定年後の生活に不安を抱えている方は多いと思います。若い世代でも老後の生活への不安があります。この不安の正体は何でしょうか?一言で言ってしまえば、『情報に踊らされている』と筆者は考えます。

  例えば、『夫婦二人でゆとりのある生活をするためには1億円必要』という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。この数字は、60歳定年・夫婦それぞれ平均年齢まで・月額生活費30万円(夫没後は25万円)として試算した場合の金額です。

  いきなり『老後1億円必要』と言われたら不安になりますよね?

  そもそもこの30万円という数字は、ゆとりのある生活をおくる場合の金額です。生活費で30万円というと、かなりゆとりのある生活だと感じます。

  例えば生活費を23万(夫没後は18万円)で計算するだけで、必要金額は8000万程度に減額するのです。このように毎月の生活費をいくらに設定するかによって『老後資金』かなり変わってきますが、実は老後の生活費の平均なんて設定のしようがないのです。

  お分かりのように老後の生活費というのはライフスタイル次第でかなり変わります。持家か賃貸か、ローンを返済し終わっているか否か、子供は独立しているか否か・・・これからの世代はライフスタイルにモデルケースがありません。安易に『老後資金は○○円』という言葉を信じてはいけないのです。

  もし老後が不安なら、まわりの情報より何よりまず自身の情報を収集しましょう。自分の支出を知り、現状のまま定年を迎えたら生活費がどのくらいかかるのか試算してみましょう。

  自分できるライフプランの無料シミュレーションはネットで簡単に手に入りますし、多くのFP事務所の個別相談は初回無料枠があります。かつてない情報化社会です。溢れる情報に飲みこまれないよう足元の情報をきちっと固めておきましょう。