わたしの個人的な考えですが、生命保険に悪いものはない。
ただ、ライフステージの変化で合わなくなります。
必要な保障を必要なだけにすれば保険料は必然的に
安くなります。なぜなら今が高いだけですから

今回は生保セールスレディーのなりふりかまわない
反撃、反論始まりです。

この保険ではダメです。

前回http://ameblo.jp/fp-fairtrade-japan/entry-11309672470.html
を参考にしてください。

私がだしたプランは以下のものでした。

収入保障保険月額20万円、
医療保険1日5000円 120日タイプ
がん保険 診断給付金300万円
所得保障保険 月10万円 免責14日 2年

生保セールスレディーのプランはと言えば・・・・
わたしのプランに保険料を合わせてきただけでした。
それをプランと言っていいかどうか。

なにを削ってきたかと言えば『収入保障保険』
定期保険も削ってきました。
医療保険は1日1万円成人病特約付です

反論は、こうです。
『死亡保障が多すぎます。
今では収入保障保険は使われなくなっています。
長生きの時代です。医療保障の方が大事ですし、
がん保険も多すぎます。』

お客様の方から傷病手当金で給料の2/3が最長1年半保障されること
などを言われると・・・

『1年半では治らない病気だってあります。
そんなとき5千円では足らないです。
こっちの保険の方がいいです。』

健康保険から月に2万円以上は払い戻されるのを
確認していないようです。

最後には『解約は勘弁してください』

お客様は困っていました。
わたしと言っていることが全く反対でどっちが本当か
わからなくなってきたからです。

つづく

次回は最後 結局わたしとは契約しなかったです。