「ご主人の生命保険、最低でも5千万円くらいはかけておいた方がいいですよ」小さい子供が二人、しかもご主人が単身赴任中なので子育てに専念しているEさんは、そう保険会社に言われたといいます。Eさんは保障の厚さに惹かれつつも保険料の高さに契約は見送りました。

  そもそも、生命保険の金額はどう決めればいいのでしょうか?

  まずは万が一の時、その後をどう生活するかを考えてみましょう。冒頭のEさんを例にするならば(世帯主である)ご主人が亡くなった場合、Eさんがどの程度働けるかにかかってきます。幸いEさんは自分の両親が健在で、近所に住んでいます。もしもの時は両親の協力の元すぐにでも仕事を探すつもりです。更に子供が高校を卒業するまでは遺族基礎年金が受給できますし、Eさんが働けば生活費は何とかなりそうです。

  となると必要なのは葬儀代、生活が落ち着くまでの生活費、子供の教育費になると考えられます。

  葬儀代と生活費は一般的には各100~200万と言われています。子供の教育費についは公立を望むか私立を望むか。また大学進学を考えるかどうかで大分額が違ってきますので、まず子供の将来を考えてみましょう。

  よく「子供の学費は1人1千万」と言いますが、実は高校まで全て公立なら約550万で済むのです※1

  このように、まずはもしもの時を想像して何が足りないかイメージしてみましょう。生き方の多様化している今、『みんな○○万円の保険ですよ』なんていう平均はあてになりません。特に少しでも保険料を減らしたい方は、ご自分のライフプランを考えて妥当な保険金額を算出しましょう。

※1(平成20年文部科学省「子どもの学費調査」より)