「My セカンドライフプラン」を作りましょう・・・その1「自分らしい将来の夢・希望」

  厚生労働省の調査によると、2012年の日本人の平均寿命は女性が86.41歳、男性が79.94歳でいずれも2011年を上回りました。いったい、何歳まで寿命が延びるのでしょう。

  そして、私たちが直面するのは、少子高齢社会での定年後20年という大変長い生活です。特に、現役時代と定年後で大きく違うのが時間の使い方、つまり自由な時間が増える事です。この時間の過ごし方を今のうちにしっかり考えておく必要があります。

  リタイア後、豊かな生活を迎えるためには早めの準備が必要ですが、日々仕事や子育てにに追われる私たちは、なかなか定年後について考えられない状況です。

  そこで、このコラムを通じて自分自身の「Myセカンドライフプラン」を作成し、数か月で完成させたいと思います。

  今回は、その1「自分らしい将来の夢・希望」です。

・こんな家に住みたい。

・こんな所へ行きたい。

・こんな車に乗りたい。

・こんな習い事がしたい。

・こんなものを作りたい。

  たくさんの「~たい。」を書きましょう。

  次に、その夢や希望を実現するためにいくら必要か計算してみましょう。

  たとえば・・・

「年に1回の海外旅行がしたい。」
  →夫婦2人で1回 50万円~100万円、10年でも500万円~1000万円

「終の棲家を購入したい。」
  →建て替え又は買い替え2000万円 

  さて、皆さんは定年後自分らしく生きるためにいったいどのくらいの準備=貯蓄が必要でしたか。

  もちろん、実現できるできないではなく、夢は大きく持ちたいものです。

  次回は、定年後の社会保障制度について考えてみましょう。