当はどうなのか解説します。 外貨建て保険をやってはいけないと言われている主な理由 外貨建て保険をやって

+9
【遺産分割と相続税】親からの住宅資金贈与と、公平に分配する難しさについて 画像
相続・贈与

【遺産分割と相続税】親からの住宅資金贈与と、公平に分配する難しさについて

親や祖父母など直系尊属から、自己の居住の用に供する住宅用家屋を取得する資金の贈与を受ける場合、一定の条件を満たせば500万円(省エネ・耐震・バリアフリー住宅1,000万円)まで贈与税が非課税になり、しかもこの特例を使用し

+9
【贈与税対策】節税目的なら現金以外の財産の贈与するのも選択肢 株式と不動産の贈与税評価額の計算方法は 画像
相続・贈与

【贈与税対策】節税目的なら現金以外の財産の贈与するのも選択肢 株式と不動産の贈与税評価額の計算方法は

贈与税は財産をもらった人に対して課される税金ですが、贈与税の節税を第一に考える場合には、現金ではなく株式や不動産を贈与することも選択肢です。 今回は贈与財産の種類を変えるだけで贈与税を節税できる理由と、株式と不動産の贈与

+6
「連年贈与」に該当するとまとめて贈与税の対象に 贈与日を分散し、契約書を毎年作成しよう 画像
相続・贈与

「連年贈与」に該当するとまとめて贈与税の対象に 贈与日を分散し、契約書を毎年作成しよう

贈与税には毎年利用できる110万円の非課税控除額がありますので、年間の贈与金額が110万円以下であれば、基本的に贈与税を支払うことにはなりません。 しかし、毎年贈与を受けることが事前に決まっているときは「連年贈与」に該当

+0
【2024年から】マンション節税が見直し 評価方法の変更による相続税への影響は 画像
住宅

【2024年から】マンション節税が見直し 評価方法の変更による相続税への影響は

国税庁は、相続税・贈与税で用いるマンションの評価方法の見直しを検討しており、2024年(令和6年)1月1日以後の相続や贈与から、新しい評価方法が適用される見込みです。 新しいマンションの評価方法は、今まで効果的とされてい

+3
農地は負の財産? 空き家の実家を相続した長男と、農地を相続した長女の10年後 画像
相続・贈与

農地は負の財産? 空き家の実家を相続した長男と、農地を相続した長女の10年後

佐藤守(仮名)さんは、10年前に父と続けて母を亡くしました。 先に亡くなった父の遺産は両親の住んでいた、居住用不動産と農地のみでした。 相続人である、守さん(弟)と幸子さん(姉)の二人とも結婚し、いずれも県外に居住してい

+15
遺産を換価分割する前に知っておきたい、税金に関する3つの注意点 負担が大きくならないために確認しよう 画像
相続・贈与

遺産を換価分割する前に知っておきたい、税金に関する3つの注意点 負担が大きくならないために確認しよう

相続が発生した場合、相続人同士で話し合って遺産を分けることになります。 換価分割は不動産などの相続財産を売却し、売却代金を分配する方法で、換価分割は取得割合を均等にしたいときなどに有効な手段です。 一方で、相続財産を売却

+8
え?相続で空き家が私のモノに。 「空き家の管理代行サービス」利用で危険回避、大きな損害も防ぐ 画像
相続・贈与

え?相続で空き家が私のモノに。 「空き家の管理代行サービス」利用で危険回避、大きな損害も防ぐ

近年、空き家問題が起こっています。 現在住んでいる家がある場合、他の家を相続しても住めないので借り手がないと空き家として放置されます。 長期間空き家になると、放置された庭木が隣の家の迷惑にかけることや全く関係のない人が、

+1
【相続放棄後の管理(保存)義務】だれがいつまで負うのか?法改正により明確化されたポイントと残る不明点を解説 画像
相続・贈与

【相続放棄後の管理(保存)義務】だれがいつまで負うのか?法改正により明確化されたポイントと残る不明点を解説

被相続人(故人)に資産よりも多くの負債等があった場合は「相続放棄」をすればすべて大丈夫だと思い込んでいる人がいます。 実際にはそう簡単でない場合もあります。 今回は相続放棄後の管理(保存)義務について解説します。 注)令

+0
相続が発生してから数か月後に税務署から「相続税についてのお尋ね」が届いたときの対処法を解説 画像
相続・贈与

相続が発生してから数か月後に税務署から「相続税についてのお尋ね」が届いたときの対処法を解説

相続が発生してから数か月経過した後、税務署から「相続税についてのお尋ね」の文書が送られてくることがあります。 税務署から突然書類が届くと驚いてしまいますが、少しでも知識を有していれば不安を和らげることができます。 本記事

+13
空き家を相続したらどうする?積極的に活用したいのは「空き家バンク」補助金などの制度例もご紹介 画像
相続・贈与

空き家を相続したらどうする?積極的に活用したいのは「空き家バンク」補助金などの制度例もご紹介

核家族化が進んでいる現在、親が住んでいた家を相続し、空き家にしてしまうことが起こりやすくなっていると言えます。 そのまま空き家を放置していると、瓦などが落ちて通行人や隣の家に被害が及んだ場合、所有者に損害賠償が請求されま

+7
遺産を分ける方法は3種類。財産の種類や相続人の数に応じて使い分けよう 画像
相続・贈与

遺産を分ける方法は3種類。財産の種類や相続人の数に応じて使い分けよう

遺産は相続人間で話し合って取り分を決めることになりますが、相続財産を単純に振り分けるだけが遺産分割の方法ではありません。 本記事では、遺産分割の3つの方法とそれぞれの特徴、そして遺産分割時の注意点について解説します。 1

+2
これでスッキリ「改正相続時精算課税制度」 誤解やルール、悩ましい問題を解説 画像
相続・贈与

これでスッキリ「改正相続時精算課税制度」 誤解やルール、悩ましい問題を解説

いままでの相続時精算課税制度を利用して贈与をした場合、生前の贈与分した財産は全て持ち戻して相続税を精算することになっていました。 そのため相続税の節税にはならないとされていました。 令和6年1月1日からの相続時精算課税制

+8
遺産に「実家」がある場合、誰が相続するのが得策か? 画像
相続・贈与

遺産に「実家」がある場合、誰が相続するのが得策か?

相続が発生した際、誰が・どの財産を・いくら取得するかについて、相続人間で話し合うことになります。 相続財産が現金・預金だけであれば、法定相続分などでキレイに分けることが可能です。 一方で、実家については誰が相続するかで悩

+17
家族信託とは? 仕組み・メリット・デメリット・注意点を解説 利用を検討する「きっかけ」代表的なケース3つ 画像
相続・贈与

家族信託とは? 仕組み・メリット・デメリット・注意点を解説 利用を検討する「きっかけ」代表的なケース3つ

家族信託は、自分が認知症になったとき、介護が必要になったときに備え、元気なうちに財産の管理や処分を家族に託しておく制度です。 本記事では、家族信託の仕組み、家族信託をすることで得られるメリット、家族信託の注意点ついて、は

+18
「相続登記の義務化」スタート もし手続きが進められない状態なら、どうしたら良い? 画像
相続・贈与

「相続登記の義務化」スタート もし手続きが進められない状態なら、どうしたら良い?

令和6年(2024年)4月1日から「相続登記の義務化」がスタートします。 この制度で気になるのは、 10万円以下の過料が科せられる可能性があることと、 この制度がスタートする前に発生した相続についても、義務化の対象となる

+16
過度な相続税対策は裏目に出ることもあるので要注意 その3つの理由を解説 画像
相続・贈与

過度な相続税対策は裏目に出ることもあるので要注意 その3つの理由を解説

相続税の納税額を抑えることができれば、その分だけ財産を多く引き継ぐことができます。 しかし、相続税対策は状況に応じて適度に実施するのが望ましく、過度に対策を講じてしまうと、相続税の支払いが多くなってしまう可能性すらありま

+14
満期から20年2か月経った「定期性郵便貯金」は権利消滅 ケース別の払い戻し方法を詳しく解説 画像
相続・贈与

満期から20年2か月経った「定期性郵便貯金」は権利消滅 ケース別の払い戻し方法を詳しく解説

筆者の父は転勤が多く、祖母に「どこでも使える郵貯にしておきな」と言われたそうです。 確かに、全国津々浦々にゆうちょ銀行TMはあります。 そんな郵便貯金ですが、放置しておくと消滅するという話がありましたので、紹介しましょう

+12
「相続財産を取得しない」のと「相続放棄」は意味が違うので要注意 画像
相続・贈与

「相続財産を取得しない」のと「相続放棄」は意味が違うので要注意

相続が発生した場合、遺産の分け方について話し合いますが、相続人の中には遺産を相続しない人もいるかもしれません。 相続財産を取得しないことを「相続放棄」と表現することもありますが、一般的に使われる「相続放棄」の意味と、法的

+8
姉と弟の相続はもめやすい ~群ようこさんの「老いとお金」を読んで~ 画像
相続・贈与

姉と弟の相続はもめやすい ~群ようこさんの「老いとお金」を読んで~

主人公(作者と思われる)が、高額納税者として新聞に掲載されてしまったことが、事件の発端です。 今は、廃止されていますが、昔(2005年まで)は、あったこの制度おかげで、主人公(Mさんとします)が名実ともに売れっ子作家にな

+19
相続登記の登録免許税が免除されるケースと、免除を受けるための手続要件を紹介 画像
相続・贈与

相続登記の登録免許税が免除されるケースと、免除を受けるための手続要件を紹介

相続により不動産を取得し、登記名義を変更する場合、登録免許税を支払わなければなりません。 しかし、一定の要件を満たす相続登記については、登録免許税の支払いが免除されるケースがありますので、今回は相続登記の登録免許税の免税

+5
相続税の申告手続き、他の税金とは違う「3つのポイント」 画像
相続・贈与

相続税の申告手続き、他の税金とは違う「3つのポイント」

個人が申告する税金には所得税や贈与税などありますが、相続税はそれらの税金とは手続き方法が少し違います。 実際に申告手続きをすることになってから慌てないためにも、相続税の申告特有のポイントを3つご紹介します。 ポイント1:

+11
固定資産税が6倍になることも 「空き家」に対する課税が強化の可能性 画像
相続・贈与

固定資産税が6倍になることも 「空き家」に対する課税が強化の可能性

国は空き家対策の一つとして、空き家対策特別措置法を改正し、管理不全空き家に該当した不動産に対する固定資産税を6倍にする可能性が出てきました。 今回は固定資産税のしくみと、固定資産税が6倍になるケース、そして固定資産税を抑

+16
令和6年4月1日から不動産の相続登記が義務化!罰則規定もあるので要注意 画像
住宅

令和6年4月1日から不動産の相続登記が義務化!罰則規定もあるので要注意

令和6年4月1日から、不動産の相続登記が義務化されます。 義務化された以後は、一定期間内に登記手続きを行わなければならず、違反した場合の罰則規定もありますのでご注意ください。 不動産の相続登記が義務化される経緯 相続が発

+480
父を亡くし感じた「エンディングノート」の有効性 お金の専門家でも苦労した葬儀後の現実 画像
介護

父を亡くし感じた「エンディングノート」の有効性 お金の専門家でも苦労した葬儀後の現実

先日、父が亡くなりました。 78歳でした。 人生100年時代と言われる時代。 まだ早いその時だったと思います。 人間最後まで会話ができるとは限らないことを痛感 生前、大きな病気どころか風邪をひいた姿すら見た記憶のない丈夫

+11
子供がいない方は必読 配偶者のどちらかが亡くなられてから気付く問題について 画像
相続・贈与

子供がいない方は必読 配偶者のどちらかが亡くなられてから気付く問題について

相続の仕事を長年していて分かったことがあります。 税金以外で相続の相談にいらっしゃるのは、子供のいない夫婦からの相談が意外に多かったことです。 そしてその相談は、配偶者のどちらかが亡くなられて、問題に気づいてからの駆け込

+10
増税措置?相続税の贈与加算が3年から7年に延長したことによる影響を解説 画像
相続・贈与

増税措置?相続税の贈与加算が3年から7年に延長したことによる影響を解説

令和5年度税制改正により、相続税の贈与加算の対象期間が3年から7年に延長することが決定しました。 今回は税制改正のポイントと、贈与加算の対象期間が延びたことによる相続税への影響について解説します。 相続税の贈与加算の概要

+15
11人に1人は申告!?相続税の申告件数は年々増加 その要因と対象となる際の注意点 画像
相続・贈与

11人に1人は申告!?相続税の申告件数は年々増加 その要因と対象となる際の注意点

あまり大きな話題になってはいませんが、相続税の申告書の提出件数は年々増加しています。 申告が必要な方が手続きをしていなかった場合、税務署から連絡・指摘される可能性があります。 今回は相続税の年間の申告件数と、申告件数が増

+9
【令和5年4/27開始】不要な土地を国に渡せる「相続土地国庫帰属制度」とは 画像
相続・贈与

【令和5年4/27開始】不要な土地を国に渡せる「相続土地国庫帰属制度」とは

相続が発生した場合、相続人は原則として亡くなった人の財産をすべて引き継がなければなりません。 しかし令和5年4月27日からスタートする「相続土地国庫帰属制度」を活用すれば、相続した土地の権利を放棄することが可能となります

+16
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 25