なぜ貯蓄をするのか

前回までで生命保険は大幅に削ることができたと思います。
生きることに全力を尽くす時代に、もしもに備えるのに
過剰なお金は、老後の備えの妨げになります。

今日からは貯蓄から投資へを書いていきます。

貯蓄といってもお金自体に価値はないです。
お金というのは交換するときにのみ価値が生まれます。
わらしべ長者のようになるのが理想ですね。

投資というとすぐに株式を連想される方がいます。
それは投資のほんの一部です。
まずは投資という概念の説明をします。

今のお金の価値以上のものに取り替えることを投資。
生活に必要な食料、光熱費などに変えることを消費。
そして・・・不必要なものに取り替えることを浪費といいます。

浪費を抑え、賢く消費し、いかにして多くのお金を
投資に回すのか。
その時になぜ貯蓄が必要なのか。

実は、お金はしがみつこうとすると去っていきます。
次回はわたしの失敗談を交えてお伝えします。

ではお楽しみに