株式市場が活況を呈しています。日経平均8,200円からいよいよ13,200円を超えてきました。わずか4ヶ月半で5,000円も上昇しています。過去の投資の失敗により評価損を抱えて困っていた方にはこの急上昇はホッとする出来事でもあり、反対に利が乗ってきているというチャンスでもあります。

  そこでお勧めしたいことがあります。この機会に投資のことを学んでみませんか?なぜならここで学ばないときっとまた同じ失敗をすると思うからです。

  かつて私が80万円を財形貯蓄から下ろして株式投資をはじめ、わずか3ヶ月程度でそのお金をすっかりなくしてしまい、さらに50万円を追加で投入しましたが負け続けました。なぜ反省し勉強したにもかかわらず負け続けたのか。それは失敗しているときは失敗する考え方をしているからです。。失敗していたやり方ってなんだったのでしょうか。

  現在、雑誌やブログでみるFPの記事は長期国際分散投資と言われるものです。しかし私自身はやっていないので書いていません。それよりもその理論は通用しないのではないかとも思っています。

  分散投資の利点はリスクの分散です。リスクの分散でできることはなにか。それは資産防衛です。守らないといけない資産がある方には有効だと思います。しかしお金を殖やしたり作ったりしたい方にはリスクは分散されるが利益も分散されてしまいます。資産を作りたい人には集中投資の方が向いています。

  といっても個別株式はやはりリスクが高いの注意が必要です。インデックスの集中投資でも十分です。世界は繋がっていて日本になにかあれば世界に影響します。

  反対にアメリカになにかあれば日本や世界中の株価に影響をもたらしますので株式では分散投資をする意味は減少しています。それでも何に投資するかはスタンスによります。

  あくまでも自分の投資経験から考えていることです。この話が全員に当てはまるとは思っていません。それでも机上の空論より経験で得た実感を伝えたい。

  わたしにしかできないことってなにか。それは私が得た経験、失敗談やうまくいったことを優しい言葉で伝えること。いかに失敗しないか。と考えています。

  月曜日の株式相場もこのまま行けば日経平均13,000円を超えて始まるでしょう。個人的には楽しみです。いつまでもこの相場が続いてくれることを願っています。

  また同時に同じ失敗をする人が1人でも減ることも願っています。それでも歴史は繰り返すでしょう。