月間の主要指数等の登録を紹介します。

★主要株価指数月間騰落率

  今月の株価指数は25指数です。グラフにしますと騰落の姿が良く解ります。全体的には、日本と新興国の下落・伸び悩みが解ります。7月のトップは、先進国では、イタリアのFTSE MIBで8.15%、次いでフランスのCAC40で6.78% ナスダック総合6.55%が続いています。最低は日本のTOPIXで-0.18%です。

  新興国のトップは、アルゼンチンのメルパル12.82%ついで、ブラシセルボペスパて1.63ぇです。両者ともに年初から振るわず先月は大きなマイナスでした。最低はインドネシア総合指数で-4.32%です。

★主要商品先物価格月間騰落率

  金価格とプラチナ価格は上昇しました。また、原油価格が上昇しています。円安の中でのエネルギー価格の上昇は物価を直撃します。

★主要国債利回り月間騰落率

  国債利回り≒長期金利は、米国を除き各国で低下しました。米国はqe#の終了が懸念される状況でしたが、それが落ち着き4-6月のGDPの伸び率が拡大するなどで景気回復が期待されているためです。日本の金利は日銀黒田総裁発言があるなどから落ち着きを取り戻しています。

このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。