年金の改正が早いものだと、今年の10月から実施されます。今後改正が予定されるが主なものは

(1) 年金額を本来の水準に引き下げ(2013年10月から3回で)

(2) 年金受給に必要な加入期間の短縮(2015年10月~)

(3) パートなどへの厚生年金適用拡大(2016年10月~)

(3月18日 読売新聞より)

  まず、シニア世代に非常に関係のあるものは(1)の引き下げですね。これは本来デフレで物価が下落に伴って、年金額も下げなきゃいけないはずなのに(これを物価スライド方式と呼びます)、政治的な判断で、これまで見送っていたものを、今年の10月から引き下げようというものです。

  参議院選挙(今年7月)の3カ月後の10月から3回に分けて引き下げます。これも政治的な臭いがぷんぷん・・・・閑話休題(むだばなしはさておき)。

  (2)は現在25年間、300カ月入らないと年金はもらえません。今まで支払った保険料も返してもらえません。加入期間を25年から10年に短縮することにより、『無年金問題』の解消のため実施する予定です。問題としては、新聞でも指摘してありましたが、10年で納付をやめ、低年金になる人が増えることも考えられます。

  無年金問題対策として、すでに改正(ただし3年間のみ適用)された、おトクな情報もひとつご紹介しておきます。先に書きましたとおり、現在は25年、300カ月納めないと、年金はもらえません。これまでは2年間しか後納できなかったのですが、再来年の9月までの3年間のみ10年まで延長されることになりました。期間に足りない方はぜひ後納されることをお薦めします。

 (3)はパートの加入条件を現在の「週30時間以上」から「週20時間以上」に短縮する予定です。年金はリタイア後の生活の大きな柱です。今後も法改正の動きを注視することが必要です。