ご存知の方は多いと思われますが、来年から消費税の増税が予定されています。現行5%から8%、最終的には10%になるとされています。このような一方的な増税に、どう生活等に備えるべきか?

1) 無駄な出費を抑える

  1つは、無駄な出費を抑えることです。節約ではないが、無駄な出費、意外と多いものです。「バーゲン品」「限定品」「安売り」という言葉を目にしてつい買ってしまっていないでしょうか?そのような言葉は頻繁に使われており、実際は、通常価格より高い可能性があるため注意したほうがいいでしょう。

  無駄を抑えることで、出費はかなり抑えられます。

2) 家計簿をつける

  そこを踏まえて。2つめは、家計簿をつけることです。家計簿と言う言葉を聞いただけで、ためらう方、みかけます。< OO産 たまご OOO円 >と細かく書かなくていいのです。解りやすく < たまご OOO円 >これを書くだけで購入したものが解りやすくなります。大まかに記載するならば< 食費 OOO円 >でも把握できるでしょう。

  できれば、最寄のスーパー等の各商品価格がわかるノートを作ることをお勧めいたします。家計簿は、記入タイプ以外にレシートを貼り付けるタイプがありますが、レシートタイプはお勧めいたしません。

 理由1 レシートの大きさがまばら

  お店によって、縦長、横長と大きさが違います。文字の大きさが違うからです。

 理由2 インクが消えやすい

  月日がたつと、インクが消えてきます。そのため、何を買ったか解らなくなります。

  以上の点を踏まえて、記入式を勧めます。

  また、購入したものを紙に書いて、冷蔵庫の横に、貼って置きましょう。何が入っているか、ひとめで解ります。なくなったら、消せばいいのです。消費増税の対策は、無駄を抑える難しいと思われますが、実践してみてください。