【防災】火災保険の点検を! 保険証書を開いて確認

  今年は自然災害で各地大きな被害が多かったですね。広島県東部地区でも、7月の大雨と雷の被害報告を至る所でちらほらとお聞きしましたが…皆様のお宅や職場は、大丈夫でしたか?

  さて、昨年、FP-RECO®東日本大震災チャリティーセミナーを開催して1年が経とうとしています。火災保険の必要性をヒシヒシと感じる場面が多かった1年間でした。

  火災保険、皆様ちゃんと内容を理解されてますか?

  長期契約の方は、家財補償や、地震保険などは付加されてますか?

  基本的に建物だけの契約になっているものがほとんどですので、この時期にちゃんと保険証書を開いて確認しておきたいものですね。

  合わせて、この夏に多かった【水害】についてです。水害は、ただ床上浸水被害だけでなく、大雨が原因の土砂災害も対象になります。建物の近辺が山や斜面というところが多いのが、福山・尾道・三原の尾三地区に多いと思います。そういう立地条件に対して、ある程度の被害想定をしておくことは必要だと思います。

  ただ、なんでもかんでも保険料を付加していると、保険料も高額になってきますので…

  そこらは、各自『リスクマップ』を作成して、何が不安で、どのような備えが必要なのか、確認しておくことも備えと対策に繋がるのではないでしょうか?

この記事を書いた人

岡本 真紀 岡本 真紀()»筆者の記事一覧 (103)

尾道在住ママさんFP スマイル・マネーライフ

【保有資格】
・2級ファイナンシャル・プランニング技能士
 資産設計提案業務
・NPO法人日本FP協会認定会員 AFP
・(財)住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
・JAAFジュニアコーチ
・日本体育協会陸上競技指導員

【趣味・特技】陸上競技(長距離)・ウォーキング・洋裁・編み物

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう