週間の株価と商品の騰落を紹介します。今週から東証リート指数を追加しました。今週のリート指数は1.08%下落しています。

主要株価指数週間騰落率

  指数は39指数で、4地域の指数と、29ヶ国の指数で構成されています。日本は5指数、米国は3指数を捉えています。区分は先進国と新興国です。対比は8月2日の指数を7月26日のもので除しています、単位は%です。

  今週最も上昇したのは、先進国ではスペインベルギーBEL20で4.30%、次いでオーストリアATX3.30%、スペインIBEX35の2.63%でした。日経平均とTOPIXは月末の大きな下落がありましたが、週間では2.0%以上上昇しています。全体的にヨーロッパ市場の上昇が顕著です。NYダウは史上最高値を月初2日間連続して達成しました。新興国はメキシコIPCが2.40%で最も上昇し、次いでアルゼンチンメルパルが1.03%でした。新興国はマイナスを記録する国が多く低調でした。

  世界株価指数、MSCIアジア太平洋は、ヨーロッパ指数は上昇、エマージング指数はマイナスです

  各国の株価指数、プラス・マイナスで14.0%の差が出ています。これに為替の騰落も影響しますので、一つの国に投資するのではなく、複数の国に投資されることをお勧めします。

商品先物価格及び商品指数

  金価格は下落しましたがプラチナは上昇しています。NY原油は米国の景気回復の影響で上昇しています。NY天然ガス価格は-5.85%下がりました。CRB指数、日経商品指数17種は下がりました。

このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。