徳川家康の事業承継

  江戸幕府初代将軍、徳川家康の将軍在位をご存じですか。関ヶ原の戦いが1600年だから、15年くらい?いやいや、正解はたったの2年です。

  家康の在位期間は、<最後の将軍>徳川慶喜の1年に続く、ブービーで、年若くして亡くなった、7代将軍家継(在位3年間、8歳で死亡)よりも短い。 歴代の将軍には、在位50年の将軍(11代、家斉)もいます。

   将軍就任時(1603年)は、関ヶ原で勝利したとはいえ、豊臣恩顧の大名大勢がいたし、第一大坂には豊富秀頼も健在でした。徳川家で将軍を世襲する。と内外に宣言する意味もあり、わずか2年で息子の秀忠に譲ったということもあるでしょう。

  しかし、この秀忠、関ヶ原の戦いでは、本隊ともいえる精鋭部隊(約4万)を預けられたにもかかわらず、真田昌幸、真田幸村の父子率いる長野の上田城攻めで散々に打ち負かされて、とうとう本戦に間に合わず、家康から大目玉を食らっています。

  さすがの家康も頼りない後継者に、相当憂いがあったでしょう。第2の意味は、秀忠及び若い側近家臣に、経験を積ませ、家康自身は<大御所>として、大所高所から意見を述べ、後継者を育てていこうと考えたのでしょう。

家康の事業承継を現代に応用

  現在に目を移すと、中小企業の経営者の平均年齢は58歳で、6歳近く上昇しています。「まだまだ元気だし、若い者には任せられん!」などと思っていても、社長自身に万が一のことがあった場合、社会の内紛や兄弟の骨肉の争いで、社長が汗と涙にまみれて創った会社も無くなりかねません。

  家康でさえ、約10年を掛けて、『徳川幕府』という、組織を盤石にしたからこそ、265年目立った大戦争もなく、平和な世を迎えられたと言えましょう。

  まずは、家康が『現状を冷静に把握』したように、自社の株式や、事業用資産の所有状況など、会社の事業の現状をしっかり把握することが必要です。ご自分の代で処理できる問題、例えば「借入」などは、可能な限りしっかり処理しておくことが必要です。

  また家康は、3代将軍に秀忠夫妻が可愛がっていた次男ではなく、長男の竹千代を指名しています。

  これも重要なポイントです。後継者候補が複数いる場合には、内紛や分裂を起こさないように、現経営者が現役のうちに後継者を指名することが必要です。加えて家康が<大御所>として、背後からバックアップしたように、社長が会長や相談役として、後継者の経営をバックアップして、後継者に段階的に権限を委譲していく方法も考えられます。

  経営者の悩みは尽きませんが、最後に家康の遺訓をひとつ「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くがごとし いそぐべからず」。いざという時に慌てないように、元気な今のうちに出来ることから、計画的に手をつけていきましょう。