保険で貯蓄より投資のほうがいいのか

  生命保険を見直した後、そこで浮いたお金をどうするのか?

  例えば貯蓄をする人もいれば、運用をする人もいます。住宅ローンの一部繰上げ返済をするひともいればなにもしない人もいます。今回は終身保険と投資どっちがいいのか?

  もう1つ終身保険ではなく投資をするほうがいいという方も多くいます。検証するために数字を使って出してみたい。

A保険会社の終身保険と定期保険の比較

  終身保険は40歳男性、保険金300万円、払込期間80歳 保険料 5985円

  定期保険は40歳男性 保険金300万円 保険期間・払込期間80歳 保険料3162円

  ◎終身保険の解約返戻金

  60歳 1,209,030円 70歳 1,892,700円 80歳 2,648,910円

  ◎定期保険と終身保険の差額月3000円を運用に回したら(税別)

  60歳

    運用     保険の解約返戻金との差額
1% 797,347円    ▲411,683円
3% 987,368円     ▲221,662円
5% 1,238,238円   9,208円

70歳
1% 1,259,933円    ▲140,119円
3% 1,752,581円    ▲140,119円
5% 2,507,179円    +614,479円

◎6000円をすべて運用したら(税別)

60歳
1% 1,594,695円    +385,,665円
3% 1,974,736円    +765,706円
5% 2,476,477円    +1,267,447円

70歳
1% 2,519,867円    +627,167円
3% 3,505,162円    +1,612,462円
5% 5,014,358円    +3,121,658円

結論

  運用ができない方には終身保険がいいように見えるだろう。今の金利の状況が20年間続くなら終身保険でいい。ただし、あくまでも今の金利情勢であってお金の価値は低下していく20年前に220円で買っていたタバコは今いくらか考えるとわかりやすいだろう。