さて、今日明日ぐらいに、学校から、たくさんの書類を子ども達が持って帰ってきます。一つ一つに目を通すのも、書類作成に追われるのも、保護者の恒例行事の一つになっていますね(汗)そんな資料の一つに、ちょっと解説を入れたいと思います。この春から、新たにお子さんが自転車通学を始めたところは注目!!です。

 おそらく、お子さんが学校から【自転車通学損害保険】加入の案内を持って帰ってくるでしょう。

自転車通学損害保険には入る必要がないかもしれない

 ちょっと待ってください! 申込書に、記入する前に、確かめてほしいことがあります。

 今すぐに、ご家庭で入られている、自動車保険や火災保険、もしくは都道府県・コープ共済保険がありましたら、その保険証書を手元に持ってきてください。そして、その証書の特約欄に『個人賠償責任保険』があるかどうかを確認してください

 ありましたか?

 この、『個人賠償責任保険』は、自転車乗車中の人や物への損害もカバーしてくれます。一つの契約で

(1)本人
(2)配偶者
(3)同居の親族
(4)仕送りをしている同一生計の子

 をカバーしてくれます。(別生計の親族は対象外です)

 よって、この特約が付いた損害保険をお持ちでしたら…『保険加入証明』というものを保険会社に問い合わせて発行してもらい、それを学校へ提出すれば、新たに保険に加入しなくてもよく、臨時出費を抑えられるということなのです。

 ちょっと手間はかかってしまいますが…(汗)入学準備でかなりの出費の後ですので、せっかくいいものをお持ちなのですから、保険の内容の重複はしなくてもいいと思いますよ!

『個人賠償責任保険』がない場合は

 もちろん、個人賠償責任保険をお持ちでない場合は、学校の自転車保険にご加入下さい。私自身も、高校生の時に自転車で電柱にぶつかって怪我して、自転車保険にお世話になりましたので、加入しておいた方がいいと思います。

 「個人賠償責任保険」は、自分が加害者で相手に対しての賠償補償になりますので、自分自身の事故損失の補償はありません。

 自転車運転中の自分のケガの補償を持ちたい場合は…

・障害保険
・自転車保険
・共済(都道府県、コープ共済などケガ通院補償があるもの)
・自動車保険の人身傷害特約にある”交通常用具事故特約”

 などがあります。

 自動車保険の特約は、保険会社によって取り扱いがあるところとないところがありますので、確認が必要です。自動車保険の特約は、安い掛金で大きな損害補償が持てるので、個人的におススメしております。マイカーを持たれている方は、任意保険更新時に特約をしっかり研究されて、ご家族の環境にあった特約を考慮されるのも、賢い選択かもしれませんね。

 損害保険は奥が深いです。貯蓄で万が一の時をカバーできるのが一番理想ですが、なかなか財布に厳しいこのご時世。リスクに対する備えは、優先順位を考えて、賢く保険加入できればいいですね