快適・安心を強く求めると・・・

家計とは稼いだ収入に対しての配分です
なにに配分するかが問題ですね

1、生活するための消費
2、価値あるものへの投資
3、お金をゴミに換える浪費

これを人で分けると
1、収入・・・旦那様が働く
2、支出・・・奥様が働く
3、投資・・・お金が働く

保険から貯蓄へ 貯蓄から投資への最初のテーマ
いかに保険を最適にして貯蓄を生み出すか。

サラリーマン家族でお子様が2人だと遺族年金が月に15万円程度
もらえることは前回を参照にしてください。

もしものときに、遺族年金のほかに月にあといくら必要か
それは奥様の家計配分力で決まります。

価値あるものへの投資ができる奥様と
浪費が多い奥様では必然的に保険金も後者が多くなります。

生命保険は家計配分力と比例しています。
保険料が月に2万円ですむか、4万円払うか

これからに収縮時代の暮らしの未来が決まるといったら
言いすぎでしょうか?