遺族年金だけで暮らせるか

もしものときに『月にいくらで暮らせるか』

この家計的な考え方が生命保険料を普通にする第一歩でしたね

そのベースになるのが遺族年金の存在です。

『始めて聞きました』・・とかなりの割合で言われます。

保険セールスは知らないわけがないですよね。
知らせると保険料が安くなるからでしょうか?

年金には国民年金と厚生年金があります。
国民年金は全員が加入していますのでここがベースです。

もらえる人・・・・『子』のいる妻か『子』
いつまで・・・お子様が18歳になった3月まで 高校卒業まで
いくらか・・・お子様1人の家族 月に約85000円 2人 約10万円

サラリーマンの方には厚生年金もあります。
月に3万円から5万円程度が目安です。収入によって違います。

お子様2人のファミリーでしたら月に約15万円は確保されています。
年金には生命保険機能も傷害保険機能、そして貯蓄機能と
インフレ対応型で高性能です。

加入しない方が・・・というのはおかしいですね

しかしお子様の進学費用を考えると月15万円ではつらいですね。
しかも年金は偶数月の15日に2か月分が入金されます。

さてあといくらもしもの生活費で必要でしょうか。

ここからは奥様の考え方1つです。

次回は奥様の価値観で保険料が決まるです。