自宅を所有している世の多くの方々にとって、「人生でいちばん」のお買いものであったと思われる「住宅」ローン。かくいう私自身も数年前に千万単位で購入した「住宅」ローンが、今のところ人生でいちばん高価なお買いものとなっています。

 住宅ローン返済期間中の方であれば、どなたでも一度は「住宅ローンの借り換え」について考えてみたことがあるのではないでしょうか。

 特に、現在のような低金利の時代ではなく、数年~数十年前の今よりすこし金利が高めの時代に借入をした方にとっては、借り換えによるメリットが見込める場合、「生命保険の見直し」などと比較しても、家計に与える効果は計り知れないものがあります。(私自身も、銀行員時代に100件超の住宅ローン、借り換えのお手伝いをしました)

「借り換え」ができない人

 では、どんな方でも「住宅ローンの借り換え」ができるのでしょうか? 借り換えを検討する際の注意点はどこでしょうか?

 当然のことながら、すべての方が無条件で借り換えができるわけではありません。借り換えは、基本的には現在取引している金融機関と異なる金融機関での「新たな借入手続き」が必要になります。そのため、借り換え希望時の自身の状況(収入・勤務先・体況・信用etc)が、住宅ローン借入当初より悪化しているような場合、厳しい判断が出る可能性もあります

*現在取引のある金融機関を変えない場合、担当者と個別に金利交渉が可能な場合もあります(金融機関による)。その際、他金融機関への借り換えをチラつかせながら金利引き下げ交渉をする強者もいらっしゃるようです^^ 上手なやり方だとは思いますが。

「借り換え」を前向きに検討しても良い人

 ご自身の現在の状況が以前より極端に悪化しているわけではなく、かつ、事務手数料等諸費用込みでシミュレーションしてみて、以下に該当する場合は、借り換えを前向きに検討してみてよい方ではないでしょうか。

「現状の月々返済額を軽減できる」
「総返済額を軽減できる」

 また、上記のような分かりやすい返済額軽減メリットが目的ではなく、現在借入中のローンに「金利変動リスク」を感じていらっしゃるような方の全期間固定金利商品などへの借り換えも、リスク回避の観点から、検討に値するものではないでしょうか。(執筆者:金子 亮太郎)

<参考情報:1月実行全期間固定金利フラット35(返済期間15~20年)1.52%>